壊れたハードディスクドライブを処分する前にデータをサルベージ

パソコンやRAID、NAS、サーバ、レコーダーなどに搭載されたハードディスクドライブ(ローカルディスク)が、
老朽化やシステムの破損、ヘッド吸着障害といった障害で壊れてしまった際に廃棄処分を行う前の、
データのサルベージをするにはどうすればいい?という疑問について。

壊れたHDDを処分する前に残ったデータをチェック

まずHDDとは、一応は消耗品である精密機器であり、
物理的に壊れてしまった場合は、基本的にそれ自体の修理は難しくなります。

ですが、システムエラー(論理障害)でコンピューターが立ち上がらなくなっただけの場合は、
再セットアップの作業で直せますので、一度初期化をすることで また使えるようになります。

パソコンの本体だけでなく、外付けのRAIDケース(レイド)やポータブルHDDケース、
またNAS(ネットワークアタッチストレージ)やサーバー、HDDレコーダー、デジタルサイネージといった多くの機器にも、
コンピューターにハードディスクドライブが内蔵されていますので、処分の際にはご注意ください。

しかし、フォーマットをするにしてもそのまま捨てるにしても、内部のファイルやプログラムを失ってしまいます。

ほかにも機材が壊れた時に、HDDの処分をする前に専門事業のデータ復旧サービスセンターにて、
今までの大切なデータを抽出(サルベージ)をしてもらい、他の媒体に移し変えてもらわれることもお薦めします。




別のパソコンでハードディスクドライブを読み込むには?

次に、パソコンを捨てる時には、HDDの取り出しをされずにそのまま廃棄処分に出すのはおすすめできません。

また、中古ショップやネットオークションにて売却する際も同様です。

必要なデータがまだ残っているかどうかの確認と、サルベージの作業を先に行なわれるのが望ましいです。

パソコンに内蔵されているハードディスクを取り外すには、まずPC本体の蓋を開けて、
固定ネジをドライバーで外して固定テープをはがして、SATA/IDEケーブルと電源ケーブルも外します。

そしてドライブベイからスライドして、取り出すことができます。

個人で別のパソコンに繋げて読み込みをする際に、もし古いIDEのHDDの場合、今のPC本体に接続するには、
たとえば玄人志向製のIDE→SATA変換基板 SERIALATA-DATといった、読み取り装置が必要になります。

小型のノートパソコンや一部の外付けハードディスクケース、ポータブルHDDなどの場合は、
一般の個人でのハードディスクの取り出しを前提としていない、やや難しい構造の製品もあります。

その際には廃棄処分をする前に、プロのデータ復旧サービスの方で、壊れたHDDケースの分解と、
内部のデータファイルのサルベージの作業を行ってもらわれることを推奨します。




パーティションに保存されたデータが読み込めなくなったら?

例えば、CやD、E~ドライブといったパーティション(パーテーション)には、
多くのファイルやプログラムが記憶されています。

パーティションは、分割で管理して複数の仮想ハードディスクとして運用するシステムですが、
HDDは物理的には一台であるため、同じハードディスクの中にデータは保存されています。

そのため、HDDが正常に認識できなくなって読み込めなくなると、
C~Eなどの複数のパーティションが、まとめて開けなくなります。

その際にファイルを復旧する場合には、同じハードディスクからデータを引き出すことになります。

HDDのコントローラが問題を起こしていた場合は?

また、物理的にハードディスクドライブが破損する際、本体のケースの内部のプラッタやスピンドルモーターといった、
回路の方が壊れる他、外部の表面に接続されている「コントローラ」が破損しているケースもあります。

こちらは比較的軽度の破損で、WindowsのパソコンからMacやUbuntuのオペレーティングシステムで読み込むと、
ファイルが開ける場合もあります。

たとえば、ドライバーで分解してコントローラを取り外して、
別の同じメーカー製品の同じ形状のコントローラを一時的に交換して読み込みする手法もあります。

ですが、最近の製品には認証番号が設定されていて、
HDDのコントローラを換装してもデータのアクセスができない場合もあります。

また、外付けハードディスクのデータは復旧可能?という疑問については、こちらのページにて。

外付けのHDDは、ケースが壊れてしまってもまだ内部のストレージの方は無事である可能性が高いです。

データ復旧サービスでファイルをサルベージしてもらう

また、HDDを廃棄処分される場合には、データ保存ディスクの破砕消去サービスに注文をして、
安全に分解による処分をしてもらい、そして最後に証明書を受け取ることが一番安全です。

もしハードディスクドライブ自体がパーツとして壊れていても、
内部装置のセクタ(プラッタ)は損傷がなく、書き込みしたデータは無事であることが多いです。

廃棄処分の前に、今まで蓄積していた貴重なファイルやフォルダーを高い割合で、
専門のデータ復旧サービスセンターで、別の補助記憶装置に移し変えてもらうこともできます。