HDドライブの故障やエラーの障害から修復するには?

パソコンやサーバ、外付けHDDケース、RAIDケース、NAS、レコーダーなどの多くのコンピューター製品の中心部であり
記録データの保管部分でもあるハードディスクドライブ(Cドライブ)は、
一度ヘッドクラッシュ障害などで大破してしまうと、そのHDDそのものはほぼ修理が不可能なのですが、
完全に壊れる前の段階でしたら適切な措置を取りある程度の期間、動作を回復できることもあります。

ダイナブックのPCが突然起動の際に真っ黒な画面に左上に、Jと一文字表示した画面のまま動かなくなった、
という場合は、前回の起動時に何かソフトをインストールしていたり設定変更を
行っているかによってまた複雑になってくるのですが、
WindowsのOSの破損か、HDDのエラーが原因である可能性があります。

ダイナブックの電源を入れて起動し、ロゴ画面(BIOS画面)が表示された後でWindowsが出る前に
黒い画面でJの文字だけ出る問題ということで、まずハードディスクドライブは一応変な音も出ずに
正常に回っているかどうか確認されてみてください。

Windows起動ディスクをDVDドライブに挿入して、スタートアップ修復や
システムの復元を使って、OSのシステム損傷を直すのを試してみてください。

それでも無理なようでしたら、Windowsとは別の、Linux(リナックス)というOSディストリビューションの
KNOPPIXやUbuntuのプログラムが入ったCDを入手してDVDドライブに挿入し、
無事にこれが展開できたらHDDのフォルダを開いて、大事なデータを全てUSBメモリなどにコピーします。

その後、Windowsをリカバリー(再セットアップ)して初期化して、出荷時の状態に直せます。

万が一、再インストールまで実行しても故障したままの時は、
ハードディスクの回路や他のパーツに問題がある可能性もありますので、
その時は専門の修理サービスセンターで見て貰われることを推奨します。

PCの状態が悪く、接続もできなくなり、電源も入らなくなった時は、まず、DynabookのPOWER LEDの
ランプが青や緑色に光って点滅していれば電源自体は正常なはずですが、
もしスイッチを入れても何も点灯していない場合は、電源ユニットかマザーボードが移動中の衝撃で
壊れてしまったか、内部のプラグが外れたり、CPUがおかしくなっている可能性があります。

また、バッテリーや電源コード、ACアダプターが故障している可能性も否めません。

電源ボタンを押して一応起動して音が鳴るくらいの状態でしたら、
ハードディスクあたりが壊れていて、新品に取り替えることで直せる場合も多いです。

おそらく上記の通りOSではなく部品に破損が出ている可能性があり、
サポートか専門業者の方で交換作業や内部の掃除をしてもらう必要も出てきます。

またHDDの容量が限界近くまで埋まっていると非常に動作が遅くなり負荷も
かかりやすいので、少なくとも半分は空き領域を残しておくのが安全です。

ヘッド吸着障害などで壊れたハードディスクはほぼ元には戻せないので、
データ復旧サービスセンターにて内部を分解してもらい、別の新しいHDDに
今までのデータやプログラムファイルを回収して移し変えてもらうのが最善です。