HDDが故障する前兆を確認して修復するには?

パソコンやNAS、サーバなどをはじめとするコンピューター装置に使用されている
データ記憶装置「ハードディスクドライブ」(hard disk drive)が、故障してしまう時に
起こりやすい前兆とはどういったもので、またそれを確認してある程度まで直せる部分を
修復しておきたい時には、どういった方法で行っていけばよい?という疑問について。

HDD

まず、ハードディスクが通電して回転している時に、
カタンカタン、コトンコトン、カッコンカッコン…といった異音が聞こえてきたら、
ヘッドクラッシュ(head crash)という深刻な障害が発生している状態です。

こちらは故障の前兆の中でも特に重度の物理障害で、もしくはすでに壊れていて
読み込み自体ができないこともあります。

データを記録している円盤状の磁気ディスクであるパーツ「プラッタ」(Platter)に、
データの読み書きのためのパーツである「ヘッド」が、経年劣化による摩耗や
強い衝撃などの影響で表面に吸着している、製品としての寿命が間近である状態です。

ヘッドクラッシュは一般個人では直すのがほぼ不可能で、またHDDは消耗品でもあるため、
まだ異音が小さい段階の前兆など、ハードディスクが一応パソコンで開けるようでしたら、
すぐに必要なファイルを別の補助記憶媒体にバックアップする必要があります。

ですが、いつ内部の回路が完全に故障して開けなくなってもおかしくはないため、
なるべく安全に必要なファイルのバックアップを行うには、
データリカバリーサービスに注文をして、作業を行ってもらわれることが最も確実です。





また、もしお使いのコンピューターから機械が焦げたような異臭や煙が発生していたら、
落雷や水害、電磁波の影響などによるショートのおそれがあり、
すぐに使用を中断して、マシンの筐体の内部を確認されることをおすすめします。

ハードディスクの故障やその前兆ではなく、マザーボードや電源ユニットなど
別のパーツの破損である可能性もあるのですが、それ以上使い続けると
電源のショートなどでHDDも一緒に壊れてしまうおそれがあり、
発火の危険もあるため、すぐに電源を止めて、マシンを修理に出されることが適切です。

ハードディスク自体には問題がなさそうであれば、機器の本体から取り外しても大丈夫です。

パソコンの配置が、電子レンジや加湿器、冷暖房の近く、日差しや風が当たる窓際など、
機械の弱い場所であると、中身のハードディスクやSSD、ほか各パーツが、
錆び付きやゴミの蓄積などで傷んでくる速度が早まるので、設置する場所にもご注意ください。

ハードディスクには、S.M.A.R.T.(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)
という、状態診断のためのモニタリング機能が搭載されてします。

HDDの製造メーカーから配布されている専用のチェックツールや市販の検査ソフトで、
この、S.M.A.R.T.を読み取って、ドライブ装置の残り寿命の推移や故障の前兆をチェックしたり、
簡単な修復を施すことができます。

モニタリング

エラーが検知された時には、確認後にモニタリングのソフトウェアに搭載された
修復機能を使うか、またはそれがなければ、
Windowsのエクスプローラーの「PC」で対象のHDDのアイコンを右クリックして
プロパティ→ツール→「チェック」を押して、エラーチェックでの修復を実行します。

エラーのスキャン

macOSのパソコンでは、「Macintosh HD」やUSBハードディスクドライブに、
ディスクユーティリティにあります「First Aid」を使用して修復します。

Readエラーなど、ボリュームに発生している問題を修復する他の方法として、
前兆が出てまだ軽い症状の段階の時に、別の新しいハードディスクに
データをコピーして交換するのも、大変有効です。

また、NAS(ネットワークアタッチストレージ)では、エラーランプの点滅やエラー音、
またはモニター画面でのエラーメッセージの表示によって、問題の発生を確認できます。

故障の前兆を確認してからのバックアップがもし間に合わずに
そのままボリュームへのアクセスができなくなった場合は、それ以上通電をすると
さらに破損が悪化するおそれがあるため、専門のデータ復旧サービスに出して、
内部のファイルを取り出ししてもらわれることをおすすめします。



『「故障の診断・検査」のカテゴリーの前後のページ』

«

»