ハードディスクドライブ不調の時の復旧方法は?

パソコンの中枢的なパーツのハードディスクドライブの内部回路が
物理的に破損してしまった状態になると、
並みのエラーや故障よりも深刻な不具合が起こりやすくなります。
起動や読み書きの操作が不能になったハードディスクは、「プラッタ」という記録円盤部分か、
そのディスクのセクタに読み書きをする「ヘッド」や「アーム」の部分が
クラッシュを引き起こしている状態であることが多いです。

一旦作業を中断

まず、「カタカタ…」「コトン、コトン、」「キー…」といった普段と違う変な音が鳴り響き出したら要注意です。
すぐにすべてのアプリケーションを中断して閉じましょう。





次に、まだ何とかOSがまともに起動できる状態ならすぐに外付けハードディスクや
DVD-R、USBメモリなどのデータ記録媒体を接続してデバイスに読み込みます。
そして普段使っているバックアップツールを使うかもしくは手動で、
パソコン内部の大事なデータをバックアップして予備分を保存する形でデータを復旧します。
その作業が終わったらそのまま電源をオフにします。
ひとまずそれ以上はパソコンを起動しないようにしましょう。
(作業の途中でエラーやフリーズ、急なシャットアウトが起きたり電源が落ちてしまい
バックアップが実行できない時は、同じくそのまま電源をオフにして、起動しないようにしましょう。)
インターネットの動画で故障の状況が映し出された映像ではハードディスクドライブの中身が
開けられてモーター部分や破損した内部回路の状態がわかりやすく剥き出しになっています。
ですが、実際にHDDが故障してしまった時は
決して自分で蓋を開けたり分解したりはしないでください。
HDDは精密機器なので、プラッタ(円盤)の回路の中にミリ単位での小さなごみ埃が
入ったり湿気が入っただけでも更にひどい深刻な物理的破損を引き起こすおそれがあります。
データを取り出したい時は、必ず専門のデータ復旧業者の方に発注を行いましょう。
ハードディスクからの異音が鳴りやまない場合まず自然に直ることはなく、
次第に物理障害が進行して最終的には完全にPCでの認識ができなくなってしまいます。
壊れかけてきたハードディスクはPCケースを開けて
マザーボードから取り外し、パソコン本体から抜き取ります。
そして、新品のハードディスクドライブを購入してそちらに付け替えて交換を行ってください。
その後、DVDドライブ装置にOSの起動ディスクを読み込ませて、
WindowsなどのOSをインストールして、初期化させるのと同じような形でPCを再構築してください。
これらの一連の作業を個人で行うのが難しそうな場合は専門のパソコン修理業者に注文をして、
HDDの交換やOSのインストールし直しの作業を代行してもらわれることもお薦めします。
保存されたファイルを何とかして読み出したい時は、データ復旧サービスへの注文を行います。