CHKDSKコマンドでハードディスクのエラーを修復するには?

WindowsのOSの画面がパソコンの起動時にすぐに表示できないエラーが頻繁に発生したり、
セーフモードや回復コンソールの使用でなければ直らないといった場合は、
内蔵ハードディスクドライブの方に何らかのエラーが発生しているおそれがあります。

また、別のコンピューターで特にドライブ装置として使用していたハードディスクを、
USBの外付けで接続して読み込みする場合は、同様にエラーが起こるケースもあります。

その際には、どうすればHDDで発生している問題を修復できる?という疑問について。

まず、Windowsには、「CHKDSKコマンド」という回復機能があります。

ひとまずはCHKDSKコマンドの手順を用いて、チェックと問題の修復を行ってみましょう。

Chkdskを起動するにはまず、スタート⇒[ファイル名を指定して実行]で
chkdsk]と入力してOKを押し、起動します。

すると、Chkdskの黒い画面が展開されますので、自動的に各ファイルシステムをチェックして、
各ファイルの検証や不良セクタの検出、エラーの修復を行ってくれます。

またはコマンドプロンプトで[cmd]と入力し、Enterで起動します。
(他のプログラムなどが開いている時には、Yと入力してEnterを押し、
次回の起動時にボリュームがチェックされます。)




マイコンピュータ画面から行う際には、HDD(Cドライブ)を右クリック⇒プロパティ⇒ツール
⇒エラーチェック⇒チェックする、で表示されるダイアログボックスで、
それぞれの手順を選択して開始します。

注意として、システム上の修理が成功しても老朽化や衝撃が原因で起こる
ヘッドクラッシュなど物理的な損壊は直すことができません。

もうすぐHDDの寿命か、と感じられたときは早めにバックアップをして新品に交換されるのが安全です。