Discord(ディスコード)のデータの復旧はできる?

インスタントメッセージやゲーム、音楽、ビデオ通話や音声通話といったコンテンツを楽しめる、
Discord(ディスコード)のソフトウェア、またはウェブサイトを利用している際に、
誤って必要なデータを消去したりアクセスができなくなった時は、後から復旧することはできる?という疑問について。

Discordの個人データをリクエストするには?

まず、Discordには登録している個人データのコピーをリクエストする機能があります。

使い方は、最初にDiscordにログインしてから、ユーザー設定の「プライバシー・安全」の項目を開きます。

画面の下部にある、「データすべてをリクエスト」の項目で、
アカウントに保存している個人データのコピーを、ここからサービスにリクエストすることができます。

準備ができましたら、登録をされたメールアドレスに、個人データのダウンロード用のURLアドレスが、
受信メールとして届きますのでページを開いて、ファイルをパソコンかモバイル端末に保存してください。

また、こちらの機能は30日ごとに1回での使用が可能です。

もし、こちらのバックアップの分のファイルを削除してしまい、
また同時にログインができなくなったり、すでにアカウントを削除していた場合は、
専用のツールを使うか、専門のサービスにてストレージから復旧をしてもらう必要が出てきます。




Windowsのパソコンにあるフォルダーの保存場所は?

次に、Discordのアプリケーションソフトをパソコンにインストールして使用している場合での、
Windows上のフォルダーとデータファイルの保存場所は?という疑問について。

まず通常では、ウィンドウズのデスクトップからエクスプローラーを開いて、
ローカルディスク(C:)→Users→ユーザー名→AppData→Local→Discord、と移動します。

もし、こちらのディレクトリにある「dll」や「bin」「pak」といった拡張子またはフォルダーごと、
誤って削除した時は、ゴミ箱アイコンを開いて、「元に戻す」で以前の保存場所にデータが移行します。

また、ゴミ箱の容量が埋まって消えたデータは復元できる?という疑問についてはこちらのページにて。

個人用のファイルは、「ドキュメント」といった特殊なフォルダーの方に保存をすると、
「ファイル履歴」といった機能で、データのバックアップを頻繁に取りやすくなります。

連絡先などのファイルを消去した時に復元するには?

また、パソコン上の「Discord」のフォルダーの内部に、フレンドのリストやメールアドレスといった、
連絡先のメモのテキストなどの個人用のデータを保存していた場合は、
ソフトウェアをアンインストールしたり、OSを再インストールした時に、
ディレクトリごとファイルの表示が消えてしまうおそれがあるため、ご注意ください。

その際には市販のデータ復元ソフトでドライブスキャンをして、サルベージする手法があります。

またより確実には、専門業者のデータリカバリーのサービスにSSDやHDDを提出して、
ある程度の確率で、誤って削除したファイルを修復してもらうこともできます。



デジタルデータリカバリー

削除したディスコードのアカウントを復活させるには?

次に、Discordのアカウントを一度削除した後で、後から復活させることはできる?という疑問について。

まず、Discordではアカウントを消去した後でも、14日程度の期間中はまだログが残っています。

手順として、サインインの画面でもう一度メールアドレスとパスワードを入力してください。

そこからメールドレスを再度認証することで、アカウントを開き直すことができます。

「無効にする」の方を選択していた場合は、ログ自体はそのままずっと残っていますので、
後でサインインをして復帰することが可能です。

また、インターネットコミュニティ上のデータ損失のトラブルについては、こちらのページにて。

そして、念のため重要な設定のデータをコピー&ペーストなどでメモ帳などに保存するとより安全です。

2段階認証でのバックアップコードとは?

次に、Discordではサインインのセキュリティ対策に、2段階認証を設定することができます。

こちらは2段階認証を有効にする際に、バックアップコードをあらかじめ作成してダウンロードすることで、
後に何かのトラブルで認証とサインインができなくなった時に、そちらでアクセスすることができます。

バックアップコードは、「discord_backup_codes.txt」というファイル名になります。

ほか、Discordがあなたの情報を保持する期間 の解説も参考までに。

また、チャットのログデータはDiscord Chat Exporterのツールを使ってダウンロードすることができます。

一方で、インターネット上のアカウントのデータは外部のサーバー上に保管されているため、
間違えて消去してしまうと、バックアップの分がなければ元に戻せなくなるためご注意ください。

パソコンやスマートフォンが故障した時のデータの復旧

次に、パソコンやスマートフォン、タブレット端末が故障してしまい、
Discordにサインインするパスワードや、フレンドのアドレス帳といった大事なデータが開けなくなった時は、
SSDやハードディスク、SDカードを取り外して、別のマシンに差し込みして読み取りをする手法が便利です。

または、内部のファイルを残したままPC本体やモバイル端末の修理をしてもらえる、
私設のサポート業者もあります。

一方で、HDDやメモリーカードといったストレージのパーツが破損して開けなくなった時は、
それ以上は読み込みを控えて、物理障害のトラブルに対応された、
プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、内部のファイルを取り出ししてもらうことを推奨します。