故障したHDDのデータ復旧のためのソフトウェアRAIDの構築手順は?

RAID-(読み:レイド)とは複数台のハードディスクドライブを組み合わせて一つの
大きなHDDのように構築する手法で、そのうち1台、2台が物理的に故障して動作不能になっても、
他のHDDが正常であれば内部データを失わなくて済むことが可能です。

直接、壊れたハードディスクドライブそのもののデータ復旧や修理はできずとも
残りの無事な数台には保存プログラムファイルやシステム設定が
共有されていますので、そこから救出することができます。

WindowsのOSでは、ソフトウェアRAIDを作成する機能が付いていますので、
このツールで構成する方法を下記にて記述いたします。

WindowsでのRAID-5作成技法

まずは数台のHDDを用意してデスクトップパソコンなどの電子機器に接続、スタートメニュー
⇒コントロールパネル⇒管理ツール⇒コンピュータの管理⇒ディスクの管理で、
複数のハードディスクの準備を行います。(ディスク0の下に、ディスク1・2・3・・・と表示されます。)

使用するディスク全てをそれぞれ、右クリックで
ダイナミックディスクへアップグレード】を選択して設定します。




次に、未割り当てのものをそれぞれ右クリックし、
ボリュームの作成ウィザード】を開き、[次へ]を押します。

ボリュームの種類の選択ではRAID-5など構築に合わせた項目を選択、「次へ」
⇒、使うディスクを全て左側の欄に選択してから「次へ」⇒最後に内容を確認して、構築完了です。

これでメイン以外のHDDすべてが、EやFドライブとして扱われます。

RAIDは物理的故障に強いですが、ワーム型ウイルスやフォーマットなどシステム上の
トラブルに対する防御は変わらないので、OSシステムや膨大な保管ファイルが丸ごと
破壊されたりした場合は再インストールを行うか、その前にデータ復旧サービスセンターに
見てもらって復元してもらうのが確実です。