故障したHDDのデータ復旧をするソフトウェアRAIDを構築

パソコンなどの機器に「ソフトウェアRAID」を導入すると、HDDのうちの1台、2台が物理的に故障して動作不能になっても、
他のHDDが正常であれば、内部のデータを失わなくて済むことが可能なシステムに変更することができます。

ソフトウェアRAIDでデータを保存する手法とは?

まず、壊れたハードディスクドライブそのもののデータの復旧や修理は、一般の個人では直接できずとも、
残りの無事な数台には、個人用のデータファイルやプログラム、システムの設定が保存されています。

そこから新しいハードディスクやSSDに書き直して再構築(リビルド)する形で、
HDDの一つないし二つが故障した時に、データを救出することができます。

例としまして、WindowsのOSのパソコンでは、システム的な「ソフトウェアRAID」を作成する機能が付いています。

この機能で、ストレージの多重化を構成してデータを守る方法を、記述いたします。




WindowsでRAID5を作成する技法とは?

まずはRAIDに組み込む数台のHDDを用意して、デスクトップパソコンのドライブベイに設置します。

WindowsのPC本体にハードディスクを搭載してから蓋を閉じて、電源ボタンを起動します。

デスクトップの画面が開いたら、スタートメニューのコントロールパネルを開きます。

管理ツール⇒コンピュータの管理⇒「ディスクの管理」と進んで、
複数のハードディスクをソフトウェアRAIDに設定する準備を行います。

(ディスク0の下に、ディスク1・2・3・・・と表示されます。)

使用するディスクすべてをそれぞれ、右クリックで【ダイナミックディスクへアップグレード】を選択して設定します。

ボリュームの作成ウィザードの画面を開く

次に、未割り当てのものをそれぞれ右クリックして、【ボリュームの作成ウィザード】を開いて、「次へ」を押します。

ボリュームの種類の選択では、RAID5など構築に合わせた項目を選択、「次へ」と進みます。

使うディスクをすべて左側の欄に選択してから、「次へ」と進みます。

最後に内容を確認して、ソフトウェアRAIDのシステムによるHDDのディスクアレイの構築は完了です。

これでメイン以外のHDDすべてが、EやFドライブとして扱われます。

以上の手順で、複数台のハードディスクドライブを組み合わせる形で、同じファイルやシステムを多重化します。




ディスクアレイを設定してファイルを書き込む

事前にファイルを別に保存することで、急にHDDのうちの一つが故障した際にデータを復旧できるようにするために、
ソフトウェアRAID(レイド)でディスクアレイを設定してから、ストレージにデータを書き込みます。

また、RAID1(レイドワン)のデータを復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

ほかにも、Windows11や10、8では、記憶域スペース(記憶域プール)という、RAIDの設定を行うこともできます。

外付けのRAIDケースやNASといったハードウェアのRAIDも、一部はパソコン上で、
製品に同梱された専用の管理ソフトウェアを起動して、ディスクアレイの設定などを行う必要があります。

もし、パソコン本体やRAIDケース、NAS自体が、過電圧や落下、衝撃、災害などのトラブルで、
物理的に破損してしまった場合は、機材そのものが開けなくなっても、HDDのデータはまだ無事で、
専門のデータリカバリーサービスに注文をして、故障した装置からのファイルの復旧ができる見込みもあります。




システム上の問題でデータを失うトラブルとは?

またRAIDは、データの冗長化により、ハードディスクの物理的な故障には強く、
どれかのハードディスクやSSDが破損しても、その部分を新品に交換してリビルドの機能でデータの復旧ができます。

ですが、ワーム型ウィルスへの感染による、データやオペレーティングシステムの破損、
また誤ったファイルの削除やフォーマットなど、システム上のトラブルに対しては、通常と変わらない状態です。

パソコンのOSが破損して開けなくなった時は、再インストールを行って修復をされてみてください。

HDDに保存されている膨大なファイルを丸ごと失った場合は、新しいファイルを上書き保存する前に、
データ復旧サービスセンターに故障したPCやRAIDケースを見てもらって、復元してもらわれれることもおすすめします。