故障したHDDのデータ復旧をするソフトウェアRAIDを構築するには?

HDDのうちの1台、2台が物理的に故障して動作不能になっても、
他のHDDが正常であれば、内部のデータを失わなくて済むことが可能なシステムとなります。

ソフトウェアRAIDでデータを保存する手法とは?

まず、壊れたハードディスクドライブそのもののデータ復旧や修理は直接できずとも、
残りの無事な数台には個人用のデータファイルやプログラム、システムの設定が保存されています。

そこから新しいハードディスクやSSDに書き直して再構築(リビルド)する形で、救出することができます。

WindowsのOSのパソコンでは、システム的な「ソフトウェアRAID」を作成する機能が付いていますので、
この機能で構成をする方法を下記にて記述いたします。

WindowsでRAID5を作成する技法とは?

まずは数台のHDDを用意して、デスクトップパソコンのドライブベイに設置します。

電子機器に接続、スタートメニュー⇒コントロールパネル⇒管理ツール⇒コンピュータの管理⇒ディスクの管理で、
複数のハードディスクをソフトウェアRAIDに設定する準備を行います。

(ディスク0の下に、ディスク1・2・3・・・と表示されます。)

使用するディスクすべてをそれぞれ、右クリックで【ダイナミックディスクへアップグレード】を選択して設定します。

ボリュームの作成ウィザードの画面を開く

次に、未割り当てのものをそれぞれ右クリックして【ボリュームの作成ウィザード】を開いて、「次へ」を押します。

ボリュームの種類の選択ではRAID5など構築に合わせた項目を選択、「次へ」と進みます。

使うディスクをすべて左側の欄に選択してから「次へ」と進みます。

最後に内容を確認して、ディスクアレイの構築は完了です。

これでメイン以外のHDDすべてが、EやFドライブとして扱われます。

ディスクアレイを設定してファイルを書き込む

以上の手順で、複数台のハードディスクドライブを組み合わせる形で、同じファイルやシステムを多重化して
事前に保存することで、急にHDDのうちの一つが故障した際に、データを復旧できるようにするために、
ソフトウェアRAID(レイド)でディスクアレイを設定してから、ストレージのにデータを書き込みます。

RAID1(レイドワン)のデータを復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

また、Windows10や8では、記憶域プールという、RAIDの設定を行うこともできます。

外付けのRAIDケースやNASといったハードウェアのRAIDも、一部はパソコン上で、
製品に同梱された専用の管理ソフトウェアを起動して、ディスクアレイの設定などを行う必要があります。

システム上の問題でデータを失うトラブルとは?

RAIDは冗長化により、ハードディスクの物理的な故障に強いですが、
ワーム型ウィルスへの感染によるデータやオペレーティングシステムの破損、
また誤ったファイルの削除やフォーマットなど、システム上のトラブルに対しては、通常と変わらない状態です。

パソコンのOSが破損して開けなくなった時は、再インストールを行って修復をされてみてください。

HDDに保存されている膨大なファイルを丸ごと失った場合は、新しいファイルを上書き保存する前に、
データ復旧サービスセンターにRAIDを見てもらって、復元してもらわれれることもおすすめします。