iMacのパソコンのデータファイルを救出するには?

Appleの「iMac」のパソコンを使っているうちに、Finderといったウィンドウの操作で、
間違えて必要なファイルやフォルダーを削除した時に、後から復元をしたり、
PCの本体が故障してハードディスクやSSDが開けなくなった場合に、
失ったデータを救出するには、どのようにすればいい?という疑問について。

間違えてHDDやSSDから削除したファイルを復元するには?

まず、Apple社より発売されているiMacで、誤ってFinder(ファインダー)などの画面の操作で、
必要なデータファイルを削除した場合に、後から救出をする方法について。

ひとまず基本としまして、macOSを開いたデスクトップの画面のDockにある「ゴミ箱」を開きます。

こちらのフォルダーに、以前にiMacの操作中に消去して表示されなくなったファイルの拡張子が、
自動的に移動されていないかどうか、一覧から探してチェックをされてみてください。

また、macOSではパソコンに内蔵されたHDDやSSD、外付けハードディスクだけでなく、
USBメモリやカードリーダーのメモリーカードのデータを、
Finderで削除した場合にも一度ゴミ箱に移管されて、後から復元することができます。

ですが、だいぶ前に削除してしまい、バックアップのなかったファイルを復元させたい、
といった場合には、プロのデータ復旧サービスの方へご依頼をされてみることを推奨します。




Time MachineやiCloudからデータを引き出す

次に、macOSの標準機能である「Time Machine」(タイムマシン)を事前にセットアップして
外付けハードディスクやRAIDなどの場所に、自動更新でデータをバックアップする方法もあります。

もちろんほかのMacintoshパソコンと同じく、iMacの内部のデータ復元も可能です。

または、iCloud(アイクラウド)のオンラインストレージサービスに、
Appleのアカウント登録時に一緒に登録して、予備のデータを自動で送付するように設定しておくと、
いざという時のファイルの引き出しによる、データ回収に役立ちます。

また、iMacのサポートも参考までに。

ほか、iTunes(アイチューンズ)のソフトウェアを使って、
AppleのiPhoneやiPadをiMacなどのパソコンと同期して、データのバックアップと復元を行うこともできます。

iMacのPC本体にエラーや故障が起きた時の修理

次に、ノートパソコンのMacBookと対になるようなディスプレイ一体型の機体が特徴である、
iMac(アイマック)の電源が突然付かなくなったり、OSの画面が開かない、
といった不調が起きてしまった場合に、修理する際の仕方について。

まず、iMacのパソコンのケースを外して部品を換えるには、T10あたりのトルクスドライバーという、
市販の工具を使って、固定されているネジを一つずつ回して外す必要があります。

(その際、電源ユニットの付近の基板に指で触れると危険とされているので、慎重に作業を行ってください。)

iMacも、年々スリム化・バージョンアップを重ねていって、メモリやCPUの性能も向上しているのですが、
その分 古いマシンのスペックが足りなくなってきたので換装をしたい、という際にも便利です。

交換をする際には、念のため新しいパーツの詳細を店舗の方に聞かれてみた方が無難です。

iMacも、ほかのデスクトップパソコンと同じく、Appleのサポートや、
私設のMacPCの修理サービスセンターにて、故障の修理を依頼することができます。

アイマックの電源が入らない時に内蔵ディスクを取り出しするには?

また、iMacのパソコンで電源が入らなくなったり、または液晶モニターが破損したりと、
どこかの部分が壊れて開けなくなった時に、内蔵されたディスクのパーツである、
HDDやSSDを取り出してデータを回収したい、という場合について。

まず、上記と同じく故障したiMac(アイマック)のPCの蓋を開けて、
内部に固定されたハードディスクまたはSSDが見えましたら、
こちらもトルクスドライバーでネジを外して、慎重に取り外します。

このハードディスクないしSSDを、別のパソコン本体に増設するか外付けのケースでUSB接続して、
内部のフォルダーを開いて、まだ使用するデータファイルをバックアップする形で復旧する方法もあります。

また、MacパソコンでフォーマットしたUSBメモリのデータ復元をする方法については、こちらのページにて。

しかし、あまりPCの筐体の分解や部品の組み立てに慣れていない方はやはり控えて、
パソコン修理やデータリカバリーのサービスの事業の方に、取り出しによる救出の作業を任せた方が安全です。




Macパソコンに対応されたデータ復旧サービスで救出してもらう

また、現在の段階ではまだMacパソコンのサポートを実施されたサービスは、Windowsの方に比べると少なめです。

ですが、全国各地、特に東京都などの都市圏には、Mac製品の故障の修理や、
データ復旧サービスを実施されているPCサポートの会社が、数多く存在します。

また、全国からの郵送で、注文を受け付けられているサービスも多くあります。

遠い地方にお住まいの方も、郵送にて、失ったファイルの修復の依頼を注文することが可能で、非常に便利です。

また、モニタ一体型のコンシューマー向けのMacintoshパソコンである、
iMacの重い本体を郵送や持ち込みで運び込まずとも、
内蔵のハードディスクドライブを取り出してから、データ救出サービスの宛先に郵送する方法もあります。