Mac Proのワークステーションから失ったデータを復旧するには?

「Mac Pro」のワークステーションに保存していたファイルを、間違えて削除してしまった時に復元をしたり、
マシンの異常で故障する障害が出て、中身のデータ読み込みできなくなった時に、
アクセスの状態を復旧するには、どのように操作をすればいい?という疑問について。

macOSのゴミ箱の機能に移管されたデータを元に戻すには?

まず、Apple社より開発・市販されている業務用コンピューターのMac Proとは、
事務処理や演算に特化したワークステーション(Workstation)という部類の、Macのパソコンです。

このマシンにもインストールされています、macOS(以前の名称はMac OS X)には、
デスクトップの画面に「ゴミ箱」(トラッシュボックス)という、データの復旧用の機能があります。

こちらのアイコンを開いて表示されたフォルダーの画面で、その中に入っている拡張子の一覧に、
対象のまだ必要なファイルが移管されていましたら、そちらを選択して「元に戻す」と指示をします。

これで、以前にあったフォルダーの場所にデータを移動する形で復元することができます。

ですが、この時点ですでにゴミ箱の中身を空にしていてだいぶ時間が経っていた場合は、
Mac Proのボリュームから表示の消えた、過去のファイルの拡張子を元に戻すには、
プロのデータリカバリーサービスに発注をして、復旧の作業をしてもらわれるのが、より確実です。




Workstationから間違えて削除したファイルを復元するには?

次に、Mac ProのWorkstationを操作している時に、間違えて必要なデータを削除した時に復元する方法について。

まず、macOSのデスクトップの画面にあるゴミ箱のアイコンに対象のファイルが入っていなかった場合は、
Duckのユーティリティーの一覧にある、「Time Machine」(タイムマシン)や、
iCloud(アイクラウド)、iTunes(アイチューンズ)などを事前にセットアップしていましたら、
そちらのバックアップの分からデータを探して、見つかりましたらそこから引き出して、復旧をされてみてください。

また、ディスクユーティリティでMacを復元する方法については、こちらのページにて。

バックアップしたファイルがなかった時には、macOS用の「データレスキュー」といった、
市販のデータ復元ソフトウェアを、DVDドライブからブート機能で起動して、ドライブスキャンを掛けて、
パソコンのハードディスクやSSDを検出して、表示が消えた拡張子を復旧する方法もあります。

ワークステーションの電源が入らず起動しない場合は?

次に、完全にワークステーション(WS)の電源が付かなかったり、
正常に起動できないような深刻な障害に遭われた場合の修理について。

まず、電源コンセントが折れていたり、断線しかかっていたら、
Appleのメーカーに問い合わせて、代わりのコードを取り寄せて取り替えを行ってください。

電源ユニットが破損していると思われれる際には、やはり購入先のApple Store、
またはカスタマーサポートへ交換や修理に出してみるのが最善です。

また、Mac Proのサポートも参考までに。

ですが、内蔵されているHDDやSSDのデータは、規則により初期化で消去されます。

そのため、壊れたパソコンを修理に出す前に、まだ必要なファイルが残っているストレージは、
PCの筐体から取り出して、別のパソコンに増設して読み込みしてバックアップを取ることも推奨します。

また、ワークステーションが故障して開けなくなった場合でも、
プロのデータ復旧サービスにて、必要なファイルの復元の対処をしてもらうこともできます。




壊れて閉じたマックプロのデータの救い出しを行うには?

次に、災害や停電による電流のショートで、ワークステーションに重度の破損が発生してしまい、
完全に直せない状態まで壊れてしまった場合に、閉じたマック・プロのデータの救い出しを行う方法について。

まず、ハードディスクやSSDはまだ無事で、内部のデータはそのまま残っている可能性もあります。

そこで上記と同じく、PC本体のドライブベイからストレージを取り出しして、
外付けHDDケースやUSB変換ユニットに取り付けて、USBポートから接続したり、
またはデスクトップパソコンの空きのドライブベイに増設する手法が使えます。

そして、Mac ProのハードディスクやSSDに残っている内部のフォルダーを読み出しして、
データをコピーしてバックアップする形で、復旧することもできます。

Mac Proのハードディスクが破損した時にデータを復旧してもらう

しかし、Mac Proのハードディスク自体がヘッドクラッシュや基板の破損で故障してしまったら、
一般の個人では、データの読み出しによる修復がほぼ不可能になってしまいます。

その際には、たとえば「DRTC」など、Macintosh(マッキントッシュ)のコンピューターの機器を取り扱われている、
プロのデータ復旧サービスセンターの会社にて、
貴重なファイルやプログラムの抽出を行ってもらうことが、最も確実な対処方法になります。

普通のパソコンだけでなく、ワークステーションも もちろん多くのサポートで受け付けてもらえます。

一方、周辺機器のRAIDケースやサーバー、NASといった電子機器は、パソコンとファイルフォーマットが違います。

そのため、個人では内部のHDDのデータをパソコンにつなげて読み込むのが少し難しいため、
こちらもプロのデータ復旧サービスにて、作業の代行をしてもらわれた方がより安全です。