ゴミ箱アイコンから保存ファイルを削除した後に復活するには?

WindowやMacintoshといったOSの画面上には、「ゴミ箱」のアイコンが表示されています。

パソコン作業の中でいらなくなったファイルやフォルダを削除すると、その多くはすぐにコンピューターから
完全に抹消されるわけではなく、この『ごみ箱』のフォルダ内に一旦移動して保管されます。

インターネット・エクスプローラー(ウェブプラウザ)の「お気に入り」や画像ファイル、ユーティリティーの
プログラムなどを右クリックで削除した場合にゴミ箱に移されるのですが、

ゴミ箱フォルダに移転できる容量を越えてしまう場合や大容量のプログラムが含まれたフォルダを消去する場合は、
そのままHDDからデータが削除されてしまうのでご注意ください。

データが消えた時の対処

ゴミ箱にたくさんの不要なファイルが詰まっていると、もしあとでまた削除したデータが必要になり、消えた拡張子を復活させたい、
という時には、すぐに外付けHDDなどにコピーしたり移動することで簡単に元に戻すことができるので便利です。

しかし、コンピューターのシステム上、マイ コンピュータ(Cドライブ)内に入ったプログラムファイルが
多いほど動作が若干遅れたり一時的に読み込みや互換性に支障が出る場合もあります。

特に古いパソコンであるほど、なるべく容量を軽くしてHDDや他パーツへの負担を減らすためにも、
時々ごみ箱は空にして空き容量を少しでも増やしておく必要もあります。

ゴミ箱のファイルを削除してから、新しく何度もハードディスクやSSDにデータを上書き保存している場合は、以前の拡張子の
破損が出ている可能性があるため、専門のデータリカバリーサービスに注文をして、診断をしてもらわれることを推奨します。




各オペレーティングシステムの場合の復旧

ウィンドウズのパソコンの場合、ディスククリーンアップのアクセサリを使えば、
他のファイル保管場所と一括してゴミ箱を整理することもできます。

ゴミ箱に間違えてファイルを入れてしまった場合はゴミ箱フォルダーを開いて、
対象のデータを選択して右クリックで「元に戻す」を押すと以前の場所に復活します。

Windowsでは、内蔵ハードディスクやSSD、外付けハードディスク、ポータブルSSDといった、
ローカルディスク(パソコンに内蔵されて直接マザーボードとつながっているストレージ)の中のファイルのみがゴミ箱に一度移動します。

USBメモリーやSDメモリーカードなどのリムーバブルディスクの中に保存したデータは、削除すると直接消えてしまうので注意してください。

macOSの場合は、USBメモリーやSDメモリーカードといった外部記憶装置のデータも、一度ゴミ箱に入ります。

注意点として、一度ファイルを消してもいざという時にデータ復元ソフトウェアやファイル履歴、クラウドなどで
元に戻すこともできるのですが、すべてのデータが100%、元と同じ形で復活できるいう保証はないため、ご注意ください。

ゴミ箱を空にする前には必要なファイルが混ざっていないか十分にご確認ください。

もしも間違えてゴミ箱を空にしたり、間違って削除したファイルがゴミ箱になくて見つからない場合は、
データ復旧サービスに注文をしてファイルの復活の作業を頼まれてみることをおすすめします。