消えた電子メールデータを復旧するには?

パソコンなどのコンピューター製品では、インターネットを通して、
電子メール」(E-Mail)を使って、送信・受信といった通信を行うことができます。

しかしながら、誤ってパスワードやIDなどの記載された貴重な受信・送信メールを損失してしまうことは意外にも多いものです。

そんな時には、どうすれば消えたメールのデータを復旧することができる?という疑問について。

メールデータの主な損失の例

・受信箱(Inbox)や送信箱(Outbox)、下書き(draft)のトレイから、他のメールとまとめて削除してしまった。

・データを保存された記憶装置が衝撃、クラッシュなどで破損してしまった。

・迷惑メールに入ってしまい、一定時間の経過後、いつの間にか自動的に削除されてしまっていた。

・レンタルサーバが故障、閉鎖などで保存データごとダウンしてしまった。

・下書きに保存するのにログイン期間経過などで、必要な電子メールのデータの保管に失敗してしまった。

・アウトルックメールなどのソフトウェアのプログラムが壊れて、E-Mailのファイルが開けなくなった。




バックアップしたデータからメールを復元するには?

まず、各メールの保存データは、主に内蔵ハードディスクのCドライブの内部の領域や、
外付けHDD、RAID、NAS、メモリーカードなどの外部のデータ記憶装置へのバックアップ、
サーバーなどの保管庫やOutlookやサンダーバードなどのアプリケーションソフトウェアにて管理して活用します。

これらの事態に遭遇してしまった際にメールの削除ファイルやデータを復元させるには、
まず、パソコン内に保管してある電子メールでしたら、クラウドサービスや、
パソコンのオペレーティングシステムにある標準搭載のデータバックアップの機能、
またメールソフトに搭載されたバックアップシステムで、データを復旧できることもあります。

メールのファイルが保存されたフォルダーの場所を探すには?

次に、電子メールシステム(Electronic Mail System)の受信箱(電子私書箱)に、
メッセージのデータが入っていない時は、迷惑メールやプロモーション、フォーラムといった、
別のメールボックスの方に入っていることもあります。

また、GoogleやYahoo!Japan、MSNなどのポータルサービスからインターネット上で
配信されているメールサービスのデータは、オンライン上のサーバー先のストレージに
安全な管理体制で保管されていますのである程度、安全に保存できます。

ですが、OutlookやThunderbirdなどの受信メールや送信メール、ゴミ箱などにあった各フォルダーの
中身の電子メールはパソコンの隠しフォルダーなどの場所に保存されています。

そのため、エクスポートやコピー&ペーストでのバックアップを取っていなければ、
パソコンやハードディスク、SSDを初期化した時などに消えてしまいます。

電子メールは、例えばWindowsパソコンの場合、
ユーザー名フォルダーにある隠しフォルダーの「AppData」などの場所に保管されています。

これらの送信・受信フォルダーにあるメールデータは拡張子として保存されています。

そのため削除しても、まだパソコンのハードディスクの内部のセクタに痕跡が残っている可能性があります。

アプリケーションソフトから「エクスポート」の機能で外付けHDDやRAID、NASなどへの、
ファイルのバックアップも可能です。

「インポート」で後からいつでもメールデータを復旧できます。

バックアップが見つからなかった場合には、市販のデータ復元ソフトウェアにあります
メールの復元機能を使って、ファイルのリカバリーを試みることもできます。

ほか、emlファイルのメールデータを復元するには?という疑問について詳しくは、こちらのページにて。

電子メールソフトを間違えてアンインストールした時は?

次に、パソコンやスマートフォン、タブレット端末でインストールして使用している、
Microsotf Outlook(マイクロソフト・アウトルック)やMozilla Thunderbird(モジラ・サンダーバード)などの
電子メールソフト(e-mail software)を、間違えてアンインストールしてしまった場合について。

まず、アプリケーションソフトウェア自体が消去されても、データの方は無事であることが多いです。

パソコンやモバイル端末上のフォルダーや、登録している電子メールサービスやクラウドストレージの方に、
まだ送信・受信したメールのテキストのデータや添付ファイル(アタッチメント)が、
それぞれのメールボックスに残っていて、そこから復旧できる見込みがあります。

もう一度電子メールソフトをインストールし直して、電子メールのデータを拾い直す形で開いてみてください。

Macパソコンの「メール」のデータを復元するには?

次に、MacBook AirなどmacOS/Mac OS Xのパソコンの「メール」の場合は、標準で搭載されている、
iCloud Drive(アイクラウドドライブ)というクラウドサービスのアプリケーションソフトを
設定して有効にしておくと、ウェブブラウザでサインインしてからアカウント上で開き直せば、
これまで使っていた書類や連絡帳とともにメールデータをいつでも開いて復元できます。

また、同じく標準で搭載された「TimeMachine」(タイムマシン)の機能を有効しておかれれば、
データのバックアップをしやすくなります。

タブレットコンピューターのメール関連の機能で使用している受信・送信メールも、
同じくOSのリセットをした後に、クラウドサービスの方にもメールデータが残っています。

iPad(アイパッド)やiPhone(アイフォン)も同様に、購入して起動をした際に、
iCloud Driveへの自動的なバックアップを設定しておくと、メールデータを保存できます。

データ復元のサービスセンターにて機器の提出をする

また、電子メールソフトの起動がアプリケーションソフトの破損で読み込みが効かない時は、
フォルダーの内部に保存されたファイルをバックアップした後に、一度アンインストールして
もう一度インストールをし直して、回復できるかどうかを試してみてください。

システムの復元機能などで直らなかった場合には、専門のデータ復旧サービス業者に問い合わせて、
パソコンやモバイル端末を送付して、復元をしてもらうこともできます。