消えた電子メールデータを復旧するには?

パソコンなどのコンピューター製品では、インターネットを通して
電子メール」(Mail)を使った送信・受信といった通信を行う事ができます。

Outlook

各メールの保存データは主に内蔵ハードディスクのCドライブ内の領域や
外付けHDD、RAID、NAS、メモリーカードなどの外部データ記憶メディアへのバックアップ、
サーバーなどの保管庫やOutlookやサンダーバードなどのアプリケーションにて管理して活用します。

しかしながら誤ってパスワードやIDなどの記載された
貴重な受信・送信メールを損失してしまう事は意外にも多いものです。

メールデータの主な破損例

・他のメールとまとめて削除してしまった。
・保存メディアが衝撃、クラッシュなどで破損してしまった。
・迷惑メールに入ってしまい一定時間経過後、自動的に削除されてしまった。
・レンタルサーバが故障、閉鎖などで保存データごとダウンしてしまった。
・下書きに保存するのにログイン期間経過などで失敗してしまった。
・アウトルックメールなどのソフトウェアのプログラムが壊れてしまった。

これらの事態に遭遇してしまった際にメールの削除ファイルやデータを復元させるには、
まず、パソコン内に保管してある電子メールでしたら
『システムの復元』やメールソフトの搭載バックアップシステムで直せる事もあります。





GoogleやYahoo!Japan、MSNなどのポータルサービスからインターネット上で
配信されているメールサービスのデータは、オンライン上のサーバー先のストレージに
安全な管理体制で保管されていますのである程度、安心して保存できます。

ですが、OutlookやThunderbirdなどの受信メールや送信メール、ゴミ箱などにあった各フォルダの
中身の電子メールはパソコンの隠しフォルダーなどの場所に保存されているため、エクスポートや
コピー&ペーストでのバックアップを取っていなければパソコンを初期化した時などに消えてしまいます。

電子メールは例えばWindowsパソコンの場合、
ユーザー名フォルダーにある隠しフォルダーの「AppData」などの場所に保管されています。

これらの送信・受信フォルダーにあるメールデータは拡張子として保存されているため
削除しても、まだパソコンのハードディスク内のセクタに痕跡が残っている可能性があります。

アプリケーションから「エクスポート」の機能で外付けHDDやRAID、NASなどへの
ファイルのバックアップも可能です。「インポート」で後からいつでもメールデータを復旧できます。

Macbook AirなどMac OS Xのパソコンのメールの場合は、iCloudといったクラウドサービスの
アプリケーションを設定して有効にしておくと、ウェブブラウザでサインインしてからアカウント上で
開き直せば、これまで使っていた書類や連絡帳とともにメールデータをいつでも開いて復元できます。

タブレットコンピューターのメール関連の機能で試用している受信・送信メールも、
同じくOSのリセット後にもクラウドサービスの方にもメールデータが残っています。

また、電子メールソフトの起動がアプリケーションの破損で読み込みが効かない時は、
フォルダ内の保存ファイルをバックアップした後に一度アンインストールして
もう一度インストールをし直して、回復できるか試してみてください。

システムの復元機能などで直らなかった場合にはデータ復元ソフトウェアから、
または専門のデータ復旧サービス業者にて復元をしてもらうことができます。



『「電子メールの復活」のカテゴリーの前後のページ』

»