デジタルカメラの削除した写真画像データを復元するには?

デジタルカメラや携帯電話のカメラ機能で撮影した写真は通常、アナログカメラと違い
ネガフィルムではなく、パソコンの拡張子ファイル(IMG・JPEG等)の画像データとして保存されます。

保存した撮影画像ファイルはデジタルカメラに差し込むUSBメモリーカード
すなわちSDカードやxDピクチャーカード、CF(コンパクトフラッシュメモリーカード)、
スマートメディアといった種類のカード媒体に記録され、これらをカメラ屋さんに
持っていって短時間で写真に加工してもらったり、また自宅のPCから
カードリーダーを通して読み込んで自分でプリンターを使い印刷することもできます。

しかし、もしパソコンにコピーしてファイルを移し変える時に間違えて削除を
してしまったり他の同名のファイルに上書きをしてしまったりした場合、
またはカードを誤ってフォーマット(初期化)して画像データごと全て
抹消してしまった場合はどうすればデータを復元できる?という疑問について。

まず、ローカルディスク内のフォルダに保存してある写真データでしたら
『システムの復元』機能を使ってHDD全体を少し前の状態に戻す事で修復できるのですが、
SDカード等、外部接続媒体の方のデータの場合は、
専門の画像復元ソフトウェアをインストールして読み込んで直す方法があります。

・『フォトリカバリー・ファイナルデータ/Finaldata』
・『デジカメ消去画像かんたん復活』
・『完全データ復元PRO』
・『完全メモリーカード復元』
・『MediaRescue.R3』

など、画像ファイルやメモリーカード媒体専用のデータ復活ソフトが多数販売されていますので、
お手軽に写真画像を復旧したいという際にはそれらを使用されてみてください。




なお、デジタルカメラで撮影した後でデスクトップのWindowsパソコンにバックアップして保存して、
その後、パソコン本体が起動しなくなった、または電源は問題なく入るけれどOSが起動できなくなり、
内部の大事なデータの抽出を外付けHDDなどに行いたい、という場合は、

内蔵されているハードディスクを筐体から取り外して、別のパソコンに増設するか、
外付けで接続して読み込んで、フォルダーの中の個人ファイルを
バックアップする形でデータを復旧して、その後パソコンを初期化する方法もあります。

削除したファイルは確実に元に戻せるわけではなく、何度も上書きして前のデータの痕跡の
大部分が消えてしまった場合や、カードそのものが物理的に破損してしまった
場合はソフトウェアで元に戻すのはほぼ不可能です。

それらのケースでは、専門のデータ復旧サービスにて、より高い復旧率で
データの修復・取り出し作業を請け負ってもらうことができます。