iPad(アイパッド)のデータの管理と復元をする手順とは?

日本国内でも発売された、アップル社製の最新タブレット型コンピューター/メディアプレイヤー
『iPad』(アイパッド)は、アメリカを中心に世界中で普及が始まり、大変注目されています。

同じアップル製のiPhoneやiPod touchと同じくボタンを使わず液晶画面上から
直接操作するマルチタッチで使っていくユーザーインターフェースが採用されているのも特徴です。

用途は様々ですが中でも電子書籍を購入して閲覧できるのが有名です。

また、iPhoneOS(アイフォン・オーエス)のシステムが導入されています。

iPad内部の搭載フラッシュメモリ(最大容量:16GB・32GB・64GB)に記録していくデータは、
今までのApple製ポータブルメディアプレーヤーと同様に、専用管理ソフトウェアの
『iTunes』(アイチューンズ)を使って保存・管理していきます。

これまでにiPod nanoやiPhoneを使われたことのある方でしたら特になじみが深いかと思います。

iTunesはお持ちのパソコンにインターネットからダウンロードして
インストールを指定の手順に従って行います。

セットアップが終わったらiPadを専用の付属USBコードから
パソコンに繋げて、同期接続を行い、データの交換を行うことができます。





iPadに保管しているデータファイルはiTunesを通してのバックアップを
取っておく事で、もしもの時のための予備ファイルを作っておきます。

液晶のモニターにセンサーが搭載されているタブレット端末は、うっかり指が触れて
誤操作をしてしまったり、画面上の電子式の小さいボタンを押し間違えてミスをしてしまうことも多く、
誤って必要なファイルを消去してしまうケースもあるため、バックアップはやはり大切です。

ウィンドウズのOSが搭載された「スレートPC」と違い、iPadはSDメモリーカードが
差し込みできない仕様であるため、データの保存は定期的にパソコンに同期したり、
「iCloud」(アイクラウド)といったオンラインストレージのサービスを使うことになります。

iCloudは、iPadを購入した際に、タッチパネル操作でアカウントの登録を行う際に、
指定の手順に沿って、自動でのデータバックアップの設定をすることができます。

もし間違えてデータを削除したり、iPadが強い衝撃を受けたり水濡れ・水没して
壊れてしまった場合でもバックアップがあればPCからまた開くこともできます。

しかしiTunesで同期して保管する前にもしもiPadが故障して
読み込めなくなった時は、アップルサポートで本体を直してもらいましょう。

またはフラッシュメモリが破損したり、内部が消えていた時は
アップルのポータブルメディアプレーヤー製品を請け負われている、
Mac製品対応のデータ復旧サービスに依頼をして復元をしてもらわれることをおすすめします。