ソフトウェアRAIDのHDDを復旧するには?

ソフトウェアRAID(レイド)とは、パソコンのOS上のプログラムから
複数のハードディスクドライブを繋げて管理する方式の構成システムです。

専用コントローラーなどの装置を必要とせず、コンピューター上のオペレーティングシステムで
RAIDを稼動させる事ができるため、ハードウェア方式よりも安価で構築できます。

ただその反面、パソコンパーツのCPU(基本処理装置)に
負荷が強くかかりやすく、動作の遅延や停止エラーが起こりやすくなる欠点もあります。

RAID0,1,2,3,4,5,6,10のうち基本的に規格の数字が上に行くほど
ハードディスク内データの安全性は高まり、RAID1は一つのドライブが故障しても
もう一つが無事でああれば問題なくシステムが稼動を続けられます。

またRAID6は二重障害に対応されていて、二台のHDDが同時に破損を起こしても
残り二台以上あるハードディスクで動作やデータを守る事が出来ます。

ただ、ソフトウェアRAIDの場合はCPU一つに特に負担がかかりやすく、
その事が原因でコンピューターがダウンしてしまう場合もありえます。

ソフトウェアRAID構成のハードディスクドライブも台数が多いほど
物理障害に対しての安全性が強くなっていくのですが、
一方で他のパーツの破損や論理的(システム的)な障害には
RAIDだけでは対応できませんので全体の安全管理にはご注意下さい。





例えば、ファイルやフォルダを間違えて削除してしまったり、コンピューターウイルスに
OSが感染してデータが破壊されてしまうといったトラブルは発生するケースもあります。

PCやHDは壊れていないものの、アプリケーション的なデータ消去が起きてしまった場合は、
バックアップからのコピーやシステムの復元によるプログラムの回復を試してみましょう。

もしもRAIDのハードディスクが複数同時に故障したりウィルス蔓延などの障害が起きて
読み込めなくなった場合は、どれか1台もしくは全てのHDDを、データ復旧センター先に提出して、
内部の修復または回収によるデータの救出を行ってもらうのがほぼ唯一の確実的な解決策となります。

特に物理障害で破損したドライブは自力では直せないため、必ず専門業者の
方に復旧作業を行ってもらいましょう。



『「RAID・ミラーリング」のカテゴリーの前後のページ』

«

»