ハードディスクが認識しない、起動しない時は?

パソコンやサーバ、NASなどの機器に内蔵して使用する、
メインのデータ記憶媒体であるハードディスクドライブは、何らかの障害でPCに認識しない場合には、
WindowsやMacのOSが起動しなくなって、そのままではパソコンが使用できなくなります。

HDDにアクセスができない状態とは?

まず、レジストリやアプリケーションソフトの、システムファイルが破損している論理障害が起きている場合は、
OSのリカバリーディスクをCD/DVDドライブから読み込んで、上書きインストールや
回復コンソールなどの修復ツールを使って、損傷したプログラムを回復させることもできます。

最悪、丸ごとハードディスクのすべてのデータを初期化させる再セットアップを使えば、
リカバリの後でストレージの中身は真っ白になるものの、
ほぼ確実にシステム面では購入前の普通に認識できる、どこも問題のない状態に戻ります。

しかし、HDDを長く使ってきたためにパーツの寿命が来て、
固定ディスクのプラッタや磁気ヘッドがクラッシュするような物理障害が起きてしまうと、
そのままではどうやってもOSが起動しない、かなり深刻なハードウェアの故障になってしまいます。




ハードディスクの壊れたパソコンを修理するには?

ですが、まだ使える代わりのハードディスクドライブかSSDを一台以上お持ちでしたら、
PCケースをドライバで螺子を外してこじ開けて、中の壊れたドライブを新品に交換して繋げ直して、
OSをインストールし直すことで、とりあえずパソコンはまた起動できるようになります。

今は使っていないパソコンに内蔵されているハードディスクを取り出して、
メインで使っているマシンに付け直してみたり、あるいは新しくPCショップで
同じタイプのハードディスクを買ってそちらに交換されると、多くの場合で認識できるようになります。

しかし、もしデスクトップパソコンの3.5インチ型のハードディスクの製品や、
ノートパソコンの2.5インチ型、1.8インチ型と、マシンによっての大きさが違い、
入りきらない場合はあまり無理やりHDDを収納しないようご注意ください。

内部のパーツが故障していたら?

普通はこれでひとまず直るのですが、HDDだけでなくCPUやマザーボードにも破損があったり、
パーツ同士の相性が合わないと認識しないこともあり、結果的に起動しない場合もあります。

なので、一応、換装作業の前に動作環境と他の部品の状況も隅々まで確認します。

自作パソコンを作成した際、フォーマットしてOSをインストールしたHDDが読み込まれず、BIOSでも認識せず、
「Reboost…」といったエラーメッセージが出る、という際には、まずハードディスクドライブが急に
物理的に故障してしまったり、MBR(マスターブートレコード)が破損しているために起動しない、
といった深刻な原因のおそれも考えられます。

また、HDドライブの故障やエラーの障害から修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

それらの障害でなければ、BIOSの問題でストレージが認識しない可能性が特に高いです。

ストレージが読み込みできない時は、パソコン修理サポート店やデータリカバリーサービスで、
起動しない状態からのレスキューの作業を代行してもらうこともできます。




BIOSの設定を変更して開くには?

次に、メイン画面ではハードディスクのアイコンやドライブ名が出ていなくても、
F8キーの機能にあたるブートオプション設定のメニューを開いてみると、
新設や交換、増設をしたHDDの製品の名前がしっかりと出ているケースもあります。

そちらの項目を選択してBIOSの設定画面を終了すると、開けることもよくあります。

HDDやSSDを増設した時、ドライブを取り付けてから特に最初のうちは、
よくBIOSで正常に表示されず認識しないことがあります。

しばらく手動でBIOSの画面を開いて切り替えながら使っていくうちに、次第に自然と直るケースもあります。

たとえば、HPのデスクトップPCのBIOS(Basic Input Output System)の修復なども参考になります。

また、DVDドライブ限定での起動の設定になっていないかどうかも、確認してください。

内部のデータの移し替えをするには?

また自作パソコンの場合は、ケースのフタを開いて、
電源ケーブルなどのコネクタが正しい位置で差し込まれているかどうかも、念のためにチェックしてください。

HDDのストレージが壊れていると、LinuxのKNOPPIXやUbuntuといった、
別のOSからパソコンを起動させるやり方なども使うことができません。

パソコンから取り替えた後は、故障しているHDDをデータ救出サービスセンターに預けて、
中身のデータを抽出する形でリカバリーをしてもらい、
後で新しいハードディスクの方に移し変えることで、ほぼ前と同じ状態に修復することが出来ます。