iPhone(アイフォン)の故障を修理するには?

スマートフォン(Mobile phone)の製品である、iPhone(アイフォン)を使っている時に、
急にシステムに問題が起きて故障した際に、iOS(アイオーエス)を初期化(perform a factory reset)する、
といった方法で、修理をするにはどのような手順で行えばいい?という疑問について。

iPhoneの本体が破損するトラブルとは?

まず、Apple製のスマートフォンの『iPhone』が発売されて、日本国内でも需要と知名度が上昇しています。

iPhone(アイフォーン)は、ノートパソコンに近いほどの高い性能を持つ携帯電話です。

iOSのシステムが搭載されて、インターネット(PCサイト)の閲覧やオーディオプレイヤーなど、
従来の携帯電話(ガラケー)と比べて非常に高い機能を持ち、
非常に多くのアプリケーションソフトウェア(Application Software)を備えたデジタル媒体です。

ですが、iPhoneは通常のケータイ機種以上に様々な用途がある分、データやプログラムもより多く扱い、
頻繁に使用するため、もしも衝撃や水没などで故障させてしまったら面倒なことになってしまいます。

端末の破損といったトラブルの際には、より確実かつ適切な、故障の修理の対応を行う必要があります。




アイフォンにエラーが発生した時にリカバリーするには?

まず、iPhoneのシステムにエラーが起きた時や、
インターネットでコンピューターウィルスに感染してしまった時などの、論理的な障害に遭われた場合の対処法について。

ひとまずは、同梱の取扱書またはAppleサポートの、よくある質問のコーナーなどで調べてみる方法があります。

場合によっては、iTunes(アイチューンズ)の、
[管理用ソフト]を使ってリセット(リカバリー)といった、修理の作業を行われてみてください。

iPhoneのアップデートの障害など、よく発生しがちな大体のトラブルの事例でしたら、
記入されている手順を参照に、適切なシステム上の修理をすることで解決できます。

また、ウイルスバスターやノートン、マカフィーなど、
モバイル端末のアイフォンに対応された、セキュリティ対策ソフトも使われてみてください。

モバイル端末の回路が破損してしまうトラブル

次に、特に問題なのはむしろiPhoneの物理的な損傷の方で、うっかり機体を踏みつけてしまったり、
固い地面に落としてしまった時の衝撃で液晶モニターの画面が割れてしまったり、
ボタンや本体が破損してしまった、また水の中に落としてしまったり、
洗濯機で衣服と一緒に洗ってしまい水没させた時など、即ち物理的なダメージによる故障の場合になります。

また、スマートフォンが故障した時に修理するには?という疑問については、こちらのページにて。

特に水濡れや落雷の影響で破損した場合には、端末の起動を控えてください。




Appleのサポートや修理サービスで直してもらう

ひとまず、それ以上は無理に電源を付けて動かさず、AppleのカスタマーサポートにiPhoneを郵送で送るか、
直営店のApple Store、または購入先の店舗に持っていって、修理の依頼をされてみてください。

機器の物理的な破損の具合によっては、新しくiPhoneを買い換えた方が安く済んだり、
修理がほぼ不可能だったりすることも多いです。

修理には郵送期間も含めて、ある程度の時間を要しますので、お急ぎの時は、
iPhoneに対応された、モバイル関連の修理サービスの店舗で、
ハードウェアないしソフトウェアの故障の状態を見てもらうのも一つの対処方法です。




多機能型携帯電話のデータを復旧するには?

次に、多機能型携帯電話のアイフォンで、
システム(論理的)な故障や不具合でおかしくなっているケースでしたら、簡単に修復をしてもらえます。

また、内部のデータが無事でしたら、新しい機種に移し変えてもらうこともできます。

ですが、iPhoneの液晶モニターの画面が割れた、といった軽度の破損で開けない、という場合には、
専門のデータ復旧サービスセンターの店舗・事務所の方へ先に依頼をして、
中身の登録番号やアプリなど、必要なデータファイルを回収してもらわれることをおすすめします。