iPhone(アイフォン)の故障を修理するには?

Apple(Apple社)製のスマートフォン『iPhone』が発売されて、日本国内でも
需要と知名度がどんどん上昇しています。

iPhone(アイフォーン・アイフォン)はノートパソコンに近いほどの高い性能を持つ携帯電話で、
iOSが搭載され、インターネット(PCサイト)の閲覧やオーディオプレイヤーなど従来の携帯と比べて
非常に高い機能を持ち、非常に多くのアプリケーションを備えたデジタル媒体です。

iPhoneの本体破損トラブル

それゆえに通常のケータイ機種以上に様々な用途がある分データやプログラムもより多く扱い、
頻繁に使用するため、もしも衝撃や水没などで故障させてしまったら面倒なことになってしまいます。

非常時の際にはより確実かつ適切な、故障の修理の対応を行う必要があります。

まず、システムにエラーが起きた時やネットでウイルスに感染してしまった時などの
論理的な障害に遭わた時は、同梱の取扱書またはAppleサポートのよくある質問コーナーなどを調べられてみます。




iTunesからの復元

場合によってはiTunes(アイチューンズ)の[管理用ソフト]を使ってリセット(リカバリー)
といった修理の作業を行われてみてください。

iPhoneのアップデート障害など、よく発生しがちな大体のトラブル事例でしたら
記入されている手順を参照に、解決できます。

問題なのはむしろ物理的な損傷の方で、うっかり機体を踏みつけてしまったり
固い地面に落としてしまった時の衝撃で液晶画面が割れてしまったり、
ボタンや本体が破損してしまった、また水の中に落としてしまったり洗濯機で
衣服と一緒に洗ってしまい水没させた時など、即ち物理的な損傷の場合ですね。

Apple・カスタマーサポートでの修理の依頼

まずそれ以上は無理に電源を付けて動かさず、AppleのカスタマーサポートにiPhoneを郵送で送るか、
Appleの直営店または購入先の店舗に持っていって修理の依頼をされてみてください。

機器の物理的な破損の具合によっては、新しくiPhoneを買い換えた方が安く済んだり、
修理がほぼ不可能だったりすることも多いです。

修理には郵送期間も含めある程度の時間を要しますので、どうしてもお急ぎの時は
別のパソコン・ハードウェア修理サービス店にiPhoneを見てもらうのも一つの対処方法です。

システム(論理的)な故障や不具合でおかしくなっているケースでしたら、簡単に修復をしてもらえます。

内部のデータが無事でしたら新しい機種に移し変えてもらうこともできるのですが、
iPhoneの液晶画面が割れた、といった軽度の破損で開けない、という場合には、
専門データ復旧サービスセンター店の方へ先に依頼をして、
中身の登録番号やアプリなど必要なファイルを回収してもらわれることをおすすめします。