iPhotoでライブラリの写真データを読み込めない時に開くには?

Mac OS XのMacintoshパソコンなどのアップル製品のコンピューター機器では、
iPhoto(アイフォト)という写真画像の管理用アプリケーションソフトが使用できます。

デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、ノートパソコンなどのカメラ機能等で
撮影して作成した写真画像ファイルをこのツールで読み取って保存する時、
iPhoto Library」という、アルバム専用のフォルダーが作成されます。

libraryのフォルダー

この「library」(ライブラリ)のフォルダ(パッケージ)は通常、
ユーザーごとの『ピクチャ』の特殊フォルダーに作成されます。

しかしある時、コンピューターの内部の何かのシステムの変更をした後などで
急にiPhotoからLibraryが読み込めない状態になった、という場合について。

まず、お使いのMacBook AirやiMac、Mac Miniなどのパソコンを起動します。

デスクトップが開いたら、Duckかアプリケーションなどの場所にiPhotoのアイコンがあるかどうかを確認して開いてみます。

前に開いた写真画像ファイルのログが残っているかどうかを確認します。




バージョンのアップグレード

該当するフォルダーの開かないトラブルが起きる少し前に、iPhotoのプログラムを
アップデート、または上位バージョンへのアップグレードを行っていないか確かめてください。

iPhoneやiPadの定期的なアップデートの際に、まとめて行うのでも良いです。

バージョンを更新すると、それ以前のバージョンで作っていた
ライブラリが読み込めず、そこからは写真を開けないことがあります。

(写真ファイル自体はフォルダーから開いて、別の用途に使えます。)

新しく更新したiPhotoでもまた前のライブラリを使うためには、まずMacパソコンのキーボードの
「optionキー」と「commandキー」を同時に押します。(またはoptionキーのみ)

キーを押したままiPhotoのウィンドウを起動します。

するとiPhotoのライブラリの新規作成、もしくは既存のフォルダーを選択する画面が
出てきますので、ここで対象の項目をチェックして実行してください。

(念のため、実行の前に写真画像データのバックアップも行ってください。)

もしも写真画像のファイルが同時に破損していて読み込めない場合は、それ以上無理に
拡張子の設定を変えずに、専門のデータ復元業者の方にトラブルの状態を見てもらうことをお薦めします。