データ復旧を地元のサービスで依頼する際の流れは?

デスクトップパソコンやノートPC、サーバー、SDメモリーカード、USBメモリー、
またスマートフォンやガラケーの携帯電話、スレートPCといったモバイル機器などの、
コンピューターから失った貴重なファイルを後からリカバリーしてもらうために、
地元の付近のデータ復旧サービスに注文をされる際に依頼する時の流れは?という疑問について。

地元のデータ復旧サービスに持ち込みで注文をする時は?

まず、東京23区や立川市、八王子市、また横浜市、千葉市、さいたま市、大阪市、京都市、名古屋市、
札幌市、神戸市、仙台市、福岡市などの主要都市と、その近辺にて事務所を構えられている、
データ復旧サービスの業者にて注文を行ってみようか、という際の流れについて。

ひとまず、上記のような都市部の中、またはその近辺での地元にお住まいの方、お勤めの方でしたら、
受け付け先の店舗やオフィスに、持ち込みで対象の機材を提出する方法もあります。

または、スタッフの方に自宅や自社への出張訪問で来てもらう方法もあります。

持ち込みで依頼をする際には、自動車や自転車、電車での移動中に振動で機材の回路が破損しないように、
製品を購入された時のダンボールやパッケージの箱に、収納をして運ばれることを推奨します。

また、行き先のデータ復旧サービスやパソコン修理サポート店の営業時間と、
店頭での注文がOKか、ウェブのみでの受付であるかどうかを、事前にご確認ください。




宅配便による機材の配送での依頼書を書く時は?

次に、北海道から宮城県、茨城県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、静岡県、愛知県、
また福井県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、熊本県、長崎県、沖縄県、と各都道府県では、
それぞれデータリカバリーのサービスが、数か所から数十か所以上で営業をされています。

その際に、自宅・自社から大分離れた地方のサービスに注文をされてみる際の流れとして、
宅配便に依頼をして、HDDやメモリーカードなどの機材の郵送をされる方法もあります。

また地元の方でも、ある程度の広い範囲での多くの店舗で、郵送での機材の提出ができます。

宅配便に出して送ってもらう際には、段ボールやパッケージの箱がなくても、
精密機器用の包装をしてもらい、安全に配送をしてもらうこともできます。

また、宅配便・宅急便の近くの店舗まで運ばずに、トラックなどでの訪問で来ていただいて、
自宅や自社からそのまま機材の配送をしてもらうこともできます。

その際、配送の依頼書を書く時には必ず、デリケートな精密機器である旨の項目にチェックを入れて、
丁寧に包装をしてもらわれることを、忘れないようにしてください。

大型のPC本体やサーバーからデータをリカバリーしてもらう時は?

次に、サーバーのシステムや社内コンピューターなど、大型かつ持ち運びがやや大変な機材での、
データの復旧を依頼される場合でしたら、お近くの事業所からの出張訪問でのサービスが助かります。

大型で複数のPC本体や大規模なサーバー設備など、機体の大きさや重さ、複雑さによって、
郵送がやや困難だったり、またお急ぎの場合でしたら、
やはりお近くの地元エリアからの出張訪問のサービスが、素早い対応により期待が出来ます。

もちろん、日本全国の各地にて、パソコン修理サポートでの郵送による修理や、
データリカバリーサービスでのファイルの修復や取り出しの作業も、請け負ってもらえます。




初期診断とデータ復元の費用の見積もりをしてもらう時の流れ

次に、データ救出のサポートを実施されているサービスに注文する際の流れについて。

まず、電話やメールで連絡先に問い合わせをされてみるか、持ち込みで来店して、
電子機器の状態を、アドバイザーの方にお伝えします。

そして、データ記憶装置を手渡しか郵送で提出してから、エクセルやワード、パワーポイントなどの、
間違えて削除したファイルを復元できるかどうか、または壊れて開けない機器から取り出しができるかどうか、
といった判定をしてもらうための、初期診断をしてもらいます。

そして、復旧が可能だと検査が出た際に、料金の見積もり金額を伝えてもらって、
そこで注文をするかどうかの、最終的な決定をする流れになります。

ほか、HDDデータ復旧サービス業者の評判と評価については、こちらのページにて。

また初期診断には費用がかからない、成功報酬型のプランで実施されたサービスもあります。




データ復活のサポートの事業を比較する目安とは?

また、失ったデータを復活してもらえるサポートが実施されたサービスの事業によっても、
成功率や料金の差、あるいは用意されたコースの違いなどが、ある程度あります。

都市圏や地元ごとに、目安として事前の初期診断や代金のお見積もりを受けて、
価格などの比較をされてみてから一社に注文を決めるのも、一つの選択方法です。

(あまり多くの回数で複数の事業で診断を受けていくと、ハードウェアやソフトウェアが、
 破損して問題が悪化するおそれがあるため、くれぐれも程々の回数でご注意ください。)

また、参考例としてデータリカバリーに関する高性能なプロフェショナルソリューションの、
PC-3000シリーズが導入されている企業では、精度の高い検出の作業を行ってもらうこともできます。

全国のどこからでも、宅配便による配送にて受付をされている、
サポートの体制を導入されている業者も多く、今は大変便利なサービスが整っています。

また例として、データレスキューセンター(DataRescue Center) 様での、データ復旧サービスの流れの解説も参考までに。

もし注文を迷われてしまわれた場合にも、サポートの方でアドバイスをお伝えいただけます。

パソコンや家電製品の修理サポートにも同じことが通じるのですが、まず特にお急ぎでない場合でしたら、
知名度が高く、初期診断や成功報酬型の支払いシステムなど、
利用者に優しく便利なサポートがよりよく整っているサービスに依頼をされるのも、やはり便利です。

パソコンで読み込めずに開けないファイルも救出してもらえる?

次に、パソコンや外付けのハードディスクでしたら、ほとんどの業者にて注文ができます。

一方で、サーバやレコーダー、リンクステーション、テラステーション、ランディスクといった、
PC上でそのままの状態では読み込めずに開けない、特殊なファイルシステムの装置の場合は、
ある程度、注文できる事業所が限られてきます。

また、かなり以前のWindowsやMacパソコン、あるいはDAT(テープ式のアナログ媒体)などの、
一部のハードウェアの機器は、取り扱われていないサービスの業者もあります。

郵送の前には、事前に電話やネットでのお問い合わせにて、よくご確認ください。

大手のデータ復旧サービスセンターでしたら、サーバやNAS、レコーダーといった、
特殊で複雑な製品のストレージからファイルを救出してもらう作業も、依頼することができます。