MacBook AirでSSDが読み込めない時に復旧するには?

MacBook Airのノートパソコンで前に、Mac OS Xが突然正常に開かなくなってデスクトップ画面が操作できず、SSDに保存してあったデータも一時、読み込めなくなったことがありました。

そのような事態の際に、Macパソコンからデータ記憶装置にアクセスできなくなった場合には、どのようにすればファイルを取り出しできる?という疑問について。

電源とOSの起動の状態確認

まず、その時にはひとまず、一度電源のシステム起動終了をして閉じてから再度キーボード上の電源ボタンから起動した時にすぐ[Shiftキー」を押し続けてセーフブート(セーフモード)で立ち上げました。

最初の画面は一旦グレーの背景上にAppleマークが表示された状態で、そこからMac OS X Lionx10.7のデスクトップ画面を開いて復旧することが出来ました。

その後、ひとまずFinderに保存してあった大事なファイルを外付けのUSBメモリにコピーしてバックアップし直しました。

そして「システム環境設定」から[Time Machine/タイムマシン]を使って、障害が起こる前の状態で事前にバックアップしていたデータ分を引き出して、Mac OS Xを回復させます。

また、Launchpadの一覧にある「ディスクユーティリティ」の[First Aid]や[復元]の機能でMacintosh HDの状態を復旧する方法も使えます。

しかし、重度のシステムエラーやコンピューターウイルス感染などによりMac OS Xそのものにかなり深刻な破損が起こっていて起動できない場合、MacBook AirのSSDからデータを引き出すには少し手間がかかることもあります。

まず、MacBook Airは非常に軽量で厚みが薄い形状ですね。

そのため内部に搭載されている近年のデータの二次記憶装置はSATAやIDEの2.5インチハードディスクではなく、『SSD』(ソリッドステートドライブ/メモリディスク)になります。

SSD[Solid StateDrive]はHDDよりも小さい装置で値段も少し高額です。

最大容量も64GBや128GBや256GB、とまだ近年のハードディスクより低いですが、そのかわりに故障が少なく低電力で運用できるメリットが強みです。ですがちょっとした手間のかかりやすいこともあります。

MacBook Airの分解とSSD交換

内部のHDDやSSDの容量が埋まったり故障して読み込めなくなったために交換したい時に、普通のノートパソコンやデスクトップパソコンならケースのカバーを外して開ければ、自分自身でもわりと簡単に交換と復旧の作業ができます。

しかしアップル製品のMacBook Airの場合だと、SSDの製品に付属されている専用のプラスドライバーが必要になります。

本体裏面に見える10個のネジをすべて外して、カバーを開けます。

そして内部で固定されたネジやテープ、リボンケーブルを取り外して、コネクタからSSDを取り出して、新品に交換します。

(※MacBookにも対応された外付けSSDの製品を購入した時に マニュアルブックを参照にして、実践してみて下さい。)

更に注意として、アップルサポートや購入した店舗でのメーカー長期保証のサービスが受けられなくなる可能性があります。

Mac OS Xのシステム自体に深刻な損傷が発生していても、ハードディスクと同じく外付けでパソコンに読み込みをすれば、MacのFinderやWindowsのエクスプローラー/マイコンピューターから中身のフォルダやファイル自体は読み込みして開ける可能性が高いです。

しかし、Mac OS XではなくPCの本体自体が物理的に故障していた場合は、一度、SSDの取り出しが必要になってきます。

MacBookAirを自分自身で分解したり、専用の工具や代わりのSSDを買い揃えて自分で行ってみるのにあまり自信が無い時は、プロのMacパソコン受付対応のPC修理サービスやデータ復旧サービス業者に注文をして、作業の依頼をされてみることを推奨します。