故障したLinkStationを分解してデータ救出はできる?

BUFFALO(バッファロー)から発売されている、ネットワークアタッチストレージ(NAS)の、
「LinkStation」を日々運用している際に、ある時に製品が故障してしまい、
リンクステーションの内部に保存していたファイルが開けなくなったら、
ケースを空けて分解して簡単な修理をして、データの救出を行うことはできる?という疑問について。

LinkStationの製品の状態を確認するには?

まず、LinkStationの機種のサイズや構造によって、筐体のケースを空けて分解する作業の難しさが少し変わってきます。

冷却ファンにホコリが溜まって排熱が十分にできなくなり、機械が熱暴走を起こす場合は、
ファンの周りにネジが付いていて、本体のカバーごと外さなくても、
これをドライバーで取り外して掃除がしやすいように作られています。

冷却ファンの固定ネジを外したら、場合によっては接続コードも外して、
網の部分とプロペラ、とその周囲を、綿棒などを使って丁寧にホコリやごみを取り除きます。

ハードディスクドライブは、LinkStationのケースの蓋を開けることで簡単に取り外しができます。

なので、RAID機能を設定していてHDDのうちの一台が故障した時には、
別のHDDに交換をして、構成しているディスクアレイのリビルド(再構築)を行う機能で復旧することができます。

壊れたハードディスクドライブを抜いたまま電源を起動すると、故障するおそれがあるのでくれぐれもお控えください。

もし誤ってリビルドに失敗したり、RAID機能を使用していないLinkStationのHDDが壊れた時は、
NASに対応されている専門のデータ救出サービスに問い合わせて、
中身の読み込めないファイルを取り出す形で復旧してもらわれることを推奨します。




リンクステーションのパーツが破損して故障したら?

しかし、そのほかのパーツに故障や不具合が発生した時には、修理がまた難しくなっていきます。

冷却ファンなどのパーツが壊れた場合は、ジャンクショップにもし同じパーツが販売されていましたら、
そちらを交換して付け替えることで修理できる見込みがあります。

ですが、LinkStationの基板(コントローラーボード)といった重要な部品が故障した場合は、
同じ形状のパーツの入手が難しくなり、もし取得ができても、正常に認識できないことがあります。

LinkStationを分解して修理をするには?

例として、電源スイッチがめり込んでしまった場合は、ケースの内側から押し出して元に戻してみます。

その際、たとえば2ドライブ搭載型のLinkStationの場合は、ケースを固定しているネジが、
ドライブベイの内側に付いていたりと、外すには特殊なドライバーの工具が必要になります。

リンクステーションにハードディスクが正常に収納できない時は、ドライブケースの中で、
何かの異物や、破損したパーツの欠片が引っかかっていないかどうか、見直されてみてください。

また、TeraStationが起動しない時のデータ取り出しの手順については、こちらのページにて。

ステータスランプに表示されるエラーコードを確認

次に、NASの本体にある、ステータスランプ(status lamp)の点灯する具合によって、
どのような故障が発生しているかがある程度わかります。

トラブルが出た時に表示される、それぞれのインフォメーションメッセージについては、
LinkStationのエラーコードの一覧を参考までに。

電源とランプが付かない場合は、ACアダプターに外見上の問題があるかどうか確認して、
破損が見られたら本体から取り外して、新しいアダプターの取り寄せをされてみてください。

内部パーツのコントローラなどが故障している場合は、個人で分解して取り出しするのはあまりおすすめできず、
メーカーのサポートに問い合わせて修理に出されてみるのがやはり安全です。

開けなくなったNASからデータを救出するには?

しかし、故障しているLinkStationの内部のハードディスクドライブやRAIDのディスクアレイに、
まだバックアップしていなくて読み出しができなくなった大事なデータが残っている場合は、
修理サポートに出された時は、規約によりストレージに保存されたファイルやフォルダーは初期化されます。

そのため、先に、プロのデータ復旧サービスセンターに注文をして、
読み出しができなくなったリンクステーションのHDDにあるファイルの抽出をする、すなわち、
拡張子の取り出しをして、別の補助記憶装置に移し替えてもらう作業をしてもらわれることをおすすめします。