LinkStationの問題をWeb設定画面で修復するには?

BUFFALOより開発・販売されているNAS(ネットワークドライブ)製品のひとつである、
LinkStation(リンクステーション)を普段使用している際に、
エラーが発生したりデータが開けなくなった時には、どうすれば修復できる?という疑問について。

NAS NavigatorでWeb設定の画面を起動する

まず、バッファローのLinkStationやTeraStationを管理するためのソフトウェアである、
「NAS Navigator2」(ナス・ナビゲーター2)がインストールされているパソコンを立ち上げます。

WindowsのエクスプローラーやmacOS/Mac OS XのFinder、または「NAS Navigator2」を開いて、
ボリュームやフォルダーのアイコンに、何らかのエラーマークが表示されていないかを確認します。

専用のIPアドレスのWeb設定画面を開けるかどうかを確認します。

次に、IPアドレスの番号が変更されている場合があるので、ブラウザからウェブアドレスが繋がらない場合は、
もう一度「NAS Navigator2」からウェブ設定の画面を開き直します。




LinkStationの再起動や初期化を行ってみる

また、LinkStationの「再起動」をすることで一時的な不調が直る場合もあります。

ほかに、冷却ファンにホコリやゴミが溜まっていると過熱で停止しやすくなるため、
ネットワークドライブの本体を見て、ファンの通気口にホコリなどが溜まっていましたら除去します。

「初期化」の項目では、「LinkStationの初期化を実行」のボタンで、
リンクステーションの設定情報を購入時の状態に戻すことで、忘れてしまった設定などをリセットしたり、
エラーを修復することができます。

そして説明の通りに、個別のデータの方はそのまま残ります。

ファームウェアのアップデートを実行する

次に、LinkStationのウェブ設定の画面にログインできましたら、
不調が出た時の何かの通知メッセージが表示されているかどうかを確認します。

例として、NAS(ネットワークアタッチストレージ)にあるファームウェアのアップデートの通知が出ていましたら、
システム→メンテナンス→「ファームウェア アップデート」の項目で「アップデート実行」を押すと、
リンクステーションの更新が行われて問題も修復されます。

リンクステーションのエラーを修復するには?

次に、リンクステーションがウェブ設定の画面にアクセスできず、
EMモード(復旧モード)といった表示がされていてる場合に、
ハードディスクドライブに保存された、データファイルへのアクセスを復旧する方法について。

その際には、バッファローのホームページからLinkStationのファームウェア・アップデーターをパソコンに保存して、
プログラムをセットアップしてインターネットにアクセスしてから、アップデートすることもできます。

そしてウェブ設定の画面から、手順に沿ってネットワークを通して、NASのシステムの修復の措置を実践します。

また、TeraStationでファームウェアの更新に失敗した時は?という疑問については、こちらのページにて。

「ディスクフォーマット」でRAIDアレイを再構築する

もし、RAID(レイド)の構築が破損した時には、ディスクの項目にある、
「ディスクフォーマット」を行って、ディスクアレイの再構築を行って修復します。

しかし、リンクステーション自体の回路が故障したために開けなくなってしまった場合は、
一般の個人で直すのは難しくなります。

その際には、故障したリンクステーションを修理に出して直してもらうことを推奨します。

その際、内部にどうしても必要なデータが残っていてバックアップも取れていなかった、という場合は、
NASを取り扱われている専門のデータ復旧サービスに出して、リカバリーをしてもらわれることをおすすめします。