LinkStationの故障を修理するには?

「BUFFALO」(株式会社バッファロー)から開発・販売されています
LAN接続型ハードディスクであるNAS(ネットワークアタッチストレージ)の製品の一つ
LinkStation』(リンクステーション)をお使いの際に、ある日、急にエラーや故障が発生して
正常に使用できなくなったら、どうすれば修理ができる?という疑問について。

LinkStationの主な商品の一覧リスト

・BUFFALO:LinkStation LS-V1.0TLJ ネットワーク対応外付HDD 1TB
・バッファロー:LS420D0402 LinkStation [ネットワークHDD・有線LAN・USB2.0・4TB]
・Windows8.1対応ネットワークHDD [有線LAN・USB2.0・2TB]LinkStation LS210Dシリーズ LS210D0201
・外付けハードディスク LinkStation LS-QV2.0TL/R5 容量:2TB インターフェース:LAN
・外付けハードディスク LinkStation LS220D0602 容量:6TB

エラーのランプや音のサインを確認する

まず、リンクステーションの電源を入れた時に、「FUNCTION」などのランプが普段と違う点灯・点滅の仕方をしていたり、
「ピー、ピー、」とエラー音が鳴っていたら、それらのサインの様子から問題の原因を確認していきます。
(詳しくは取扱説明書のマニュアルやヘルプのサポートなどにて。)

お使いのパソコンを開いてエクスプローラーから[ネットワーク]を開いて(Windowsの場合)、
LinkStationの共有フォルダーなどが正常に開けなかったら、

パソコンにインストールした『NAS Navigator2』(ナス・ナビゲーター2)の管理ソフトウェアを
デスクトップかスタート画面のアイコンから開いてみます。

管理ページの機能で修復する

EMモード」と表示されていて「!」マークが付いていたり、ドライブの検出ができない場合は、
まず「更新」を押してみます。

WEB設定を開く」のページが開けるようでしたら、
IPアドレスの管理ページにウェブブラウザからアクセスしてログインします。

設定画面で「ディスク」のページでRAIDアレイの再構築を実行したり、
「初期化」の画面で再フォーマットを施す、といった作業をしてそれぞれの問題を修理します。

ファームウェアのアップデート

それでも正常にLinkStationが開けなかったり、またはNAS Navigatorでストレージが検出されず
WEB設定や割り当てフォルダーなどの画面にアクセスできない、という場合は、
ファームウェアなどのシステム面での故障が発生している可能性が考えられます。

これを修復するにはまず、リンクステーションのファームウェアをアップデートするために、
BUFFALOの公式ページから「アップデーターのソフトウェア」をインストールします。

パソコンにセットアップして、新しく作成された「ls series .exe」のフォルダーに入っている「LSUpdater」をクリックして起動します。

LinkStationのスキャンに成功したら『ファームウェア更新』というボタンを押すと、
EMモードなどのエラーが解消されて、もう一度アクセスできるようになります。

LinkStationに施した設定がおかしくなったり、忘れてしまった場合は、
FUNCTION]のボタンを押したまま電源ボタンをオンにすると、
リンクステーションの初期化が行われますので、もう一度設定を施します。

壊れた部品を交換する

ハードディスクドライブが物理障害などで故障してしまった場合は、
新しく3.5インチサイズでSATA方式のHDDを購入して、交換する必要があります。

また、ACアダプターが故障してしまった場合は、BUFFALOのお客様サポートの
添付品の購入のコーナーなどに問い合わせて、型番に対応した新品を購入します。

LinkStationの本体(カートリッジ)自体が物理的な衝撃や浸水、異物の混入、
過熱、過電流、経年劣化、ボードやコネクタの破損、などが原因で故障した時には、
BUFFALOのお客様サポートに問い合わせて、修理に出されてみてください。

※ハードディスクの内部のデータのバックアップが取れていなくて、
 そちらを初期化や新品交換の前に何とか救出したい、という際には、
 先に専門の[データ復旧サービス]に注文して、状態を見てもらわれてみてください。