テラステーションでエラーが発生した時にデータの読み込みを復旧

BUFFALOのNAS製品のひとつ『TeraStation』(テラステーション)を日々
パソコンなどの電子機器からネットワークを通してお使いの際に、

急にエラーの表示などが出てしまい、内部のフォルダーが開けなくなった時には、
どうすれば再びデータの読み込みをして復旧できる?という疑問について。

【主なTeraStationの製品の一覧】

・BUFFALO:テラステーション5400 ウイルスチェック機能搭載 16TB TS5400R1604V5
・BUFFALO:テラステーション WSS 2012 R2 Standard Edition搭載 NAS 16TB WS5400DN1604S2
・BUFFALO:TeraStation Pro 6 18TB NAS
・BUFFALO:TeraStation WSS ネットワーク対応HDD WSS 2ドライブ 4TB WS5200D0402WR2
・BUFFALO:テラステーション WSS 2012 R2 Standard Edition搭載 NAS 8TB WS5400DN0804S2

まず、TeraStationの本体にある表示モニターに何かエラーの表示が映っていたり、
ランプの色が普段と違う形に点灯していたりしないかどうかを確認してみます。

テラステーションの製品には取扱説明書が添付されていないため、
バッファローのホームページから保存したマニュアルをパソコンで開きます。

『ユーザーマニュアル』の「PDF」か「HTML」のファイルに記載されています
「エラー表示、警告表示」や「状態表示」、「通常表示」の項目を参考に、
どのように英数字の文が表示されているかを確認して、各対処方法をチェックします。

テラステーションの本体を涼しい場所や電波に影響のない位置に移動させたり、
ファンに溜まった異物の除去、ネットワークへの接続のやり直しなどを行ってみます。





その他の例として、エクスプローラーの「コンピューター」の画面で最初に開いた時に、
赤い×マークが「Share」などの共有フォルダーで出ている事があります。

ですが、ネットワークに接続できていて、特に何もエラー表示がされていない時でも
最初に開いた時にはたまに×マークで表示されている事もあります。

試しにフォルダーにアクセスすると正常にデータが開ける事も多く、
もう一度「コンピューター」に戻ってみるとグリーンの表示に直ります。

NAS Navigator」(ナス・ナビゲーター)を開いた時にメニューに何も出ていなかったり、
テラステーションのアイコンに何かのマークが出ている時には、「更新」をしてみます。

また、新しくファームウェアのリリースが通知されていましたら、手順に従って
WEB設定画面にアクセスして、ファームウェアのアップデートを行うと、
不具合などが修正されて、エラーが直る見込みもあります。

「EMモード」(復旧モード)などのエラーが起きていてWEB設定画面にアクセスできず、
フォルダーも展開できず保存されたデータが読み込みできない、という場合は、
バッファローのホームページからお使いのTeraStationに対応されています
「ファームウェア・アップデーター」のプログラムをパソコンにインストールします。

これで、テラステーションをアップデートすると、ファームウェアの復旧ができます。

パソコンでNASのHDDを読み出し

もしどの手段を取ってもエラーが直らず、ファームウェアの重度の破損や
製品の物理的な故障といった問題が起きていそうな場合でも、
まだ一般個人として中身のデータを読み込み直す形で復旧する方法もあります。

ひとまずNASの電源を止めて、蓋の鍵を空けてドライブケースからハードディスクを一台、取り出します。

このハードディスクをデスクトップパソコンに一時的に増設するか、
外付けHDDケース、またはUSB変換ユニットに差し込み、USB接続をして読み込みます。

対応フォーマットがXFSという、WindowsやMac OS Xと異なるバージョンのため
そのままではエクスプローラーやマイファイルなどの画面では開けません。

そこで『復旧天使』などのNASのフォーマットに対応されたデータ復元ソフトを購入します。

パソコンにインストールして開き、「SGI XFS」のストレージを開くと、
内部のフォルダーとそれぞれのファイルが表示されて、バックアップによる復旧ができます。

またはプロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせをして、
問題の起きたネットワークアタッチストレージの内部のファイルを
取り出ししてもらうサルベージの作業と診断の注文をされてみることもおすすめします。