スマートフォンの画面ロック機能によるデータ保護とは?

Sony EricssonのXperia(エクスペリア)やAppleのiPhone(アイフォン)といった
多機能型携帯電話:スマートフォンは、ノートパソコンの小型版といえる
位に数多くの便利な機能を使用できて、大変便利で人気があります。

様々なツールを手軽に使えて、カメラ機能やメール、インターネット接続、
ソフトウェアのインストール、ファイルの送受信といったことが
可能で使い道が多い一方、電話帳や個人情報、また家族・知人の氏名や
メルアド、住所なども記載するため、やはりプライバシー的な問題も浮上しがちです。

アクシデントに遭ってしまう可能性としてのデータ保護の対策の方法に、
スマートフォンを開く時のメイン画面にパスワードやPINでロックをかけて、
自分以外は中身の閲覧ができないようにセキュリティをかけることもできます。




パスワード設定

まずは基本として、Windowsパソコンのユーザーアカウント認証と同じように、
画面を開く時にパスワード入力の手順を追加する設定が防犯対策として使えます。

スマートフォンのOSや種類によって設定方法は異なるのですが、たとえば
DocomoのXperia acro・arcの場合は、まず右下ボタンを押して「設定」をタップし、
鍵マークの「現在情報とセキュリティ」をタップ。

画面ロックの設定⇒パスワードの画面で、半角英数字のパスワードを2回入力してOKを押します。

これで設定が完了しますので、一度電源キーを押してスリープモードにしてもう一度電源キーを押し、
ロックをスライドして、ロック解除のためのパスワードの入力画面が表示されて、そこでパスワードを
入力してから画面が開けるかどうか確認します。英数字の番号は忘れないようにメモしましょう。

スマートフォンによってはパスワードのほかに、SIMカードロック設定でPINコードの入力を
設定したり、指の軌跡を線で表示するパターンロックを設定することもできます。

ロックを無効にするには、画面ロック設定をもう一度開き、「なし」をタップして無効にします。

画面を開くたびにパスワードやパターンを入力するのもわりと面倒なため、
自宅など安全な所で頻繁に頻繁に使う場合は解除しておいて
外出したり長時間使わない時にロックをかけるようにすると良いでしょう。

もしもスマートフォンを紛失してしまった場合はすぐに契約している電話会社の
インフォメーションセンターに電話して回線を一時的に休止してもらいましょう。