海外のホテルでインターネットを利用する時に必要なことは?

日本から、ノートパソコンやスマートフォンを持って飛行機や船舶を使って、
海外の国々にスポーツ、転勤、出張、ロングステイなどで渡航して、
現地で宿泊するホテルやコンドミニアムで、インターネットを利用する予定の時に、
出発の前に確認しておく必要な注意点はどういったもの?という疑問について。

海外の滞在先にノートパソコンを持っていく場合は?

まずは、海外の滞在先のホテルでインターネットを使う際に持参が必要な物は、
ノートPC本体、電源アダプター・コード、マウス、変圧器、変換プラグ、
また、Wi-Fiがない宿泊先によってはLANケーブル、などです。

上記のうち、アメリカ合衆国など電源コンセントの形が日本とほぼ同じ国は、
変換プラグを持っていかなくても大丈夫な地域もあります。

またLANケーブルも、ホテルのルームに用意されているなら持参の必要はありません。

スーツケースや鞄に入れて持ち運ぶ時に、途中で受けやすい物理的なダメージから守るため、
必ず衝撃を吸収するカバーやビジネスバッグに入れて持ち運びましょう。

もし何か不具合が出ても、まだ適切な処置をするか専門のサポートで復旧ができる見込みがあります。




宿泊先でのインターネットサービスの有無を確認するには?

次に、日本国内から専門の会社の経由や個人の申し込みでホテルの予約をする時に、
宿泊する予定のリゾートホテルやコンドミニアムに、
インターネットの接続環境がサービスとして用意されているかどうかを確認してください。

サービス店の窓口でもらえるパンフレットや説明書、ホームページで、
インターネットサービスの、アイコンに有りのマークが付いているかどうかで判別ができます。

ほか、ファイアウォールを有効無効に設定してネットを見る方法については、こちらのページにて。

一方で、ネットワークも国や宿泊地によって様々な使用の仕方があります。

ネットワークの接続でチェックするポイントとは?

次に、ネットワークへの接続には以下のようなポイントをチェックしてください。

・ホテルの各室内に、LANケーブル(有線)での接続環境があるかどうか。

・無線LANカードのみで使える、ワイヤレスのサービスであるか。

・ネットワーク接続は、滞在費と別に料金がかかる有料のサービスか。

・有料の場合、何百MB、または何時間、何日おきにいくらかかるサービスか。

・各部屋にはなく、フロントにおいてあるパソコン機材のみでのサービスか。

このように様々なパターンがありますので、現地に実際に行ったら何らかの理由で、
自分の持参したノートPCでは使えない、というトラブルがないように、
なるべく予約の確認の時に、ネット接続について確認をしておかれることを推奨します。

また、ロビーでのアクセスでもWi-Fi(ワイファイ)のみのサービスである場合もあります。

ほか、ホテルのロビーでインターネットを使うには?という疑問については、こちらのページにて。

一方で、もし現地に持参をしたノートパソコンが衝撃や水濡れで故障してしまい、
修理のサポートに出す前に、内部のファイルを取り出ししておきたい、という時には、
デジタルデータリカバリー様といったプロのデータ復活のサービスで、
PC本体またはストレージからの救出をもらわれることも推奨します。



デジタルデータリカバリー

サポートの充実さや国によるページの表示の違いとは?

次に、渡航する国のホテルのランクやサービスの事情によって、
インターネットの速度も、大分違ってくる場合が多いです。

そのため、現地で長く滞在して多い回数でネットワークをルーム内で使う予定であれば、
高速回線のサービスを導入されているホテルに変更するのも選択肢の一つです。

使用する場所が海外でも、日本で買った日本語がインストールされているノートパソコンなら、
普通に国内で使う時とほぼ同じようにインターネットが使用できます。

一部の海外提供のウェブサイトにアクセスすると、英語版やその国の専用ページが、
先に表示される所もあるため、アドレスの語尾に「jp」とあるURLを探すなどして、
普段使用している日本語版ページをチェックしてみてください。

ほか例として、海外携帯比較ナビ 様での、海外でノートPC/パソコンWi-Fi接続ガイド の解説も参考までに。

※一部のサイトではフィルターがかかっていたり、また国外であるため、
 配信サービス提供の地域外であったりして、閲覧できないページが何箇所か出てくることも多いです。

スマートフォンやタブレット端末でネットに接続するには?

次に、ガラケーの携帯電話やスマートフォン、タブレット端末でも、
海外でローミングできるサービスを使って、インターネットに接続ができます。

まず、ネットサービスの対象事業者をそのエリアの場所に変更して、電波が繋がる場所なら、
どこでもインターネットを利用することも、数多くの地域で可能です。

その場合、海外利用のための専用のアプリケーションをインストールして、
事業者の設定をその国のところに当てはめるなど、設定を変更する必要もあります。

海外専用のサービスプランが用意されていても、使っていると一日に、
1000円、2000円~とかなり料金がかかっていくため、使いすぎにご注意ください。

また、ノートパソコンや、Androidのスマートフォン・スレートPCともに必ず、
コンピューターウィルスの発見・駆除のアプリケーションソフトをインストールして、
常時コンピューターウイルスやスパイウェア侵入の巡回をする設定を行いましょう。

渡航の前にトラブル解決の方法をチェックしておくと、現地でもスムーズに対処ができます。

もしSSDやHDD、メモリーカードに保存されている重要なファイルが破損した時は、
専門業者のデータ復旧のサービスセンターで、修復をしてもらわれることをおすすめします。