海外のホテルでインターネットを利用する時に必要なことは?

日本からノートパソコンやスマートフォンを持って飛行機や船舶を使い
海外の国々にスポーツ、転勤、出張、ロングステイなどで渡航し、
現地で宿泊するホテルやコンドミニアムでインターネットを利用する予定の時、
出発の前にいくつか確認しておく必要がある注意点もあります。

ノートパソコンを持っていく場合

まずは海外の滞在先ホテルでネットを使う際に持参が必要な物は、
ノートPC本体、電源アダプター・コード、マウス、変圧器、変換プラグ、LANケーブルなどです。

上記のうち、アメリカ合衆国など電源コンセントの形が日本とほぼ同じ国は
変換プラグを持っていかなくても大丈夫な地域もあります。
またLANケーブルもホテルのルームに用意されているなら持参の必要はありません。

スーツケースや鞄に入れて持ち運ぶの時にかかるダメージから守るため、
必ず衝撃を吸収するカバーやビジネスバッグに入れて持ち運びましょう。




宿泊先でのインターネットサービスの有無を確認

次に、日本国内から専門の会社の経由や個人の申し込みでホテルの予約をする時、
宿泊する予定のリゾートホテルやコンドミニアムにインターネットの接続環境が
サービスとして用意されているかどうかを必ず確認しましょう。

サービス店の窓口でもらえるパンフレットや説明書に、インターネットサービスの
アイコンに有りのマークが付いているかどうかでも判別できます。
しかし、ネットが使えるといっても国や宿泊地によって様々な使用方法があります。

ネットワーク環境のチェックポイント

・ホテルの各室内にLANケーブル(有線)での接続環境があるかどうか。
・無線LANカードがないと使えない、ワイヤレスのサービスであるか。
・そこでのネット接続は別に料金がかかる有料のサービスか。
・有料の場合、何百MB、または何時間、何日おきにいくらかかるサービスか。
・各部屋にはなく、フロントにおいてあるパソコン機材のみでのサービスか。

このように、、様々なパターンがありますので、現地に実際に行ったら何らかの理由で
自分の持参したノートPCでは使えない、というトラブルがないように、
なるべく予約の確認の時にネット環境について細かく訊いておかれることを推奨します。

サポートの充実さの比較

渡航する国のホテルのランクやサービス事情によって、インターネットの速度も
大分違ってくる場合が多いため、現地で長く滞在して多い回数で使う予定であれば
高速回線のサービスを導入されているホテルに変更するのも選択肢の一つです。

使用する場所が海外でも、日本で買った日本語がインストールされている
ノートパソコンなら普通に国内で使う時とほぼ同じようにネットが使えます。

しかし、一部の海外提供のウェブサイトにアクセスすると英語版やその国の
専用ページが先に表示される所もあるため、アドレスの語尾に「jp」とある
URLを探すなどして、普段使用している日本語版ページをチェックしてみてください。

※一部のサイトではフィルターがかかっていたり、国外であるため配信サービス提供の
地域外であったりして閲覧できないページが何箇所か出てくることも多いです。

ケータイでネットに接続

携帯電話やスマートフォンでも、海外でローミングできるサービスを使い
ネットサービスの対象事業者をそのエリアの場所に変更し、電波が繋がる場所なら
どこででもインターネットを利用することも、数多くの地域で可能です。

その場合、海外利用のための専用アプリケーションをインストールして
事業者の設定をその国のところに当てはめるなど、設定を変更する必要もあります。

海外専用のサービスプランが用意されていても、使っていると一日に
1000円、2000円~とかなり料金がかかっていくため、使いすぎにご注意ください。

また、ノートパソコン、スマートフォンともに必ず、コンピューターウィルスの
発見・駆除のアプリケーションソフトをインストールして、
常時コンピューターウイルスやスパイウェア侵入の巡回をする設定を行いましょう。