外付けHDDのフォルダ暗号化によるロック

USB外付けHDDは外部接続型のポータブルハードディスクドライブで、
データを保存できる最大容量も内蔵型のタイプと同じくらいあります。

USB-HDD

用途としては主にパソコンやサーバ、デジタルカメラなどにある大事なファイルをバックアップしたり、
または別のコンピューターにUSBケーブルを通じて移行したり、外に持ち運ぶのに使います。

メーカー製品の参照

・BUFFALO(バッファロー):USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB
  HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージFFP]
・BUFFALO:ドライブステーション外付けハードディスク 1.0TB HD-LB1.0TU2
・I-O DATA(アイ・オー・データ): 東芝レグザ対応 USB 2.0/1.1接続
  外付型ハードディスク 2TB HDC-EU2.0K
・LaCie(ラシー): 3.5インチ 外付ハードディスク 1TB LCH-DB1TU
・Transcend(トランセンド・ジャパン):ポータブルHDD StoreJet 2.5
  Mobile SATA500GB TS500GSJ25M
・Silicon Power(シリコンパワー):USB2.0/1.1対応 耐衝撃 Armor A50
 ポータブルHDD 320GB Gold SP320GBPHDA50S2G
・PLANEX(プラネックス):高速USB3.0 残量メーター対応 3.5インチ
 外付けハードディスク 2TB (REGZAレグザ/Torneトルネ) PL-35STU3-2RZ

しかしOSのアカウントごとにパスワードを組んでユーザー本人しか開けないように
設定できるパソコン本体と違って、外付けHDDは
そのままの状態だと、誰でもどのPCでも開けて中身を閲覧できてしまいます。

なので、特に重要なデータを保存してある場合はセキュリティを強化するために
USBフラッシュメモリと同じく、中身のファイルやフォルダを暗号化/複合化して
設定した所有者本人にのみ開けるようにする事をおすすめします。





まず、お手持ちのUSB外付けハードディスクに製品の付属オプションとして
便利機能が使えるソフトウェアが同梱されているかどうかをお確かめください。

たとえばBUFFALO[バッファロー]のHD-EB1.0TU2といった製品でしたら、
システムバックアップソフトや総合セキュリティソフトウェア、データ復元診断ツール、
簡単設定ソフトウェア(ドライブナビゲーター)、データ暗号化ソフトウェア[セキュアロックプラスガード]。

と、このように情報漏洩保護に関する便利なソフトが1枚のディスクに
セットで付いていて、大変役立ちます。

外付けドライブケースと交換用のHDDを別々に買っていて、暗号化ソフトが
付いていなかった場合は、PCショップなどで入手してください。

主なソフトウェア

・USB暗号化マスター4 Win/CD(フロントライン)
・アイアンセキュリティ ファイル暗号化3 Win/CD(シルバースタージャパン)
・LBメディアロック3 Win/CD (ライフボート) など。

お使いのパソコンに暗号化ソフトをインストールして、
USBポートに接続した外付けハードディスクまたはRAIDなどに暗号化されたフォルダを作ります。

そして暗号化領域の中にファイルを保存する事でロックをかけて、
パスワードで保護されますので社内で使う時や持ち運ぶ時も安全度が高まります。

ただ、暗号化されたフォルダを作りすぎると空き容量が圧迫されて事もありますので
お使いのデータ記憶装置の最大容量に合った分だけ作成してロックすることもおすすめします。



『「外付けHDD」のカテゴリーの前後のページ』

«

»