Macintoshのパソコンからデータ復旧をするには?

Apple社によって開発、普及、販売が行われている、Macintoshのパソコンに保存していたファイルを、
間違えて削除してしまったり、故障によりオペレーティングシステムが読み込めなくなったら、
どうすればHDDやSSDから失ったデータを復旧することができる?という疑問について。

Macintoshのパソコンのゴミ箱から復元する方法とは?

まず、Macパソコンのデスクトップの画面にある、Duckの左側に位置するアイコンの、
「Finder」(ファインダー)を開くか、ハードディスクドライブのアイコンの、
「マイファイル」を開いてみると、ボリュームに保存されているデータの拡張子が表示されます。

もしMacintoshパソコンの中身の、ハードディスクやSSDに保存しているファイルを誤って削除してしまった場合は、
まず通常では、デスクトップの画面の下にあるDuckの右側の「ゴミ箱」のフォルダーに移動されています。

ゴミ箱のアイコンを開いてみて、そちらにファイルが移行されていれば、
そちらを選択して「元に戻す」の指示をして、元のディレクトリの位置に戻す形で復旧することができます。

ですが、ゴミ箱から必要なファイルを消去してしまっていて、
またすでにかなり時間が経っている時は、プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、
Macintoshのパソコンを提出して、検査とリカバリーの措置をしてもらわれることをお薦めします。




外付けのデータ記憶装置のファイルの復旧もできる?

また、マッキントッシュのPCに内蔵されたデータストレージ(Macintosh HD)だけでなく、
外付けハードディスクやUSBメモリ、SDメモリーカードなどの外部のデータ記憶装置を、
USBケーブルで接続してFinderから開いている時に、必要なファイルを消去した際も同じです。

パソコンにインストールされているmacOSでは、
同様にゴミ箱のフォルダーにデータが移行していますので、後でのファイルの復旧ができます。

Time Machineのセッティングによるデータの保存とは?

次に、macOSには標準の機能として、Duckから入るユーティリティウィンドウの欄に、
『Time Machine』(タイムマシン)というデータのバックアップの機能が設置されています。

外付けハードディスクやRAIDなどをUSB接続してから、Time Machineをセッティングしておくと、
定期的にMacのパソコンのデータの、自動的なバックアップが行われます。

これで、いざという時にバックアップされた分のデータをいつでも復元させることができます。

また例として、オントラック 様での、Appleのデータ復旧の解説も参考までに。

市販のデータフルバックアップソフトやシステム管理のサービスも、
コンピューターの定期的な差分更新での保存ができて大変役立ちます。




iCloud Driveでの自動バックアップ設定とは?

次に、Apple製のコンピューターを購入した時に、Appleのアカウントを取得する際、
オンラインストレージサービスの「iCloud Drive」(アイクラウド・ドライブ)に登録しておくと、
特定のフォルダーにあるデータが定期的に、iCloudのデータベースにバックアップされていきます。

Macintosh(マッキントッシュ)のパソコンだけでなく、iPadやiPhoneでもアカウントの登録と同期により、
メールや画像ファイルといった、特定の機能で使用するデータの自動バックアップが可能です。

もし必要なファイルを誤って消去したり、Macintoshパソコンの再セットアップ(リセット)で、
フォーマットしてしまった場合に、対象のフォルダーの中にあったファイルのみ、
後でネットワーク上から引き出す形で、データの復旧ができます。

また、パソコンの液晶画面が壊れた時にデータを救出するには?という疑問については、こちらのページにて。

たとえばMacBookの液晶モニターが破損しただけでしたら、まだデスクトップPC用のモニターを、
Mac対応のディスプレイケーブルで接続して、画面を開いてデータをサルベージすることもできます。

また、プロのデータ復旧サービスセンターにパソコンを提出して、ファイルの取り出しをしてもらうこともできます。




データレスキューのソフトで消えたファイルを復元する手法とは?

また、Mac対応のデータ復旧ソフトウェアでユーザーに親しまれている製品の一つに、
アイギーク社のMacパソコン用のデータ復旧ソフトである、『データレスキュー』(DataRescue)などがあります。

こちらを事前に購入してインストールしておくか、別のパソコンにセットアップして、
データが消えた方のパソコンのHDDやSSDを取り出して、増設か外付けで読み込みします。

そしてディスクのドライブスキャンを掛けて、消えたファイルを、
まだ残留している拡張子の痕跡から読み出して、データの復元を試みることもできます。

マッキントッシュのPCに対応されたデータ復旧サービスに注文

次に、MacはWindows(ウィンドウズ)に比べるとシェアの面で劣るものの、グラフィックデザインや映像、音楽、
編集、教育といった分野では広く普及しており、以前からのユーザーにも親しまれて使われています。

また、OS(オーエスとはOperating System/オペレーティングシステムの略)の面でも、
優れた開発・提供のサポートや、データの保護機能の設備が進んでいます。

Macの需要率は、やはり最も普及しているWindowsのパソコンに比べると下がるため、
対応されているアプリケーションソフトやサービスの数も、まだ企業や店舗によっては少ない場合があります。

故障などのトラブルでPC本体が破損してしまった、または削除したデータを修復したい、という際には、
オンラインや郵送に対応された、プロのデータ復旧サービスにて依頼をされてみることをおすすめします。

現在では、Apple社のコンピューター製品の普及に伴って、
MacのOSのパソコンに対応されている専門のデータ復旧センターが、数多く出てきています。