MacのOSのパソコンの速度が遅くなった時に修復するには?

Macintoshパソコンを使ううちにだんだんマシンのスピードが遅くなってきたら、
アプリケーションソフトやファイルがコンピューターの中に増えてきたために
メモリやCPU、またはHDDやSSDの使用量が圧迫されている可能性もあります。

MacBook AirやiMac、Mac mini、Mac Proなどのパソコンを長く使っていくと
やはりWindowsと同じく少しずつユーティリティーのインストール数が多くなり、
その分、常駐ソフトが増えてメモリやCPUの処理能力に負担を掛けやすくなりますね。

特に搭載されているメモリの総合の容量が1TB以下のパソコンだと、
近年の容量を使う、重いユーティリティーによって速度が遅くなりやすいです。

また、内蔵のハードディスク(Macintosh HD)の最大容量をほぼ一杯に
ファイルやアプリケーションで埋めたまま使用していると、
セクタの断片化などが起こりやすく読み込み速度が遅くなりがちです。

ハードディスクより速いSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)は高速で読み込みや書き込みが
行われる反面、最大容量がまだ80GB、120GB、240GB~と、今の1TB~4TB以上の
HDDに比べて少なく、空き容量がすぐに一杯に埋まりやすいので日々の注意も大切です。

他にもCPUやマザーボード、グラフィックカードやインターフェースカードなどの
パーツの性能次第でパソコンの速度は用途によって大きく変わりやすいですね。

しかし、前は速く動いていたのに最近になってMac OS Xのパソコンが遅くなってきた、
と感じた時は、一度現在のシステムや容量の状態をチェックしてみてください。




(こちらの一例ではMac OS X Lion v10.7の場合のチェックと修復の手順について解説いたします。)

まず、CPUやシステムメモリの状況のチェックの仕方について。

Macパソコンの電源を起動して最初に、「Finder」を開いて左側メニューの「アプリケーション」を開きます。

「ユーティリティ」のフォルダーを開いて「アクティビティモニタ」のアイコンをクリックします。

「CPU」「システムメモリ」「ディスクの動作」「ディスクの空き」「ネットワーク」
というタブの並んだアクティビティモニタの画面が表示されます。

このウィンドウの一覧表にはそのアカウントのユーザーが現在開いている各アプリケーションによって
CPUの使用率やメモリの使用している容量の割合を調べることができます。

アイコンが出ている項目は今ウィンドウを起動中のプロセスで、
「CPU」の欄には使用量のパーセンテージの数値が表示されています。

「実メモリ」の欄はそれぞれのツールで使っている数値(MB)が出ています。

「CPU」のタブに合わせると、%としてシステムで使っている分と待機状態の分の割合が表示されます。

「システムメモリ」のタブでは、現在使用中の容量や固定中、確保中、
現在非使用中、空き容量、といった割合が確認できます。

「ディスクの空き」のタブでは、搭載しているメインのハードディスク(またはSSD)の
使用領域と空き領域の割合を確認できます。
(デスクトップ画面に配置した「Macintosh HD」のアイコンを右クリックして、
「情報を見る」のメニューを開いて確認する方法でも見れます。)

「ネットワーク」のタブでは、インターネットのデータ送信と受信の毎秒ごとの容量をチェックできます。

アクティビティモニタのこれらの一覧表示でどのアプリケーションに
どのくらいの使用量が費やされているかを一通りチェックしてみましょう。

そのあと、特に必要がなくこの先使わなさそうな重いソフトウェアがあれば、
無効にしたり削除してメモリやCPUの負担を減らしていくと次第に軽くなり修復していけます。

MacのOSでソフトウェアをアンインストールしたい時には、Finderから「アプリケーション」を開いて、
対象のソフトのアイコンをマウスかタッチパッドで「ゴミ箱」に移動すればOKです。

(※初期状態で入ってるソフトウェアのほとんどは基本的に消去しにくいので
 新しくインストールしたツールの中から選んで削除していきます。)

また、必要のないファイルも順に削除したり、TimeMachine(タイムマシン)などを使って
バックアップを取ってからまとめてマイファイルのデータを削除していくと空き容量も元に戻っていきます。

またはパソコンを再起動してから「ディスクユーティリティ」を開いて、Mac OS Xを丸ごとまとめて
初期化してきれいにしてから再インストールして使い直す手順を取ってみると遅さも一気に解消されます。

もしMacパソコンを軽くする作業が難しければ、Appleのサポートや私設のパソコン修理店に問い合わせて
修復作業の代行を注文されてみてください。