Macパソコンのデータファイルが表示されない時の復元方法

AppleのmacOSのオペレーティングシステムがインストールされたパソコンを、日々使用されている際に、
ファイルマネージャーのFinderなどを展開して、そちらにあるはずのファイルが表示されない状態で、
データが開けない時には、どのようにすれば消えた拡張子を復元することができる?という疑問について。

Finderにあるはずのファイルが表示されない状態とは?

まず、MacパソコンのFinder(ファインダー)にあるはずのファイルが表示されない状態について。

ひとまずは基本としまして、もし外部から接続されている外付けハードディスクやUSBメモリを、
いつの間にか取り外していたりUSBケーブルが抜けていたら、
最近で開いたファイルの一覧の画面で、一部のデータの表示が消えてしまいます。

または、USBポートにほかのリムーバブルデバイスを接続していると、
ドライブ装置のボリュームのアイコンの順番が変わって、
同じく最近で展開をしたデータの一覧から、そのストレージにあるファイルの表示が消えることがあります。

また、内蔵のハードディスクドライブやSSD、外部のメモリーカードなどに保存されているファイルを、
間違えてディレクトリから削除していた時は、デスクトップにあるゴミ箱フォルダーの方に、
一度データが移動されていて、そちらから必要なファイルを選択して元に戻すこともできます。

ゴミ箱に移行せずに直接消去したファイルがあって、結構な時間が経ってしまった時には、
Macパソコンに対応されたプロのデータリカバリーサービスに注文して、復元をしてもらわれることを推奨します。




Time Machineのバックアップからデータを復元

次に、macOSにはデフォルトで搭載されている「Time Machine」(タイムマシン)という機能があります。

外付けハードディスクドライブやRAIDケースなどを買って、データのバックアップをするTime Machineを、
事前にセットしておくことで、定期的に自動で特定のフォルダーのデータが保存されて、
いつでも失った大事なファイルをそちらのボリュームから引き戻して、復旧させることができます。

また例として、Macでファイルが見つからない場合の解説も参考までに。

ほかに、Macintoshパソコンでは自動マウントの機能が付いています。

DVD-Rや、USBメモリなど、外部のデータ記憶装置をPC本体に接続すると自動的に認識されて、
デスクトップにアイコンが表示されますので、外付けHDDやSDメモリーカードも、
OSのディレクトリがコンピューターウイルスなどで壊れていなければ、普通はすぐに認識ができます。

データ復元ソフトウェアを起動して回復する手法とは?

次に、間違ってMacintosh(マッキントッシュ)のパソコンで、誤ったデータの削除や初期化をしてしまい、
必要なファイルが消えてしまい、バックアップを取っていなかった場合に、復元をする手法について。

まず、たとえばアイギーク社の「データレスキュー」といったデータ復元ソフトウェアを購入するか、
その体験版のプログラムを入手します。

そちらのソフトウェアをパソコンにインストール・セットアップするか、ブート機能で起動します。

ドライブスキャンを実行してから、消えていて表示されなくなった必要なデータが検出できたら、
(体験版を開いていた場合は製品版を購入して)修復の機能を使って、拡張子を復活させてみてください。

MacintoshとWindowsのプログラムは内容が大きく異なり、現状としてウィンドウズに比べて、
Macのソフトウェアの本数はまだまだ少ないのですが、電気店やPCショップなどで、
データレスキューといった、マッキントッシュで使える専用の製品も販売されています。

また、Macパソコンでファイルが見つからない時の探し方については、こちらのページにて。

あるいは、iCloud Drive(アイクラウド・ドライブ)といったクラウドストレージを事前に設定していれば、
そちらのディレクトリにアクセスして、自動で送信されて保存されているデータを復旧することもできます。

AppleのMacintosh(マッキントッシュ)のコンピューターとは?

次に、Macintosh(マッキントッシュ)とは、アメリカ合衆国の企業のApple社により開発された、
macOS(Mac OS X)を搭載したパーソナルコンピューター、またはオペレーティングシステムの総称です。

またマッキントッシュは、最近ではMacと呼ばれています。

※混同されやすい単語の「MAC」は、
 Message Authentication Code(メッセージ・オーセンティケーション・コード)の略称で、
 秘密上でのデータを交信するための、メッセージ認証コードのことを指します。

また、Mac ProやMac mini、ノートパソコンのMacBook ProとMacBook Air、iBook、
モニタ一体型のiMacなど、様々なバリエーションの製品も登場しています。

macOS(Mac OS X)に対応されているデータ復旧やパソコン修理のサービスは、
対応されたプログラムやマニュアルが、Windows(ウィンドウズ)と比べてまだ少なく、
またパーツの解体(分離)がやや難しいため、個人ではなかなか修復がうまくいかない点もあります。

内蔵されたハードディスクドライブが故障していた時は?

もし、ハードディスクが物理的に故障していたり、
ストレージの中身を何度も別のデータファイルで上書き保存していると、
以前に誤った操作のトラブルが起きて、消去されていた拡張子の修復が難しくなっていきます。

また、PCの本体自体が故障して、ストレージにあるはずのファイルが開けなくなった場合には、
そのままでは、データへのアクセス(パソコンのウィンドウでの表示)もできなくなります。

そんな時のために、アプリケーションソフトウェアからの修復にも対応されている、
プロのデータ復旧サービスを行っている事業も数多くあります。



デジタルデータリカバリー

Macパソコンに対応されたデータ復旧サービスセンターに注文する

次に、Macintoshのコンピューターからのデータ復旧は、場合によっては専門事業でも難しい場合も多く、
復旧率がやや低い傾向や、費用が高い、といったケースもあります。

※Appleの製品であるマッキントッシュのパソコンは、MacBook・iMac・Mac miniなど、
 数多く存在しているため、それぞれの製品の修復の方法や復元サービス店舗などについての詳細は、
 当ウェブサイトの、各項目のページに記載しています。

Macのコンピューターの需要の拡大とともに日々着実に、復旧の技術やサービスの優良度は発達していますので、
この先さらに、Macintoshにデータのサルベージ関連のトラブル対応のサービスも充実していくと思われます。

Macintoshのパソコンに万全に対応されているデータリカバリーサービスの事業は、
ユーザー数の多いWindowsのパソコンに比べてまだやはり少なめなのですが、
実績と信頼に基づき、Mac専門チームを結成されていて、
高い技術力でファイルの復元に対応されている、データ復旧センターも数多くあります。