Macintoshパソコン用のデータ復元ソフトのプログラムとは?

AppleのMacintosh(マッキントッシュ)のパソコン用に開発された、
失ったデータを復元するためのアプリケーションソフトウェア(Application software)といった、
プログラムのツールを使用する際の手順やその特徴には、どういったものがある?という疑問について。

Macintoshのパソコンに対応されたソフトウェアとは?

まず、Apple Incのマックのパソコンに対応されているソフトウェアは、
まだWindowsに比べると少ない、という話題を聞いたことのある方も多いと思われます。

大手のIT企業により生産・開発されているソフトウェアでしたら、
macOS用のバージョンのデータ復元ソフトの製品も、発売されています。

ですが、多くの製品はまだMacパソコンのハードディスクまたはSSDにインストールされた、
オペレーティングシステム向けには、進出されていないというのが現状です。

これは現在、Macの普及率がやはりWindowsに比べると大きく下がるための、
市場のスケールによるデメリットとも言えるのですが、しかしMacユーザーの方にとっては、
専門的な用途を目的とする以外でしたらそれほど困ることではない、という点もあります。

また、専門のデータ復旧サービスの多くは、Macintoshパソコンにも対応されていて、
内部のストレージからのデータの復元の措置を行ってもらうこともできます。




マッキントッシュ用のデータ復元ソフトとは?

次に、Mac ProやiMac、またMacBook Pro/AirやMac miniなどのパソコンの製品のシリーズをはじめ、
AppleのMacintoshのコンピューターに搭載されているオペレーティングシステムである、
macOS(Mac OS X)』専用のデータ復元のユーティリティーも、
MicrosoftのOSであるWindowsのシリーズ用のものに比べてずっと少ない、という点があります。

ですが、macOS(Mac OS X)のPCには、独自の優秀なソフトウェアやシステムも搭載されています。

Macのパソコン単体でも、「TimeMachine」(タイムマシン)やiCloud(アイクラウド)、
iTunes(アイチューンズ)などを使用した、様々なデータの復旧の方法があります。

たとえば、ディスクユーティリティでMacのデータをバックアップする手順については、こちらのページにて。

もちろん、外付けハードディスクなどの外部のデータ記憶媒体も使用することで、
よりMacintoshのパソコンの安全性が高まります。

誤って削除していたファイルを修復するプログラムとは?

次に、macOSのFinderといった画面上で、ファイルの誤った削除のミスなどが起きた場合に、
専用のソフトウェアのプログラムを用いて、データを復元をする方法について。

まず、ゴミ箱やiCloudの機能を一通り見直して、もし必要なデータが残っていなかった場合は、
まだパソコンのハードディスクやSSDには、痕跡のデータが残留している可能性があります。

こちらを、例えばソースネクスト製の、救出フォトリカバリー for macといった、
データ復元ソフトのプログラムを起動して、ドライブスキャンで検出して復活を試みることもできます。

ほか、『データレスキュー』や『復旧天使』といった、優秀なデータ復元ソフトが販売されています。

より確実には、プロのデータリカバリーサービスに注文をして、
消えたファイルの復旧の代行作業をしてもらわれることをおすすめします。




macOSのコンピューターウイルス対策ソフトを導入する

次に、macOSのパソコン、またiPadやiPhone、ほかiPodといったモバイル製品の進出と普及により、
Apple社製品のニーズにも、以前と比べて目を向けられるようになりつつあります。

しかし、間違えてデータを消去してしまうトラブルや、
コンピューターウイルスの感染によるファイルの破損の被害も、やはり起こりえます。

危険性が0ということはないので、「ウイルスバスター for Mac」や、
「ノートン・アンチウィルス」などでのセキュリティ対策ソフトによる保護も必要です。

一方、iPhoneやiPadのデータの記憶領域は、パソコンに同期しても、
通常のデータ復元ソフトでは、モバイルコンピューターへのドライブスキャンができません。

そのため、iCloudなどでのデータのバックアップと復元の方法も重要になります。

Macの製品に対応されたデータ復旧サービスでリカバリーをしてもらう

次に、上記の通りMacの製品を取り扱われているパソコン修理やデータ復旧のサービスは、
やはりWindowsと比べて少なめであるため、Appleのサポート以外でリカバリーをしてもらう際には、
時には最寄りの都市圏に至るまで、調べてみる必要も出てきます。

特にMacBook Airといった小型・薄型のコンピューターほど、個人では分解が難しくなるため、
パーツの交換やデータの復元の作業は、やはりプロのサービスで行ってもらわれることをおすすめします。