ディスクユーティリティでMacのデータをバックアップ

Appleから開発されています、最近のMacintoshパソコンに使われるオペレーティングシステムである、
「masOS」(Mac OS X)で使用されているハードディスクドライブ、またはSSDに記録されたOSのデータを、
『ディスクユーティリティ』(Disk Utility)でバックアップするには?という際の手順について。

ディスクユーティリティでMacのイメージをバックアップするには?

まずは、オペレーティングシステムのデータのバックアップを保存するための、
USBメモリや外付けHDD、RAIDケースなどの、外部のデータ記憶装置をパソコンに接続します。

Macパソコンのデスクトップの画面から、Duckにある「Launchpad」を開きます。

「ディスクユーティリティ」をダブルクリックして、起動します。

ファイルのメニューから、「新規イメージ」→「フォルダーのイメージを作成」を開きます。

ディスクユーティリティのウィンドウの、内部の左側にある項目から、
保存先のフォルダーを選んで、「開く」→「OK」と進みます。

USBコネクタからデータ記憶装置を取り外して、保存は完了です。

また、masOSのパソコンを取り扱われたパソコン修理サポートでも、
複雑なバックアップの代行作業のサービスを、実施されている店舗もあります。




「新規ブランクイメージを作成」からデータを保存する

または、masOSのバージョンによっては、「イメージ」→「新規」→「フォルダーからのイメージ」で、
「新規ブランクイメージを作成」の画面で、「作成」を押して作ります。 

ほか、USBメモリや外付けHDD、クラウドストレージ、Dドライブ、RAID、NAS、DVD-Rなどの場所に、
必要な分のファイルだけコピーするだけでも、一応データのバックアップになります。

また、MacのOSのパソコンをディスクイメージで復元するには?という疑問については、こちらのページにて。

パソコンの立ち上げができなくなったり、デスクトップでの操作に支障が出た際には、
ディスクユーティリティや市販のソフトウェアで事前に作成していた、
オペレーティングシステムの復元の機能やバックアップのデータが、いざという時に役立ちます。

macOSのパソコンからファイルの消去と復元をするには?

次に、Appleのマッキントッシュのパソコンからメイン以外のボリュームのデータを消去する場合の対処法について。

まず、ディスクイメージを作って、別の外部のデータ記憶装置にファイルをバックアップをした後に、
今度はまたディスクユーティリティを開きます。

サイドバーのメニューにある、初期化してデータを削除する予定のディスクを選択します。

右側の「消去」タブを選んで、そして右下の『消去』ボタンを押すと、データを削除する作業が行われます。

もし、この段階ですでにハードディスクなどから異音が鳴っていて開くことができない場合は、
プロのデータ復旧サービスで、必要なファイルの復活の作業をしてもらうことができます。




オペレーティングシステムをイメージディスクから復旧する

次に、この作業で選択したハードディスクやSSD、またはUSBの機器のデータが初期化されます。

後に、オペレーティングシステムに問題が発生して、バックアップしたイメージディスクから復旧するには、
ディスクユーティリティの画面の「編集」→「復元」と進みます。

復元元のディレクトリを選択して、「復元」を押すと、以前の状態に戻ります。

また例として、Macのバックアップの案内も参考までに。

masOSのデスクトップの画面が正常に開けない時は、commandキーとRキーを同時に押しながら電源ボタンを起動して、
「OS Xユーティリティ」を立ち上げて、ディスクユーティリティを開きます。

または、Time Machine(タイムマシン)の機能などを使ってパソコンの復旧を試みることもできます。

HDDやSSDから消えたファイルをデータ復旧サービスで修復してもらう

ですが、もしMacintoshのPCでまだ使う予定のデータが入っていたハードディスクやSSDを、
間違えてディスクユーティリティで消去してしまった場合は、
一旦、ストレージにそれ以上の新しいデータを保存するのは、お控えください。

パソコンまたは内部の補助記憶装置を、すぐに専門のデータ復旧サービスの事業に提出して、
検査を行ってもらえば、まだ残っている痕跡データから修復をしてもらえる見込みがあります。