Macパソコンで外付けHDDのデータを復元するには?

パソコンメーカーのApple社から開発・販売されている、macOS/Mac OS Xがセットされた
Macintoshパソコンに、USBコードで接続する外付けハードディスク、
または外付けのRAIDケースから、誤って内部のディレクトリに保存していたデータを
削除してしまった場合には、どうすれば復元することができる?という疑問について。

ごみ箱のフォルダーからデータを復元するには?

まず、macOS/Mac OS Xのパソコンのデスクトップの画面から、Finder(ファインダー)を開いて、
外付けHDD/RAIDの内部にあるファイルを、誤って「ゴミ箱に入れる」で削除した場合に復元する方法について。

ひとまず、すぐにMacパソコンのシステム上から消去されず、一旦ゴミ箱のフォルダーに移動します。

復元したい対象のファイルを選択して 右クリック→「戻す」で元々あったフォルダーに拡張子が移行します。

USBケーブルを抜いたり電源を切ると、間違って削除したファイルのアイコンの表示が消えるのですが、
もう一度外付けHDD/RAIDを接続すれば、ゴミ箱フォルダーにまた表示されます。

ですが、「ゴミ箱を空にする」でゴミ箱からも消去した場合や、フォーマットで初期化する形でデータを丸ごと削除、
あるいはWindowsなど別のコンピューターの機能で削除した場合は、
macOS/Mac OS Xのゴミ箱にはファイルが残らず、そのまま表示が消えてしまいます。

その際に、最も確実に外付けHDDから失ったファイルを復旧するには、
専門のデータリカバリーサービスへ出して、検査を受けてもらうことをおすすめします。




USBハードディスクの製品の一例

Transcend(トランセンド・ジャパン):USB3.0/2.0 2.5インチHDD ポータブルハードディスク 1TB TS1TSJ25M3
I-O DATA(アイ・オー・データ):HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 EC-PHU3W1
BUFFALO(バッファロー):USB3.0 外付けハードディスク 2TB HD-LC2.0U3/N
WD(ウェスタンデジタル):HDD ポータブルハードディスク 1TB Elements Portable WDBUZG0010BBK-WESN
FFF SMART LIFE CONNECTED:外付け ハードディスク 2TB ポータブル HDD USB3.0 Time Machine対応

データ復元ソフトでファイルを回復するには?

次に、一般の個人でも ある程度まで、消えたファイルを再構築して復旧することができる機能を持つ
データ復元ソフトは、WindowsのみならずmacOS/Mac OS X用の製品も販売されています。

こちらの一例では、アイギーク社のData Rescue(データレスキュー)を、
使用した場合の手順を解説いたします。

※MacのPCの故障など、何らかの理由によりソフトウェアが使用できない、という時も、
 やはりプロのデータリカバリーサービスにて、外付けHDDの提出をされてみることを推奨します。




外付けHDDから消えたデータを復旧する手順

まず、データレスキューのソフトウェアをMacパソコンにセットアップして起動します。

「新たにスキャンを開始」を選択します。

「外付けUSB」を選択して「次へ」を押します。

「クイック」「ディープ」「削除スキャン」など、状況に合わせてメニューを選択します。

「開始」と進んで、データ保存先のボリュームを選んで「選択」を押すと、スキャンが始まります。

作業が終わったら、「再構築ファイル」のフォルダーにあるそれぞれのファイル、
または拡張子ごとのフォルダーをチェックして、「復旧」→「開く」で保存されます。

「表示する」を押して、保存先のフォルダーにあるファイルが正常に開けたら、復元完了です。

ほか、仮想ハードディスクのデータを修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

パーティション分けをされていても、ストレージの機器自体は一台であるため、
物理的な故障が起きた場合は、RAID機能によるリビルドでの復旧といった措置が必要になります。

また例として、安心安全安価データ復旧サービス様 での、
Macで認識されなくなった外付けHDDを認識させる方法の解説も参考までに。

ハードディスクを、試しにWindowsやUbuntuといった別のオペレーティングシステムで読み込むと、
そちらの方では正常に認識されて、またMacで起きていたエラーも自動的に修復される可能性もあります。




データ復旧サービスセンターで見てもらう

ですが、一般の個人では必ずしも、AppleのMacintosh(macOS)のパソコンでの作業で、
必要なデータがすべて検出ができて、外付けのハードディスクドライブから、
正常な拡張子の状態で復元ができるとは限らない点もあります。

しかし、Macパソコンのゴミ箱やフォルダー自体から、間違えた削除の操作や誤ったフォーマットなどにより、
ファイルやフォルダーを消去した場合でも、まだ拡張子の痕跡データは残っている可能性が高いです。

対象のストレージから、なるべく多くの必要な消えたファイルを復元したい、という場合には、
プロのデータ復旧サービスセンターの受付に問い合わせて、外付けハードディスク/RAIDを送付して、
失った拡張子群のサルベージをする作業の注文をされてみることをお薦めします。