外付けHDDの中身のデータが見えない時に復旧するには?

外付けHDDを、パソコンなどのコンピューターにUSBコネクタを通して差し込みしたところ、
中身のディレクトリ(領域)にあるはずのデータが画面上で表示されず見えない場合、
どのようにすれば読み込みを復旧することができる?という疑問について。

開けない外付けHDDをWindowsの機能から修復するには?

まず、Windowsのパソコンで、外付けハードディスクのディレクトリへのアクセスを復旧する場合の対処法について。

USBコードを接続してから自動検出のバルーンが表示されず、
特に反応がない場合、最初にエクスプローラーのウィンドウを開きます。

「PC」(マイコンピューター)の項目を開いて、Seagate(シーゲート)WD(Western Digital)、東芝といった、
ハードディスクドライブの新しいボリュームが表示されているかどうかを確認します。

アイコンのマークはあるけれどアクセスエラーが出てしまい、領域が見えない場合に修復をするには、
ボリュームのアルファベットアイコンを右クリックして、
プロパティ→ツール→「チェック」と「最適化」で問題の解消を試みます。

Windowsのエクスプローラーでは「表示」タブにある「隠しファイル」にチェックを入れると、
外付けHDDなどの中身の領域のデータが見えるようになります。

もしフォルダーやファイルに、何かのプロテクトが掛かっていて開けない時は、
専用のユーティリティを使ったり、専門のサポートで読み込みしてもらうこともできます。




WindowsでUSBハードディスクが見れない時にデータを抽出

次に、Windowsのエクスプローラーに外付けHDDのアイコンが表示されない場合に、
読み出しのエラーから復旧したり、データをバックアップで抽出する手順について。

まず、BUFFALO(バッファロー)、ロジテック(Logitec)エレコム(ELECOM)などの、
ハードディスクケースの電源がしっかりと入っているかどうか、
またはランプが正常に点灯しているかどうかを確認します。

Transcend(トランセンド・ジャパン)といった、市販のポータブルハードディスクケースに移し替えた場合は、
ドライブ装置のインターフェースが、しっかりとコントローラーボードに差し込まれていて、
蓋も閉まっているかどうかを確認します。

一度USBケーブルを外して、コネクタにゴミや埃が入っていたら取り除きます。

パソコンに外付けハードディスクを再接続

そしてパソコンを再起動してから、次は別のUSBポートにもう一度差し込みして、
中身の領域のデータが見れない状態から復旧ができているかどうかを、確認します。

また、Windowsで外付けHDDのボリュームのアイコンが表示されずデータが見えない場合でも、
macOSやUbuntuなどの別のオペレーティングシステムで読み込むと、エラーが自動的に修復されて、
内部のファイルやフォルダーを開けて、バックアップで抽出できる場合もあります。 

内部のケースの一部の回路が破損していると見られる場合は、
プロのデータ復旧サービスセンターに出して、リカバリーを行ってもらうことをおすすめします。



デジタルデータリカバリー

macOSで外付けHDDの中身のデータが見えない時に展開

次に、macOS/Mac OS X(Macintosh)パソコンで外部のストレージが正常に認識されず、
中身のデータが見えない場合に、外付けHDDのフォルダーを表示する手順について。

まずは、デスクトップからファイルマネージャーのFinder(マイファイル)を開きます。

macOSのパソコンの場合は、LaunchPad→ディスクユーティリティの「First Aid」を試みます。

フォルダーにロックが掛かっていると中身のファイルが開けないので、プロパティを開いたり、
アイ・オー・データのQuickSecureAES256といった、データの暗号化・複合化をする
ソフトウェアを使用していましたらそちらを開いて、ガイドラインに従って設定を解除します。

特定のファイルやフォルダーが表示されずに見えない、という場合も、
プロパティの画面を開いて、隠しフォルダーに設定されていないかどうか確かめます。

デバイスドライバの不調からハードウェアを復旧をするには?

それでも外付けHDDが認識しない場合は、コントロールパネルのデバイスマネージャーを開いて、
ディスクドライブの欄を開いて、対象のデータが見れない状態の外付けHDDの名前を選択します。

右クリックをしてから、「デバイスのアンインストール」(Windows10の場合の表示)を実行します。

そしてUSBコネクタを取り外して、ウィンドウズを再起動してからもう一度繋げてみます。

また、HDDがRAWと表示された時に復旧させるには?という疑問については、こちらのページにて。

または、別のパソコン本体を一台以上をお持ちであるか、別のOSをお使いであれば、
試しにそちらに差し込みして認識させてみると、正常にアクセスができてデータが見れるようになり、
別のパソコンで起こっていた表示のエラーからも、自動的に復旧することがあります。

あるいは、コンピューターのトラブル解決を実施されている事業にて問題を解決してもらう方法もあります。

読み込めないファイルシステムがフォーマットされていたら?

次に、フォーマットされているファイルシステムがNTFSやFAT以外のXFSといったものだと、
WindowsやmacOSでは、通常の画面上では中身の領域のデータが見えない仕組みになります。

その場合は、元々使用していた電子機器の方にハードディスクを差し込み直して、
そちらから外付けHDDやSSD、RAID、NASといった別のデータ保存装置に、
必要なファイルをバックアップして、いつでも復旧ができるようにします。

その後で、コントロールパネル→管理ツール→「コンピューターの管理」と進んで、
ディスクの管理」の画面を開きます。

対象のリムーバブルディスクを選択して、右クリックで「フォーマット」を施すと、
Windowsで読み込みできるようになります。

macOSでは、「マウント」を実行します。

どちらも、すでにストレージデバイスに保存されていたデータは初期化されますのでご注意ください。

もし、特殊なファイルシステムのフォーマットを読み込みするNASなどのコンピューターが故障して、
HDDの中身のデータが見えない場合は、そちらの製品をハードディスクを抜いた状態で修理に出す必要が出てきます。

または、データの回収にお急ぎの場合は、ハードディスクケースごと、
専門事業のデータ復旧サービス店に出して、中身のファイルを抽出してもらわれることをおすすめします。