Mac miniの故障を修理するには?

Mac miniとは、アップル・コンピュータから開発・販売されている小型かつ低価格のデスクトップパソコンで、
縦横16.5cm、高さ5.1cmと、四角い手ごろな箱のような形状が特徴的なハードウェアです。

性能自体は通常のデスクトップ機と同じように出来ていますので、システムエラーやプログラムファイルの破損などの
トラブルシューティングや物理的な故障の修理などは、主にAppleサポートや、
Mac対応受付のパソコン修理サービス会社にて請け負ってもらうことができます。

HDやメモリ、CPUを新品に交換するとエラーが改称されたり、読み込み速度が速くなります。

しかしAppleサポートでは本体に何らかの故障が見られなければ、保証での修理交換作業の受付はできませんので、
単にパーツを換装したい場合でしたら、他のPCサポート会社に注文をするか、自身で行われることになります。




Macパソコンの取り扱い

ですが、ケースを自分で空けてパーツを交換・増設した場合は、その後に保証でのサポートが受けられないことが多いです。

Mac mini内に保管してある全データのバックアップ後にOSの再インストールなどを
される際にも、誤操作で貴重なデータが消えてしまわないようにご注意下さい。

間違えて必要なデータファイルを削除してしまった、という場合には、Macパソコン用のデータ復元ソフトの「データレスキュー」などを
使用して、消えたファイルの復旧を試みることもできます。

Macパソコンで使うハードディスクドライブやSSD自体が老朽化やクラッシュなどの故障で物理的に損壊してしまうと、
通常の方法では修復させるのが困難になりますので、その際にはプロのデータリカバリーサービスでの注文を推奨します。

各パーツが破損した時の交換修理

また、パソコンの中身を変に改造・分解されてしまった場合は修理の申請が通らなくなることがあります。

ハードディスクドライブ、CD-RW/DVD-ROM対応の光学ドライブ、メモリー、Mac OS Xなどが小さな機器に
一通り搭載されているかわりに、キーボードやマウスは付属で同梱されていないため、Mac製の各種パーツは別売で購入する必要があります。

仕様はPowerPC G4 版シリーズとインテル版シリーズ(Intel Core2 Duo)の二種に分かれています。

Appleサポートでは壊れたHDDやSSDなどのデータ記憶装置を分解してデータを抽出する作業は通常行われませんので、その際は
Macintoshの製品に対応されている専門のデータ復旧サービス店にて、内部ファイルやプログラムの取り出し作業を行ってもらいましょう。