Macintoshのパソコンで発生するトラブルから修復するには?

AppleのmasOS(Mac OS X)がインストールされているパソコンに、
深刻なエラーや故障による問題が発生して、正常に使用できなくなるトラブルが出た場合に、
マックのコンピューターの修復をする方法には、どのようなものがある?という疑問について。

Macintoshパソコンの修理サポートへの依頼

まず、パソコンのサポートでも、Mac製品の関連のハードウェアには、
まだまだ本格的なサービスが整えられていない、ということもあります。

もしMacintoshの PCの故障が起きた場合は、基本的に、
Appleのサポートのサービスに、ハードウェアの修復の依頼を行う形がやはり多くなります。

一方で、混雑時や長期のお預かり期間を要する場合など、修理やエラーの解消を完了させるまでに、
時間がかかってしまうこともあります。

その時には、私設のMacパソコン専門の修理サービスに依頼をされてみることもおすすめします。




ハードウェアのエラーや故障の状態をチェックするには?

次に、Macintoshのコンピューターがまだ電源自体は付いて、ある程度稼動できる状態での場合について。

その際には、Apple Hardware Testのシステムを用いてハードウェアの診断を行ったり、
データのバックアップをした後に、PRAMクリア(ピーラム・クリア)を使って、
自身でシステムを復元されてみるのも、一つのトラブル解決の時間短縮へと繋がります。

また、ハードディスクやSSDは、「S.M.A.R.T」というモニタリングの機能を、
専用のソフトウェアで読み取って故障の状態のチェックしたり、軽度のエラーを修復することもできます。

モニターや通気口のゴミや埃を除去して清掃する

次に、ハードウェアの機器の液晶モニターがだいぶ汚れていたり、
大型のパソコンといったマシンの通気口に、ゴミや埃が溜まっていると、
コンピューターの動作が遅くなったり、操作が鈍くなる支障が出やすくなります。

そのため、定期的にコンピューター用の清掃用具を用いて、掃除をされておかれることをおすすめします。

また、MacBookの電源が起動しない時に復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

現在でAppleのハードウェアの製品といえば、Macintoshのデスクトップパソコンだけでなく、
iMacやMacBook、iPadやiPhoneのシリーズなど様々な電子機器が発売されていて、大変メジャーになっています。

一方で、MicrosoftのWindowsのパソコン関連の製品とは、
対応されているソフトウェアやシステム、プログラムが大きく異なります。

そのためマッキントッシュのパソコンのトラブルの解決は、ある程度は異なる操作の方法と手順になります。

MacBookやiPhoneのトラブルから修復するには?

次に、ノートブック型のパソコンのMacBook Air/ProやiPhone、iPadの場合、
DVDドライブの装置が搭載されていないため、新しい修復用のソフトウェアを、
コンピューターにインストールするには、インターネットからダウンロードする必要があります。

また、MacBookでシステムの修復用ディスクを使用するには、
外付けのDVDドライブをUSBケーブルで接続する必要があります。

例として、Designer’s Farm 様での、ディスク診断修復プログラムの使い方の解説も参考までに。

また、バッテリーが破損していたり、どこかで強くぶつけていたり水がかかっていたりすると、
電源周りやその他のパーツの、物理的な故障が起こっているケースもあります。

特にモバイル端末は、回路が破損すると自身で直すのがほぼ不可能になってしまうため、
Appleのサポートか私設の修理サービス店に問い合わせて、修理に出されてみてください。

失ったファイルを回復してもらうデータ復旧サービスとは?

次に、ファイルの誤った操作のミスや機材の破損で、失ってしまったデータを修復させたい場合について。

まず、ゴミ箱フォルダーやTime Machine、iCloud、iTunesといった機能で、
以前にバックアップしていたデータがありましたら、そちらを探して、引き出しをされてみてください。

または市販のデータ復元ソフトを使って、失ったファイルを復旧する方法もあります。

ですが、Macパソコンのハードディスクドライブのヘッドクラッシュによる物理障害が発生した際には、
一般個人では、ストレージの回路が損壊するトラブルからのデータの救出はほぼ不可能になります。

その際には、Appleのサポートや通常のパソコン修理サービスでは、ファイルの取り出しが行えないため、
お使いのMacパソコンに起こっている故障といった問題の、サポートの対応を受け付けられている、
専門事業のデータ復旧サービスにお問い合わせをして、検査をしてもらわれることをおすすめします。