Macintosh製ハードウェアの支障を修復したい時は?

現在、Mac(アップル社)のハードウェア製品といえば、Macintoshデスクトップパソコンだけでなく、
iMac、MacBook Pro、iPodシリーズなど様々な電子機器が発売されていて大変メジャーになっています。

しかしながら最も普及されているWindowsパソコン関連の製品とは対応されているソフトウェアやシステム、プログラムが大きく異なります。

修理サービスへの依頼

パソコンサポートでもMac関連のハードウェアには未対応、もしくはまだ本格的なサービスが整えられていない、
ということも多いので、もし故障が起きた場合はアップルサポートのサービスに依頼を行う形が大部分かと思われます。

混雑時や長期のお預かり期間を要する場合など、修理やエラーの解消を完了させるまでに時間がかかってしまう事も多いため、
時にはMac専門の修理業者に依頼をする事も一つの選択肢として必要な場合もあります。




ハードウェアの状態をチェック

また、コンピューターがまだ稼動できる状態でしたらApple Hardware Testのシステムを用いて
ハードウェア診断を行ったり、データのバックアップ後にPRAMクリア(ピーラム・クリア)を使い、
自分でシステムを復元されてみるのも一つの時間短縮へと繋がります。

また、機器の液晶モニターが大分汚れていたり、大型のパソコンといったマシンの通気口にゴミや埃が溜まっていると、
動作が遅くなったり操作が鈍くなったりしやすいため、定期的に、コンピューター用の清掃用具を用いて、
掃除をされておかれることをおすすめします。

ノートブックやiPodの場合バッテリーが切れていないか、どこかでぶつけたり水がかかっていないか、
など電源やその他物理的な要因が起こっていないかどうかもお確かめください。

ヘッドクラッシュ障害や誤った操作ミスなどで消えてしまったデータを修復させたい場合は、アップルサポートや
通常のパソコン修理サービスでは行えない場合が多いため、データ復旧サービスにて、お使いのMac製品にも
サポート対応が受け付けられているかどうかを、お問い合わせの際によくご確認されてみてください。