キーボードで文字が勝手に連打で入力される状態を直すには?

パソコンで日々キーボード(keyboard)を打ち込んで使っている際に、
文書データの入力欄などで特定の文字のみがひたすら『自動的に連打』するように
勝手に延々と入力され続けてしまうトラブルが起きてしまった、という状態になったら、
どのような方法で直すことができる?という疑問について。

キーボードの上に何かが乗った状態になっている

この状態になってしまう主な原因としてまず、パソコンを起動している時にキーボードの上に
うっかり何か物を置いていると、特定のキーのみがずっと押されっぱなしの状態になりやすいです。

そのために文字がひたすら止まらずに打ち続けられたり、
EnterキーやEscキー、Shiftキー、Ctrlキー、スペースキーなどの
重要な入力キーが押され続けてパソコンの操作がうまくできないこともよくあります。

ひとまず、突然文字が自動的に連打され始めたりアプリケーション上での操作などが
おかしくなり始めた時は、まずキーボードの上にいつの間にか何かが乗っていないか、
またはうっかり普段から腕を乗せたりしていないかどうかを、見直してみてください。

何も物が乗っていないのになぜか文字が連打されたり、ひたすら改行や終了ばかりの動作がされてしまう、という場合は、
文字などが該当するキーが他のキーよりも少しめり込んで、押しこまれたような状態になっていないかを、見てみましょう。

ノートパソコンやモバイル端末の機器でまともに入力ができなくなっていて、
操作がおぼつかず、内部に保存されている大事なファイルが開けない状態になった、という場合には、
先に、プロのデータリカバリーサービスに出して、保存データないしHDDやフラッシュメモリを
取り出してもらう形で復旧してもらうことも推奨します。

キーが引っかかっていて入力ができない時は?

また、たまに入力した時にキーの部分で何かが引っかかってボタンが引っこんだまま
戻らなくなっていたり、キーの間に異物が挟まって引っかかっているようなことがあります。

爪楊枝や細いマイナスドライバー、キリ、または掃除用具などで、キーの隙間を引っかけて元に戻すように上に上げてみてください。

場合によっては一回そのキーを取り外して、キーとその周囲を
きれいに拭き取って埃やゴミを除去してから、またはめ込み直してください。

ワイヤレスキーボードを送受信しやすい配置に直す

ワイヤレスキーボードをお使いの場合は、無線の送受信用のUSBカードと
本体の間が離れすぎていたり、間にいつの間にか障害物を置いていないかどうか
確かめて、最適な配置環境に整え直してみてください。

また、ワイヤレスキーボードとUSBカード、両方のランプが
正常に光っているかどうかも念のためにチェックしてください。

他に入力のスピードが少しおかしくなったりした時は、Windowsの場合は
「コントロールパネル」⇒「キーボード」の画面でハードウェアの状態や設定を確認して変更できます。

Macパソコンの入力の状態を修復するには?

macOS/Mac OS Xのパソコンの場合は、Dockの「システム環境設定」⇒「キーボード」の画面で
キーのリピート認識までの入力時間の変更などが設定できます。

また、特定のアプリケーションソフトでたまたまバグやエラーが出て、
一時的にキーの連打に似たような問題が出ている可能性もあります。

一度ソフトウェアの画面を閉じてからパソコンをシャットダウンして、一回キーボードをコネクタから
外して、軽く表面や接続面の掃除をしてからもう一度PCに繋げて、再度電源を立ち上げてみてください。

別のコンピューターでキーボードを使用してみる

それでもキーボードによる文字入力の連打が直らない場合は、
試しに他のデスクトップパソコンなどのキーボードに対応されたコンピューター機器をもしお持ちでしたら、
そちらのUSBコネクタに、またはワイヤレスでキーボードを付け替えてみてください。

あるいはスマートフォンやタブレット端末をお持ちでしたら、ワイヤレスキーボードの場合は
Bluetooth(ブルートゥース)の機能をオンにして、接続をして入力することもできます。

パソコンのリカバリーサービスで直してもらう

別のコンピューターでも同じように特定の文字が勝手に連打されたり操作が一部利かずに
改行や終了を繰り返す場合は、やはりそのキーボード自体が故障している可能性が高いので、
メーカーサポートの修理に出すか、製品の買い替えをおすすめします。

ですが、ノートパソコンの場合だと、本体ごと修理に出さなければなりません。

もし代わりのPCがなくてお預かり期間の間が長くてその間パソコンが使えず困ってしまう、という場合は、
私設のパソコン修理サービス店や手直しのサービスを実施されているPCパーツのジャンクショップなどで
即日ないし翌日でのリカバリー作業のコースで見てもらって直してもらう、という方法もあります。

入力の連打の影響で必要なファイルが削除されてしまったり、
誤った上書き保存や、拡張子・システムの破損などが起きてしまった場合には、
専門のデータ復旧サービスセンターで見てもらうこともおすすめします。