Macのゴミ箱からUSBで外付けの記憶装置のデータを元に戻すには?

Apple社の『macOSやMac OS X』のオペレーティングシステムがインストールされた、
MacBookやiMac、Mac mini、Mac ProなどのパソコンにUSBで接続した、
データ記憶装置に保存しているファイルを誤って削除してしまった時に、
後から拡張子を元に戻すことはできる?という疑問について。

Macパソコンのゴミ箱にデータが移行する場合とは?

まず、Macパソコンの場合、本体に内蔵されていない外部の記憶装置にあるデータでも、
そのまま消えずに一度「ゴミ箱」に移動されるケースもある、ということをご存じでしょうか?

例えば、『Microsoft Windows』(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで、
リムーバブルディスクとしてUSB接続しているUSBメモリやSDカードといったリムーバブルディスクのファイルは、
ウィンドウズ上のエクスプローラーやダイアログボックスなどで削除すると、
ゴミ箱フォルダーには移動されず、基本的にそのままデータが消去されます。

ですが、macOS/Mac OS XのMacbook Airなどのパソコンに補助記憶装置をUSBポートから繋げた状態で、
マッキントッシュのパソコン上のグラフィカルユーザーインタフェース(Graphical User Interface)の、
Finder(ファインダー)からファイルを誤って削除した場合は、
Duckのゴミ箱フォルダーに拡張子が表示される機能があり、後から元に戻すこともできます。




誤って削除したファイルが移動されているかを確認する

まず、うっかりmacOSやMac OS XのFinder(マイファイル)のフォルダーの画面上などで、
間違えて外付けの二次記憶装置にある必要なデータを消去してしまったら、ゴミ箱を開いてみてください。

デスクトップの画面の下側に表示された、Duckの右側にある、
macOSのゴミ箱の内部には、削除の操作をしたファイルが表示されています。

この中から元に戻したいファイルを探して、見つかりましたらそれらを選択します。

同じSDカードやUSBメモリか、Macintoshパソコンに内蔵されたHDDやSSD、
あるいは外付けのハードディスクドライブやRAIDケース、NASなどに、新しいフォルダーを作ります。

そちらにコピー&ペーストなどをすると、同じデータを複製して元に戻す形で復元できます。

また、Macパソコンでディスクをフォーマットした後でのデータ復元をする方法については、こちらのページにて。

消去したデータがゴミ箱に移っていないケースとは?

しかし、Appleの写真アプリなど、一部のソフトウェアの機能上で削除したファイルは、
ゴミ箱に移動せずに、直接データが削除される場合が多いので注意してください。

また、デジタルカメラの削除や初期化の機能を使用して消去してしまったファイルも、
この場合ではmacOSやMac OS Xの機能を使用していないため、ゴミ箱には移行されません。

ゴミ箱のディレクトリに移行されるデータは、Macパソコン上で消去したファイルのみになります。

データ復旧ソフトウェアで拡張子を修復する方法とは?

ですが、ゴミ箱に移動されていなかったり、フォーマットなどの初期化でストレージのデータを削除して、
そのまま消えてしまった場合でも、まだリムーバブルディスクのセクタに、
拡張子の痕跡が残留していて、そこからデータをリカバリーする措置を施して、元に戻せる見込みもあります。

アイギーク株式会社の「Data Rescue」(データレスキュー)や、AOSデータの「ファイナルデータ」などを使用して、
自身で復元を試みることもできます。

(Mac用のソフトウェアではないWindows版のソフトウェアの場合は、
 補助記憶装置をウィンドウズのパソコンに繋げて、そちらから読み込みしてスキャンして復旧を試みます。)

Macに対応されたデータ復旧サービスでリカバリーしてもらう

また、macOSやMac OS Xのパソコン、あるいはお使いの外付けHDDやRAIDケース、NASなどの、
それぞれの外部のデータ記憶装置(オーグジリアリーメモリー)を請け負われている、
専門のデータ復旧サービスに問い合わせて、見てもらう方法もあります。

保存されたデータを間違えて削除してしまった時に元に戻す、リカバリーの作業の代行の注文を行って、
Macのパソコンに接続して使用したUSBメモリやSDカードといった補助記憶装置を送付して、
機器の状態の検査とファイルの復元の措置を行ってもらわれるとより確実です。