メールのテキストデータの文字化けを修復するには?

電子メールシステム(electronic mail system:EMS)は
Microsoft Outlook(マイクロソフト・アウトルック)やThunderbird(サンダーバード)、
Windows Liveメール(ウィンドウズライブメール)といった専用メールソフトウェアによる
転送、またははじめから搭載された機能により、通信システムで配送されます。

しかし、たまに電子メールのソフトウェアや搭載されたMAILプログラムが
テキストや拡張子に一部が対応されていなかったり相性が悪いと、
日本語が変になったリ、不可解な文字で表示される「文字化け」が出ることがあります。

このテキストデータに表れる文字化けや文字落ちの問題から修復をするには、どうすればいい?という疑問について。




エンコードが切り替わっていないため

主なメールの文字化けの原因の一つとして、文のエンコード:EUC-JPやUTF-8、SHIFT_JIS の設定が
自動的に切り替えられていないことで文字化けしている、などが挙げられます。

メールの文章全体をコピーして文字コードの変更をできる専用のエディタ
テンプレートへの貼り付けをしてエンコードを何回か変更して修復してみる、
またはE-mailに文字化けの解消機能があれば、そちらを使用して直してみましょう。

また、顔文字アイコンや特殊なフォント形式で書かれた文字は、メールサービスや
プロバイダ用の機能では対応されず、変な記号や文字として表示されることもあります。

メールソフトでの文字化けの修復をするには?

その場合は相手先に連絡をしてフォントを変更してもらったり、
対応されているフォントやアイコン画像をちゃんと表示できる追加プラグインを
インストールしてセットアップする、などの変更方法を試してみましょう。

また、メールソフトは、場合によっては言語の設定を確認・変更されてみてください。

インターネット上でメールを見る場合、古い、またはマイナーなウェブブラウザを
使用していたために一部のサービスやページが正確に見らない、という場合も
ありますので、その際には最新のmicrosoft EdgerやGoogle Chromeあたりで閲覧してみてください。

文字化け修復ツールで直してみる

インターネット上でも、文字化け修復のツールが提供されています。

・文字化けテスターのページの例。

https://tools.m-bsys.com/development_tooles/char_corruption.php

電子メール(Electronic Mail)のテキストデータをコピーして、フォームに貼り付けて、
文字化けの状態の変換を試されてみてください。

電子メールが一時的に届かないケースとは?

電子メール(electronic mail、略称:Eメール)はネットワークを使用して
デスクトップパソコンやノートパソコン、メールサーバーといった電子機器から
端末同士でのメッセージのテキストや添付ファイルを送受信するシステムです。

インターネット回線や無線LANでの電波が届いていればすぐに相手からのメールを受信したり、
逆に送信することができまして、また仮に電波が一時的に届かなくても、後に復活したに自動的に受信されます。

ですが、ウェブサイトの自動送信の返信メールなどは、サービスのシステムがダウンしていたり、
管理者による目視の確認が遅れた場合は、一時的にメールが受信箱に届かないこともあります。

メールの添付ファイルが開けない時に復旧するには?」 のページはこちら。

一部のメールサービスの文字コードに引っかかるケースとは?

AOLメールなど一部のメールサービスでは、英語環境のPCやmacOS/Mac OS Xを使って送信すると
文字コードの関係で引っかかる場合があり、メールのタイトル部分が文字化けしてしまうケースもあります。

メールの本文をテキストエディタに貼り付けて、正常に映る文字コードに変換してから、
外付けHDDやRAID、NASなどにそのデータを保存する、という修復方法もあります。

また、Windows10・8・7あたりの日本語環境設定のパソコンからウェブブラウザで
タイトルの文を打ち込んで送ってみると、文字化けが直る場合もあります。

データ復旧サービスにてテキストを復元してもらう

他には、メールの転送時にファイルが破損して壊れている、という
単なる文字化けよりも深刻なトラブルが発生していることも考えられます。

その際には拡張子の破損を修復できるデータ復元ソフトウェアを使用する、
または専門のデータ復旧サポートセンターでの復元を注文されてみてください。