カバーが破損したメモリーカードからデータを取り出すには?

USBメモリやSDカードといった補助記憶装置のメモリーカード(memory card)を持ち歩いている間などに、
強い圧迫が加わったり、うっかり硬い床に落としてしまい、カバ一の一部が割れて破損した時には、
内部のデータを取り出すことはできる?という疑問について。

コネクタの状態を確認するには?

まず、USBコネクタといった差込口それ自体が割れたり、または折れたりしていなければ、
外部のカバーが一部破損して外れていても、そのままパソコン本体などのUSBポートに接続して、
内部のデータファイルを正常に読み込みできる場合が多いです。

その際、メモリーカードの内部回路であるボードの部分などにも傷が付いていた場合は、
かえって破損してしまうおそれがあるため、USB接続による個人での通電はお控えください。

SDメモリーカードのデータを読み出しするには?

SDメモリーカードの場合は、元々使用していたデジタルカメラなどの機材に接続するか、
それらの機材も一緒に壊れてしまった場合はUSBカードリーダー/ライターに差し込みます。

ですが、破損によって差込口がプラスチックの出っ張りなどでつっかえてしまう場合は、
内部のチップやボードに傷がつかないようにご注意ください。

カードリーダーなどでアクセスができれば、
そのまま使用してデータを開いたり別の補助記憶装置へのバックアップによる取り出すことができます。

割れた箇所の補修を行うには?

プラスチックのケースの一部が割れて取れてしまっただけでしたら、ひとまずホコリやごみが内部の回路に付着しないように
セロハンテープなどを巻いて固定して簡単な補修をするだけでも、ひとまずは使用を続けることもできます。

また、製品によっては二重のカバーケースになっている構造のものもあり、
外側のカバーだけが割れただけで内側のカバーが無事でしたら、内部回路も大丈夫であることが多いです。

補助記憶装置を交換するには?

ですが、メモリーカードを接続している際に熱を帯びて、粘着剤が溶けて機器の内部に浸透して
故障の原因になるおそれもあるため、
糊などでの固定は控えて、また隙間がないようにしっかりと固定し直します。

なるべく早めに外付けハードディスクなどにデータを一通りバックアップして、
新しいUSBメモリなどに交換をされるのが安全です。

microSDメモリーカードのように薄型のデータ記憶装置は、割れてしまうと内部の回路も一緒に破損する可能性が高いです。

ケースが割れたUSBメモリーのデータの読み込み

パーツを覆って衝撃から保護する外部のケースが割れていて、内部の回路自体は故障していない状態のUSBメモリーを、
パソコンのUSBポートに差し込みして、保存してあるデータファイルの読み込みを行って、
正常にアクセスランプが点灯している時の状態の動画です。

コンパクトフラッシュのように差込口の形状が大きめのメモリーカードは、
差込口の間にホコリやゴミが挟まっていないかどうかもお確かめください。

SSDやiPhoneのような最近の精密機器は、物理的に故障してしまった場合、
現在はまだデータの取り出しがほぼ不可能なケースが多いです。

カバーの割れたUSBメモリやSDカードがどうしても個人では開けなくなった場合は、
プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、メモリーカードを提出して、
内部の必要なファイルを取り出ししてもらわれることをおすすめします。