メモリーカードのデータが開けなくなる状態から復旧するには?

USBメモリやSDカード、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュ、メモリースティックといった、
メモリーカードの補助記憶媒体を使用しているうちに、突然コンピューターに認識しなくなり、
内部のファイルやフォルダーにアクセスができなくなった時は、
どのような問題が原因で、どうすれば開けなくなったデータを復旧できる?という疑問について。

メモリーカードのデータが開けなくなる原因は?

まず、USBメモリなどを長時間、パソコンに差し込んで使っていると、
メモリーカードまたはパソコンの製品によっては、過熱のい状態が強くなることがあります。

かなり過熱した状態でパソコンやUSBハブ、またはカードリーダー/ライターの
USBポートから引き抜いて、すぐに別の電子機器(electronic hardware)に差し込み直すと、
一時的に周辺機器(Computer accessories)がコンピューターにデバイスが認識できないことがあります。

この場合は、しばらく待ってメモリーカードが冷えると、元に戻ります。

過熱が頻繁に起こる場合は、製品の寿命が短くなり故障してデータが開けなくなるトラブルの可能性も高まります。

なので、そのパソコンなどへの接続は短時間で済ませるか、別のメモリーカードへの交換をおすすめします。

別のパソコンやUSBポートに接続してみる

次に、パソコン本体の方のUSBポート、または経由で読み込んでいる読取装置が、
長年の使用により状態が物理的に壊れかかっていると読み込みできなくなることがあります。

差し込み直しをしたり、別のUSBポートに接続することで復旧できる場合が多いです。

しかし、メモリーカード自体のコネクタが破損しかかっていると、壊れる間近の状態である
可能性が高いため、なるべく早めに交換とデータの移行をされることをおすすめします。




補助記憶装置の使用上の問題で読み込めないケースとは?

USBメモリ(USB thumb drive)は特にパソコンに長時間差し込みして使いやすく、
また寿命が短くなりやすいため、大容量データの保存用よりも、
一時的なデータの保存場所・移動用として活用して使っていくのが適しています。

SDメモリーカードの場合、持ち運び中にデジタルカメラやモバイル端末が強く揺れて、
その衝撃で本体から差し込みが外れてしまっていないかどうか、マウントが解除されている時などにご確認ください。

また、SDカードのデータの復旧については、こちらのページにて。

完全にSDメモリーカードが破損したと思われる場合は、専門事業のデータリカバリーサービスにて、
中身のデータを復旧してもらわれることも推奨します。




USBカードリーダーの製品が古くて対応されていない

また、USBカードリーダー/ライターを使って読み込みする場合には、
製品が古いものであると、microSDXCメモリーカードなどの場合、
認識が正常にできない場合があり、対応されている製品で使う必要があります。

同じ半導体メモリ(セミコンダクター・メモリー)が使われた製品でも、
大分前のカードリーダーでは、最近登場した新しいSDカードや、USB3.0などの規格には対応できません。、

他に、たとえばデジタルカメラの本体から、USBコードによる接続を通して、直接パソコンのUSBポートにつなげて、
デバイスを読みこみしてデータを開く方法などを取られてみてください。

ほか、カードリーダーからデータを読み込まない場合の復旧の仕方については、こちらのページにて。

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンのコントロールパネルにあります、
デバイスマネージャー(Device Manager)を開くと、メモリーカードの媒体のデバイスが認識エラーを起こしていることもあります。

その際にはメモリーカードのデバイスドライバ(device driver)の名前を選択して、
アンインストール(Uninstall)をしてから、パソコンを再起動して再度読み込みます。

メモリーカードが故障していたらデータは復旧できる?

また、ファイルシステム(File System)のフォーマットの形式が異なると、エクスプローラーなどの画面で
開けなくなるため、その際にはフォーマットを実行して、初期化(data format)をし直す必要があります。

その際、メモリーカードの内部に保存されたデータファイルがすべて消去されますので、
先に必要なデータをバックアップしてから初期化を実行します。

USBメモリやSDカードが物理的に故障している様子で、何度接続しても開かない場合は、
物理障害に対応されていますプロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
内部のファイルを回収してもらわれることをおすすめします。