スマートフォンのデータをMacパソコンから復元するには?

スマートフォン(smartphone)に保存されていた個人用データを誤って削除してしまったり、
端末本体の故障や紛失といったトラブルが起きた際、Macパソコンを所持している場合には、
そちらの機能を使って内部のデータを復元することはできる?という疑問について。

スマートフォンのSDメモリーカード

まず、同じAppleのコンピューターの製品である「iPhone」(アイフォン)をお使いの場合は、
Appleから提供されているクラウドストレージ(cloud storage)のサービス
「iCloud」(アイクラウド)を、あらかじめ設定してありましたら、特定のファイルはそちらに
ネットワークを通してのバックアップという形で、データが保管されている見込みがあります。

MacBook AirやiMacなどの、macOSまたはMac OS Xのオペレーティングシステムが
インストールされたパソコンを立ち上げて、インターネットに接続します。

「Launchpad」→「システム環境設定」→「iCloud」と進みます。

またはSafari(サファリ)やGoogle Chrome(グーグルクローム)などのウェヴヴラウザを開いて、
iCloudのウェブページを開いてサインインをします。

必要なファイルがありましたら、バックアップと復元をして、パソコン内部のディレクトリ、
または外付けハードディスクやRAID、NAS、DVD-Rなどの補助記憶装置に保存します。

GoogleのAndroid(アンドロイド)が搭載されている Xperia(エクスペリア)やAQUOS(アクオス)
といったスマートフォンの場合は、オンライン上でデータのバックアップをする場合に
事前にそれぞれ使用する予定のクラウドストレージに登録ないしサービスの契約をして、
そちらへの設定やファイルの保存をする必要があります。




iPhoneの場合はメモリーカードが搭載できない仕様なのですが、
管理ソフトウェアのiTunes(アイチューンズ)を使って事前に、データのバックアップの
措置をしておくことで、後にそこから引き出して復元をすることもできます。

Androidの機種のmicroSDメモリーカード

Android(アンドロイド)のOSがインストールされたスマートフォンの場合は、
microSDメモリーカード(マイクロSDメモリーカード)を搭載して使用します。

SDメモリーカードの方に保存してあったファイルを間違えて削除したり、
うっかり誤った初期化(フォーマット/format)を実行して全データを消去した場合は、
それ以上のデータの上書き保存は、痕跡の拡張子が消えてしまうのを防ぐために控えて、
まず機種の本体から取り外して、USBカードリーダー/ライターに差し込みします。

そちらをMacパソコンのUSBポートに接続して、ストレージを読み込むこともできます。

Macパソコンへの接続

スマートフォン本体の内蔵ストレージの方は、通常は一個人ではスキャンができず、
またiPhoneの本体のデータ記憶領域は現状、スキャンが実質的に不可能なのでご注意ください。

MacBook AirやiMacのパソコンには、AndroidのスマートフォンをUSBケーブルで直接に
パソコンに接続をしても、通常はFinder(ファインダー/マイファイル)の画面では
内部のストレージのフォルダーとファイルが表示できません。

そのため、microSDメモリーカードをスマートフォンの本体から取り出しして、
USBカードリーダー/ライターに差し込みして、USB接続でアクセスする必要があります。

Androidのフォルダー

microSDメモリーカードは、アイギーク社の「データレスキュー」といった
データ復元ソフトでスキャンをかけて、消えたファイルの検出と復旧を行うことができます。

ですが、microSDメモリーカードから間違えて削除やフォーマットをしたファイルが
必ず検出ができるとは限らず、また、拡張子が破損した状態で復元される可能性もあります。

より確実にファイルを復元するには、プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
microSDメモリーカードまたはAndroidのスマートフォン本体を提出して、
スキャンと修復ができるかどうかを検査して診てもらわれることをおすすめします。



『「SDカード」のカテゴリーの前後のページ』

«