RAIDの本体が破損してデータが開けない時に復旧するには?

二基以上のハードディスクドライブやSSDに、データを多重化(冗長化)して保存をするシステムである、
「RAID」(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)を普段使用している際に ある時、
パソコンの外部にあるRAIDケースの本体が物理的に破損してしまい、読み込みができなくなったら、
ボリュームの内部に保存されたデータファイルを復旧することはできる?という疑問について。

RAID本体のどの部品や付属品が故障しているかどうかを確認

まず基本としまして、RAIDケースの製品を購入された時に付属の取扱説明書を取り出します。

RAIDケースの電源ボタンを押してから、正面の位置やモニターにあるランプが、
通常と異なるオレンジ色などに点灯・点滅している場合は、光り方を見て、
どのようなエラーまたは故障の不具合が発生しているかどうかを確認してください。

特殊なモードになった場合は、何割かの状態は適切な処置ですぐに修復することができます。

電源コード、またはACアダプターといった付属品が破損していると思われる場合は、
別の電子機器のACアダプターは使わず、必ず故障したものと同じ製品の専用のアダプターを、
メーカー先から取り寄せて交換をしてください。

一方で内部の重要な部品が破損している場合は、基本的には一般のユーザーでは直せないため、
コンピューターの修理サービスにて、部品の換装によるレスキューの作業を注文されてみてください。




装置に軽度の不具合の問題が起きていた場合の対処は?

次に、USBケーブルが破損した場合にデータを読み込みして復旧するには、
どのように対処をすればいい?という疑問について。

まず、RAID(レイド)の本体に差し込みする側のUSBポートの形状が、
通常のUSBケーブルと異なる製品は、同じものをメーカーのサービスから取り寄せるか、
同じ形状の差し込み口のUSBコードを購入して交換してください。

市販のUSBケーブルは、コネクタの形状などで互換性が合わない場合があるためご注意ください。

ほかに軽度の不具合の例としまして、冷却用のファンの網の部分にホコリが大量に溜まっていると、
機器の読み込みに問題が起きたり、稼働に支障をきたす場合があるため、定期的に汚れを除去してください。

電源ボタンの起動とUSB接続がまだできるかどうかを確認

次に、Synology(シノロジー)やQNAP(キューナップ)といった、
RAIDの外部ケースの電源コードの差込口やボタンが破損して壊れてしまった時は、
ひとまず電源の起動とUSB接続がまだ何とかできるかどうかをご確認ください。

すでに起動ができずに、ストレージが開けなくなったため修理に出したい、という際には、
もしHDDのディスクアレイに、まだ保存された大事なフォルダーやファイルが残ったままの時は、
先にプロのデータレスキューのサービスで復旧の措置をしてもらわれることも推奨します。




RAIDの基板が物理障害で壊れている場合は?

次に、RAIDケースのパーツのうち、最も重要な「基板」(コントローラーボード)が、
物理障害で破損して正常に動かない場合に、復元をすることはできる?という疑問について。

まず、たとえばBUFFALO製のDriveStation(ドライブステーション)のように、
ランプの点灯がその状況によって、いつもと違う点灯の仕方をしているかどうかを確認してください。

基板に複数あるハードディスクの差し込み口のうちの一つが故障してしまうと、
残りのHDDも正常に読み込めなくなって、データが開けなくなります。

ほか、ソフトウェアRAIDのHDDのデータを復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

※Windowsのパソコンや自作のLinuxサーバなどのマシンに搭載した、
 RAIDコントローラ(controller)が故障した時は、新品のパーツに付け替えて、
 HDDやSSDを差し込み直して、比較的容易に読み込み直すことができます。

崩壊したハードウェアのRAIDアレイを再構築する時は?

一方で、例えばRAID本体の基板自体が壊れてしまうと、パソコン上のソフトウェアRAIDと異なり、
ハードウェアの装置のため、同時にディスクアレイも実質的に崩壊してしまい、
基板やハードディスクを交換しても、読み込みができないままになる可能性が高くなります。

ボリュームが読み込めない時は、別の場所にデータのバックアップを取ってありましたら、
そのままディスクアレイの再構築の設定をすることで、HDDやSSDの再度の使用ができます。

ドライブステーションが破損した時のエラーランプの状態

こちらは、ハードディスクドライブを複数台搭載して、多重化してデータの保存をする、
RAID(レイド)の外付け装置である、BUFFALOのDriveStationのケースに内蔵された、
コントローラーボードが破損した時に、エラーランプが点灯した状態の動画です。

RAIDのディスクアレイの方式の状態次第では、外付けHDDケースなどに、
一時的にハードディスクの一台を差し込みして、
パソコンで内部のデータの読み出しによる復旧を試みる方法もあります。

また、デスクトップパソコンの空いたドライブベイに一時的にハードディスクを増設して、
破損したRAIDの本体からでは開けなかったデータを読み込み直す仕方でも可能です。

またHDDごと破損した際には、専門のサポートに問い合わせて検査をしてもらうことが最も安全です。




内部の回路が損傷していた時に修復するには?

次に、I-O DATA(アイ・オー・データ機器)といったメーカー製のRAID製品の内部の回路が損傷したり、
NASに搭載されたRAIDなどで使われているハードディスクが開けない場合に、
ハードウェアの修理やデータの読み込みの修復をすることはできる?という疑問について。

まず、NAS(ネットワークアタッチストレージ)のTeraStationやLinkStationなど、
RAIDのファイルシステムが「XFS」といった、通常WindowsなどのOSで開けない仕様のものだったり、
ディスクアレイの構成上、パソコンにそのままUSB接続をしてもハードディスクのデータは、
フォーマットが違うため、特殊なソフトウェアでなければ、読み込めないことが多いです。

また、筐体にあるエラー表示などのランプそのものが点灯せず、回転音もしない場合は、
電源回路やスイッチの方に故障が起きている可能性があります。

これらの破損が出ている場合は、RAIDケース本体をメーカー先の修理に出す必要があります。

データ復旧サービスに注文してリカバリーをしてもらう

また、注意点としましてハードディスク自体は、特に外部のケースは再度の読み込みをする際に、
やはり一度フォーマットかディスクアレイの再構築を掛けて、
初期化しなければ、データの読み書きができなくなる場合があります。

またメーカーで修理をしてもらう際にも、規定によりHDDのデータはすべて初期化により消去されます。

その際には、一般個人のユーザーでは内部に保存されたファイルを読み込みするのが難しくなるため、
先にRAIDに対応された専門業者のデータ復旧サービスセンターに注文して、
必要なデータのリカバリーの作業を行ってもらわれることをおすすめします。