RAIDの本体が破損してデータが開けない時に復旧するには?

二基以上のハードディスクドライブにデータを多重化して保存をするシステムの「RAID」(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disks)を普段使用している際に、ある時、パソコンの外部にあるRAIDケースの本体が物理的に破損してしまい読み込みができなくなったら、内部のファイルを復旧できる?という疑問について。

まず基本としまして、RAIDケースの製品を購入された時に付属の取扱説明書を取り出します。

RAIDケースのランプが通常と異なるオレンジ色などに点灯・点滅している場合は、光り方を見て、どのようなエラーまたは故障の不具合が発生しているかを確認します。

電源コード、またはACアダプターが破損していると思われる場合は、別の電子機器のACアダプターは使わず、必ず同じ製品の専用のアダプターをメーカー先から取り寄せて、交換をしてください。




USBケーブルが破損した場合は、RAID本体に差し込みする側のUSBポートの形状が通常のUSBケーブルと異なる製品は、同じものをメーカーのサービスから取り寄せるか、同じ形状の差し込み口のUSBコードを購入して交換します。

冷却用のファンの網の部分にホコリが大量に溜まっていると、機器の読み込みに問題が起きたり、稼働に支障をきたす場合があるため、定期的に汚れを除去します。

基板が壊れている場合

RAIDケースのパーツのうち、最も重要な「基板」(コントローラーボード)が破損して正常に動かない場合、ランプの点灯がその症状に合った状態になります。

基板に複数あるハードディスクの差し込み口のうちの一つが故障してしまうと、残りのHDDも正常に読み込めなくなってデータが開けなくなります。

基板自体が壊れてしまうと、ハードディスクを交換しても読み込みができないままで、そのままでは内部に保存されているファイルを開くことができなくなります。

ドライブステーションが故障した時のエラーランプの状態

RAIDのディスクアレイの方式の状態次第では、外付けHDDケースなどに一時的にハードディスクの一台を差し込みして、パソコンで内部のデータの読み出しによる復旧を試みる方法もあります。

また、デスクトップパソコンの空いたドライブベイに一時的に増設する仕方でも可能です。

内部の回路の損傷

メーカー製のRAID製品のシステムや、NASに搭載されたRAIDなどで使われているハードディスクはファイルシステムが「XFS」など通常WindowsなどのOSで開けない仕様のものだったり、ディスクアレイの構成上、パソコンにそのままUSB接続をしてもハードディスクのデータは読み込めないことが多いです。

ランプそのものが点灯せず、回転音もしない場合は、電源回路やスイッチの方に故障が起きている可能性があります。

これらの破損が出ている場合は、RAIDケース本体をメーカー先の修理に出す必要があります。

しかし、ハードディスク自体は読み込みをするには一度フォーマットかディスクアレイの再構築を掛けて初期化しなければならなくなる場合があります。

その際には、個人では内部に保存されたファイルを読み込みするのが難しくなるため、RAIDに対応されたプロのデータ復旧サービスセンターに注文して、必要なデータのサルベージの作業を行ってもらわれることをおすすめします。