MOディスクの書き込みエラートラブルを修復するには?

パソコン用のデータ保存メディアの一つ、光と熱の磁気効果を用いた光ディスク
『MO』(エムオー)[Magnet Optical:マグネット オプティカル]にファイルの書き込み
実行しようとしたら、エラーが出て保存ができない、というトラブルの原因と修復方法について。

MO

空き容量の確認

まず、そのMOディスクを今回初めて使用する場合、新品で空き容量も十分にあり
ライトプロテクトがかかっている状態でないかどうかをご確認ください。

それまで普通に使えていたのに急に読み込みや書き出しが出来なくなった場合、
やはりまずはディスクが使用領域で埋まっていないかどうかをプロパティで
確認して、プロテクトされていて上書きできない状態かを確認しましょう。

ファイルがいっぱいです』『ディレクトリ、またはファイルを作成できません
といったエラーメッセージが出た時は、データの一部を削除するか移動して
空き容量を増やしてみましょう。

MOの最大容量の128MB、230MB、540GB、640MB、1.3GB、2.3GB:~以上の重さの
ファイルやフォルダ群をコピーしようとすると入りきらないためご注意ください。




ドライブ装置の故障

他に考えられる大きな原因として、MOドライブが故障している場合があります。
ドライブ機器の寿命は意外と短い物が多く、3~4年で壊れてしまう事もあり、
デバイスマネージャにもメディアが認識されない状態になります。

代わりのMOディスクも全て読み込みや書き込みが出来ず、明らかに故障している時は、
メーカー先に問い合わせて修理をしてもらうか、新しくMOドライブ装置を買い換える必要があります。

また、MOのディスクを数年使っていて数千回と記録を繰り返していると、
記憶メディアとしての寿命が来て、エラーが出始めてやがて使えなくなります。

まだそれほど購入してから時間が経ってなければ、一部のトラブル障害は
フォーマット(初期化)して直せる可能性もあります。

ディスク破損の兆候が出てきたら、まだ何とか読み込めるうちに
必要なファイルをパソコンのフォルダや他の記憶媒体に移し変えて、
その後新しいMOを購入して使う事で一連の書き込みトラブルを解決できます。

しかし、もし大事なデータのバックアップが間に合わず完全に認識しない場合は、
それ以上無理にディスクを回すとどんどん破損がひどくなるため
すぐにドライブから抜き出して、専門のデータ復旧サービスセンターで
MOに残った重要なファイルを修復してもらわれることをお薦めします。



『「MOのサルベージ」のカテゴリーの前後のページ』

«

»