メモリースティックが読み込みできない時に復旧するには?

パソコンやデジタルカメラ製品のデータ記録用カードとして普及している「メモリースティック」(memory stick/MS)は、
以前は4MB~32MB程の容量だったのが、現在では32GBの「HG」や2TBもの大容量を備えた、
「メモリースティックPRO XC-HG」などが登場して、使用されています。

しかし容量が非常に大きくなってきた近年のメモリースティックXCシリーズなど一部の製品では、
メモリーカードを認識して読み込みするコンピューターの方が新製品のスペックに対応できず、
書き込みデータを含めて読み込みできないこともあります。

規格が対応されているかどうかを確認

まず、新しくメモリースティックを買う時に、使用する予定のパソコンやデジタルカメラ、USBカードリーダ/ライター、
デジタルオーディオプレーヤー(Digital Audio Player)に規格が対応されているかどうかを確認してください。

例えばかなり古いメディア製品やOSに最新のメモリースティックXC-HGなどの転送速度が高性能で、
大容量の製品を差し込んた時に、正常に使用できないことがあります。

特にWindows2000以前や古いMacのOSなどの動作環境だと読み込みがしっかりできず、
デバイスに正常に認識されない可能性が高いです。

専門のデータリカバリーサービスの方で、メモリースティックの内部ファイルの読み込みを行ってもらうこともできます。




メモリースティックの主な製品の一覧

・メモリースティック初代(4MB~128MBx2)
・メモリースティックDuo(32MB~128MB)
・メモリースティックマイクロ(256MB~16GB)
・メモリースティックPRO Duo(256MB~32GB)
・メモリースティックPRO-HG(1GB~32GB)
・メモリースティックXC(2TB) 

といった商品が販売されています。

メモリースティックPRO Duoが読み込めなくなったら?という疑問については、こちらのページにて。

デバイスマネージャーに正常に認識されていない場合は?

メモリースティック自体が、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで、
グラフィカル・ユーザー・インタフェース(Graphical User Interface)のエクスプローラーで認識されず、
データが読み込めない時は、コントロールパネルからデバイスマネージャーを開いて確認します。

もし黄色のデバイス認識エラー発生のマークが出現していたら、すぐに該当するMSの名称のデバイスを削除して、
読み取り機器の差込口から取り外します。

そしてパソコンを再起動して、読み込みができれば復旧に成功です。

別のパソコンや読み取り装置に変えてみる

メモリースティック(MS)を、試しに別のパソコン本体に接続したり、WindowsからmacOSやUbuntuの
オペレーティングシステムで読み込み直すと、アクセスの状態が復旧できる可能性もあります。

また別の小型の電子機器に差し込みしたらデバイスが読み込みできる、ということもあります。

Memory Stickに保存された、写真画像やセーブしたデータのファイルがまた開けた場合は、
それに伴って、発生していたエラーも自動的に修復されることがあります。

また、この機会に性能の高いメモリースティックが正常に読み込みできる、
最新のハードウェアやオペレーティングシステムに買い換えてみるか、
性能の低い以前のメモステに変えて読み込むのも、より確実に復旧を試みる対処方法です。

故障したメモリースティックのデータを復旧してもらう

それまで使えていたMSが急にデータが読み出せなくなり、フォルダーも開けず認識しない場合は、
メモリースティックの内部の回路が故障してしまったおそれもあります。

差込口のコネクタが少し汚れたり錆びついただけなら、汚れを丁寧に落とせばまだある程度の期間までは
読み込めるかもしれないのですが、カードの一部が歪んで欠けたり、内部回路が故障していると難しくなります。

そんな時には、専門のデータ復旧サービスセンター(Data Recovery Service)にメモリースティックを提出して、
内部のデータを他の記憶媒体(Memory Medium)に移し替えてもらうことをお薦めします。