メモリーカードのファイルが消えて認識しない時の原因は?

メモリーカード(memory card)とは、半導体メモリ、すなわち電気を通しやすい導体と電気を通さない絶縁体の中間物質(semiconductor)を用いた記録装置を使ってデータを記録する、小型の保存用電子機器です。

USBメモリ、内蔵フラッシュメモリ、SDカード、コンパクトフラッシュ、メモリースティック、マルチメディアカード、xDピクチャーカード、スマートメディア、SSDといった記録カードは数十MB~数百GBの容量を保管できるので、一時的なファイルの持ち運びに便利です。

そのかわりデータの保持期間があるため、長期保存にはやや向いてない一面もあります。

USBメモリやSDカードにファイルを一度保存してから5年~10年~と長い時間が経ってその間全くコンピューター上で読み込みや新しい書き込み、上書き保存をしていなくても、データがいつの間にか消えて認識しない状態になってしまう事があります。

メモリーカードは数千回~一万回くらいの書き込みの繰り返しが可能とされていてそれほどすぐに製品としての寿命が来るわけではないので、購入してから数ヶ月~2,3年以内くらいの間なら大抵は問題なく使用できます。

しかし何もせずに長期間、引き出しや棚、収納庫に閉まってある状態でも「トンネル効果」という現象のために、機器の内部にある「セル」から電子がほんの少しずつすり抜けてしまい、次第にファイルを保持できなくなっていきます。

また、物理的に壊れたメモリーカードは、一般個人ではファイルが開けなくなる場合が多く、デバイスの認識をするには、プロのデータリカバリーサービスに注文をして、内部のファイルを取り出ししてもらうことを推奨します。




久々にメモリーカードを読み込んで開いたら、書き込んだはずのファイルが無くなったり破損している、というトラブルの原因もありえます。

なので、USBメモリやSDカードなどのデータ記憶メディアはあくまでファイルの持ち運び用として使用して、バックアップ用には外付けHDDやDVD-RW/RAM、MOなどの『ディスクメディア』を使い、更に保存する機器を2箇所以上にして管理する事をお薦めします。

また、一万回以上ファイルの書き込みを繰り返して書き換えの上限回数を超えていたり、電子機器にとってあまりよくない環境の場所に長時間置いていて壊れていた場合は同様に急にファイルが読み取れなくなったり、もしくはメモリーカード自体がデバイスに認識しない原因のケースもありえます。

一度、スタート⇒コントロールパネル⇒システム⇒デバイスマネージャー、と開いて各種機器の一覧の正常でないマークの項目が映っているか確認して、メモリーカードに該当しそうな項目であればそれを削除してから、再度接続して下さい。

SDカードやUSBメモリーといった個別の製品での、それぞれのトラブルの事例と対処法につきましては、当サイトの他の各ページにて、各電子機器から消えたデータファイルの復元を行う方法の解説を中心に、訪問者様へのさまざまなお役立ちコーナーを掲載しています。

ファイルがセルから消えてしばらく経っていたり別のもので上書きしてしまうと元に戻せる確率はその分低くなってしまいます。

しかしメモリーカードの寿命や物理的な損傷のためにデバイスに認識しない場合などで、内部の回路や拡張子ファイル自体に故障や欠損がなければ、専門のデータ復旧サービスにて、内部ファイルの抽出と移し変えができる見込みもあります。