メモリースティックがPCで認識しない時に復旧するには?

SONYから発売されている、データ記録用メモリーカード媒体のメモリースティック(memory stick)に
書き込みした様々なファイルを、PC上で読み込むために接続をしたら、なぜか認識しない場合の原因と、
データへのアクセスの復旧をする方法について。

カードリーダー・ライターで読み込めない時は?

まず、メモリースティックを電子機器(エレクトロニクス・デバイス)の本体から取り出して、
パソコンに接続する際に、お使いのカードリーダー/ライターと専用の変換アダプターが、
しっかりと正しい位置に差し込まれているか、確認してください。

うっかり逆の向きや別の差込口にメモリースティックを差し込んでしまうと、ファイルやフォルダーが
読み込みできないだけでなく、両方の機器の破損の原因となるおそれもあるので、注意してください。

念のために小さなごみや埃が挟まっていないかも見てみましょう。

普段は正常に接続してデバイスに認識されていても、
たまたま読み込みできずエラーが出ただけ、ということもあります。

別のUSBポートにコネクタを差し込み直す

一度カードリーダーとアダプター、メモリースティックをすべて取り外して、
今度は別のUSBポートにコネクタ(connector)を差し込みして繋げ直してみましょう。

古い製品と新しい製品同士だと、特定の種類のUSBポートや周辺機器(peripheral equipment)などに
対応できないこともありますので、差し間違えなどがないようにご注意ください。

またカードリーダ/ライターを通して読み込む場合、互換性や相性の問題で、
デバイスに認識できない状態で、保存されているファイルが読み込めないトラブルが発生することもよくあります。

その時は別の対応されたカードリーダー・ライターや、他のUSBケーブルをPCに繋げて読み込んでください。

また、もしパソコンなどのコンピューターをお持ちでない場合は、専門のデータリカバリーサービスにて、
ファイルを開いて別のメモリーカードなどにコピーしてバックアップをしてもらうこともできます。

ハードウェア機器からUSBケーブルで繋ぐ場合は?

メモリースティック(Memory Stick)を差し込みしているデジタルカメラからUSBケーブルを接続して開いて、
データをハードディスクに移す場合、もしデジカメの電源をオフにしていたら、オンに切り替えてください。

また、デジタルカメラ本体に差し込みしているメモリースティックが、
デジタルカメラ自体の方でも読み込めて写真画像が開けるかどうかを、再確認してみましょう。

メモリーカードのファイルが消えて認識しない時の原因については、こちらのページにて。

別のハードウェアのコンピューター機器で保存したデータを予備分の作成をしたために、
パソコンのハードディスクにバックアップしたりコンテンツの取り込みをする際には、
まず、メモリースティック(MS)を差し込んだ機器の本体の電源を入れて、USBケーブルをPCに接続します。

次にメニュー画面にある「USBモード」を選択して押すと、Windowsのパソコンのエクスプローラーにある
「PC」(マイコンピューター)上に、新しいリムーバブルディスクという具合にメッセージが出て
ルートディレクトリの階層領域が表示されて、「SAVEDATA」などのフォルダーを開くことができます。

デバイスマネージャでメモリースティックを確認

これらの手順を一通り試してもコンピューターにアイコンが表示されず認識しない時は、
Windowsの場合、まずスタート画面からコントロールパネルを開いて、「デバイスマネージャー」の画面を表示します。

項目の中の「ポータブルデバイス」の欄に、
「G:¥」といったリムーバブルディスクの表示が出ているか確認します。

もし表示されていても「!」「?」といったエラーマークが付いていた時は、
マウスの右ボタンで「削除」を押して一度デバイスの認識を解除します。

USBコードをパソコンから取り外して、もう一度差し込み直してメモリースティックを再度読み込みさせて、
認識の状態を回復させて、写真画像やセーブしたデータへのアクセスを復旧します。

別のパソコンで認識できるかをチェック

それでもまだ認識しない時は、メモリースティックが故障していないかどうか、
試しに別のパソコン本体のUSBポートに繋げてみたり、WindowsからmacOSやUbuntuといった
別のオペレーティングシステムで認識させてみる方法もあります。

また、それまで差し込みして使っていたデジタルカメラなどのコンピューターの機器にもう一度入れ直して、
内部データの読み込みができるかどうかを確認してください。

また、ハードディスクやSSD、オペレーティングシステムの側に問題がないかどうかの確認として、
別のパソコン本体をお持ちでしたら試しにそちらに繋げて読み込んでみてください。

データ復旧サービスでファイルを取り出ししてもらう

メモリースティックの本体が書き込み回数の限界により寿命や回路の老朽化、
差し込みの時のミスによる破損や強い衝撃によるヒビ割れが出たり、
水濡れ、水没で浸水したり錆びついてしまうと、故障するおそれがあります。

もしメモリースティック自体が物理的に壊れているか不明な状態でPC上で認識できない時は、
専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせをして、メモリースティックを持ち込みか郵送で提出をして、
保存したデータの抽出や修復してもらう作業を依頼されてみることもおすすめします。