マルチモニターの画面が映らない時に回復する方法は?

デスクトップパソコンで、「DVI」や「D-sub」「HDMI」のモニタ接続用端子の差込口が、
2つ以上付いているマシン本体に液晶ディスプレイを2台以上接続したり、
ディスプレイ+液晶ペンタブレットの2つを接続する使い方を、「マルチモニター」と呼びます。

しかし、差込口の位置や手順をうっかり間違えてしまうと、どちらか片方あるいはその両方で、
オペレーティングシステムのデスクトップの画面が正常に表示されない場合があります。

そんな時に、マルチモニター(multi monitor)の画面が映らない状態から回復をする方法には、
どのようなものがある?という疑問について。

メインか2台目の片方のモニターが映らない時に繋げ直してみる

まず、よくあるミスとして、パソコン本体からディスプレイケーブル(display cable)を差し替えた時に、
マルチモニターのうち、今まで使っていたメインの方かまたは2台目の、
どちらか片方がなぜか急に映らない状態になった場合に、繋げ直す手順について。

ひとまず、差し込んでいる端子の位置を変えてみると表示が回復する場合があります。

例えば、メインで使っている方のディスプレイと繋げているコネクタの端子を、
サブで使っている2台目のモニターや液晶ペンタブレットのコネクタを差し込んでいた方の差込口に、
間違えて逆に接続してしまうと、片方の画面が正常に映らなくなることがあります。

ディスプレイ本体のインプット(INPUT)ボタンを押さなければ、黒い画面のままで、
ちゃんとOSの画面が映らなかったり、マウスカーソルのみが映って他は何も出てこない、
といった状態になりやすくなります。

その時は差込口をすぐに入れ替えるか、もう片方のモニターのコネクタ(コード)を取り外すと、
メインか2台目の方もまた正常に画面が映り、回復する見込みがあります。

モニター自体に大きな傷が付いたり割れている場合は、それ以上は通電を行わず、
カスタマーサポートやコンピューターの修理サービス店に出して、直してもらわれることを推奨します。




デュアルディスプレイのコネクタの端子が違った場合の回復方法

次に、お使いのPCの裏側に付いている差込口の種類が「DVI」と「D-sub」、「HDMI」、
またそれらの「pin」(ピン)の配列などが違っていると、
デュアルディスプレイ(dual display)のコネクタの端子の形状が合わずに差し込みができず、画面が映りません。

ピンの配列が少し違うだけなら、差し込み自体は出来てしまう場合もあるのですが、
その場合だと、デュアルモニター(dual monitor)の画面が結局表示されない上に、
コネクタの両方の差込口に傷が付いたり、折れ曲がって破損してしまう危険もあります。

新しく購入した、メインまたは2台目どちらかのモニターのディスプレイケーブルの端子を、
事前に形をよく確認して注意して、デュアルディスプレイの設置を行ってください。

マルチディスプレイの端子を変換アダプターに差し込む

次に、マルチモニターとパソコン本体の端子の形が違うために、接続ができず画面が開けない場合の対処法について。

まず、別売で市販の「ディスプレイ変換アダプター」 や「ディスプレイ変換ケーブル」を使って、
別々の形の端子をそれぞれに対応した方の差込口に接続すれば、画面を開ける可能性があります。

HDMI分配器をお使いの場合は、試しにパソコンやモニターの本体の方に差込口を入れ替えてみてください。

(たまに互換性などの問題でディスプレイ変換アダプターや変換ケーブル、切替機といった、
 周辺機器の相性が合わずに、マルチディスプレイがちゃんと映らないケースもあります。)

Windowsで二つのモニターに2画面で映す方法が失敗する時は?

次に、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで、
二つないし三つ以上のモニターに2画面や3画面で映す方法がうまくいかない場合の解決の仕方について。 

まず、2画面や3画面のどれかが正常に映らない時は、コントロールパネルを開いて、
「大きいアイコン」の表示で、システム→ディスプレイと展開してください。

「マルチ ディスプレイ」の項目で、映らない方のモニターが検出がされていなかった時は、
パソコンを一度再起動して、その際にディスプレイケーブルも差し込み直してみてください。

30インチほどの大型のモニターの場合は、グラフィックボードが必要なものもあります。

ほかにも例として、IT HOOK 様での、
デュアルモニターが検出されない/拡張できない時の対処/設定 – Windows10の解説も参考までに。

もし、ビデオカード(グラフィックボード)が破損していると、
モニターによっては正常に映らなくなる場合があるため、
パソコン本体からパーツの交換による修理をする必要があります。

拡張ディスプレイの画面が表示されなくなった時には設定を毎回見直す

次に、液晶モニターはソフトウェアのインストールなどの必要もなく大抵はすぐに映るものの、
一時的に使用するパソコン本体を入れ替えたり、新品を購入して新しく繋げる時に、
なぜか拡張画面が映らない、または表示されなくなった、という場合の対処法について。

まず、設定の順番に注意して、時にはもう一度説明書を読み直して手順をチェックしてみましょう。

特に液晶ペンタブレットなどの専用の機材で、ソフトウェアのセットアップが必要な場合は、
パソコンを変えるたびにその都度、取扱説明書を取り出して、
正しい順序で正確にインストールと、拡張ディスプレイの接続のための設定の作業を毎回行ってください。

また、液晶ディスプレイが映らない時に別のモニターから修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

ちなみに、MacBook Air/ProといったmacOSのパソコンに拡張ディスプレイを繋げる時は、
AppleのPCに対応された専用のディスプレイケーブルが必要になります。

デュアルモニターの二つの差込口かケーブルが破損していたら?

他に、前回にデュアルモニターのプラグを引き抜いた時に負荷がかかって、パソコン本体の差込口か、
ディスプレイのケーブルの片方、または両方が破損して壊れてしまうこともあります。

モニターのコードは単品で買い替えをすればいいのですが、パソコン本体の差込口は、
3箇所以上の予備がない場合はマルチモニタ方式が使えなくなってしまいます。

なので、ケース自体を変えるなどして故障の修理をしてもらうことが必要になる場合もあります。

また、複数のモニターを使うための[ディスプレイ切替器]を使って代用する方法もあります。

しかし、壊れた箇所の破損の状態がひどい場合には、後々そこから何かの深刻な不具合が生じてしまい、
余計に回復が難しくなる可能性もないとは言い切れません。

なので、なるべく一度パソコン本体を修理サービスに出して、差込口を交換してもらわれることをおすすめします。

また、ノートパソコンが故障してモニターが映らなくなったため、外部のディスプレイに繋げてみたけれど、
そちらも画面が表示されず、ハードディスクやSSDの内部のデータファイルが開けない、という場合は、
専門の事業であるデータ復旧サービスセンターに出して、サルベージをしてもらわれることもおすすめします。