モニターが一瞬だけ付いてすぐに映らなくなる状態を直すには?

パソコンなどの電子機器に接続するモニター(ディスプレイ)や液晶ペンタブレットを日々使っている際に、
ある時突然画面が映らなくなり、その状態が最初から映らないのではなく、一瞬だけ画面が映ってすぐに消えて、
あとは映らないままの状態になったら、どうすれば直すことができる?という疑問について。

ディスプレイケーブルの接続不良を直す

まず、接続した瞬間だけ画面が映ってすぐに閉じてしまう問題の発生の原因でよくあるケースとして、
パソコンなどのコンピューターとモニターを繋げる映像出力インターフェースである
「ディスプレイケーブル」、またはほかのUSBケーブルがしっかりとコネクタ(ポート)に
差し込まれていないために、接続不良が起きている状態があります。

たとえば、モニター側のディスプレイケーブルはポートが下向きから接続する位置にあり、
しっかりとピンを止めて差し込みしなければ、時間の経過や配置の移動で外れやすくなります。

完全にコネクタが外れていたら最初から映らない状態になるのですが、
中途半端に外れかかっている状態では、一時的に画面が映ったり映らなくなることもあります。

別のディスプレイポートに差し込む

各ケーブルを差し込み直してしっかりと接続して、それでもまだ正常に映らない時は、
パソコンとモニター両方にそれぞれ、予備のポート(差込口)がありましたら、
今度はそちらに接続を試して、これで一瞬だけでなくずっと正常に表示できるかどうかを確認してみてください。

HDMIケーブルでも使用できる機器でしたら、試しにそちらを繋げてみる方法もあります。

また、液晶ペンタブレットなどでUSBケーブルを別につなげる機器の場合は、
念のためコネクタの種類に合った差込口を選んで接続します。

コネクタに挟まった異物を除去する

ピンの隙間やポートの間などに小さなゴミや埃が溜まっていたら、
針やピンセット、綿棒またはクリーニングキットなどで丁寧に除去します。

液晶ペンタブレットのように、一部のモニター装置は、ディスプレイケーブルとコネクタが
機材の外部ではなく内部で差し込みする構造になっている製品もあります。

その場合は、機器の裏面などに取り外しできる蓋がありましたらそちらを外して、
内部のディスプレイポート(DisplayPort)が正常に接続されているかどうかを確認します。

破損したケーブルを交換して接続

機器をつなげたケーブルがディスプレイやパソコン本体の下に挟まって押しつぶされていたり、
急な角度で折れ曲がっていると、中途半端な状態で断線して、
一瞬だけ、あるいは一時的に画面が付いたり消えたりする問題が出るおそれもあります。

機器を設置の際には、各種コードが破損しないように丁寧に取り付ける必要があります。

ほか、ピンが折れ曲がっているなど、ケーブル自体が破損していると思われる場合は、
予備がなければ同じ種類のケーブルを新しく購入して交換して、接続し直す必要があります。

別のモニターを繋げて映す

モニターをもう一台お持ちであれば、そちらからパソコンを開いて、
もう片方のモニターの状態をチェックする手法もあります。

まず、もう一台のモニターをパソコンにつなげて電源を起動して、
次にもう一つのディスプレイポートの差込口、またはディスプレイの分配器に差し込みます。

Windowsの場合はデスクトップ画面の何もないところで右クリックをして
「ディスプレイ設定」を選択して、「複数のディスプレイ」の項目で「検出」を押してみます。

正常にモニターが検出できましたら、試しに複数のモニターでの表示を試みて、
これで両方とも画面が正常に映るかどうかを確認します。

デバイスをアンインストールして再起動

また、コントロールパネルのデバイスマネージャーの画面で、「モニター」の項目で正常に
デバイスが認識されているかどうかを確認して、もしエラー表示が出ていましたら、
デバイスのアンインストールをしてからパソコンを再起動して、再度モニターを接続し直してみます。

コンピューターウイルスなどの影響も考慮して、アンチウイルスソフトでのスキャンも
念のために行ってみたり、何らかのシステムを更新した後に急に様子がおかしくなった時は、
システムの復元でパソコンの状態を元に戻してみる方法もあります。

ですが、モニタの内部のパネルなどのパーツが破損していると、分解をして、部品交換を行う必要が出てきます。

特に最近の多くのモニターや液晶ペンタブレットは、一般個人での部品の換装が
難しいものが多いため、なるべくはやはりメーカーのカスタマーサポートか、
パソコン修理サービス店に問い合わせて、直してもらわれることをおすすめします。