NASの内蔵HDDのデータ復旧を行うには?

「NAS」(ナス)とは、[Network Attached Storage](ネットワークストレージ )の略称で、
インターネットに直接接続してデータを記録する、LAN端子を備えたハードディスクのような記憶媒体です。

主なNASのメーカー製品の一覧

・『BUFFALO』(バッファロー):RAID1対応 NAS Link Station LS-WX2.0TL/R1J 2TB
・『NETGEAR Inc.』(ネットギア): ReadyNAS 102 2ベイ Diskless RN10200-100AJS
・『I-O DATA』(アイオーデータ):LAN DISK LAN接続型HDD 4.0TB
・『CENTURY』(センチュリー):シンプルNAS BOX PLUS 2BAY CSS35NAS2B
・『Shuttle』(シャッフル):Shuttle NAS KD20 OMNINAS KD20
・『QNAPシステムズ』:QNAP TurboNAS TS-220
・『MARSHAL』(マーシャル):ネットワークHDDケース MAL-4725NAS
・『aiuto』(アユート):ネットワークHDD(NAS)ケース ブラック MV-NAS25U3-BK
・『Synology』(シノロジー):DiskStation DS213j NASサーバー CS4374 DS213j
・『Terra Master』(テラマスター):ホームNASメディアセンター NAS server U1-NAS
・『玄人志向』:玄箱(KURO-BOX) NAS組み立てキット 3.5インチ1台内蔵可能

NASが故障した時のための安全対策とは?

外付け媒体として優秀なNASも、他の外付けのデータ保存媒体やパソコン内のハードディスクと同様、
誤った削除操作やコンピューターウイルスなどの論理障害などで、
保存されたファイルやフォルダーが消えてしまうトラブルも出てしまいます。

事前のバックアップやデータ保全対策システムを使えば、いざという時に消えてしまった今までの
データの回収と書き写しが可能なので、必ず定期的にBACKUPを行うようにされてみてください。




ネットワークアタッチストレージのケースが破損したら?

アイ・オー・データの「LANDISK」(ランディスク)や
バッファローの「LinkStation」(リンクステーション)、「TeraStation」(テラステーション)、
「玄箱」といったネットワークストレージの製品にはハードディスクドライブが内蔵されています。

NASに搭載されているストレージは、外側のケースが破損して開けなくなっただけでしたら、
まだHDD自体は無事である可能性も高いため、カバーを開けて取り出して、読み込みを試みることもできます。

BUFFALO製のNASからのデータ救出をする方法については、こちらのページにて。

ネットワークドライブのHDDを取り外したら?

ネットワークドライブから取り外したハードディスクは、大体がRAIDのディスクアレイとして運用されていたり、
またパソコン本体ではない外部接続機器で、なおかつ仮想不領域のような媒体のため、
OS搭載の多くの回復オプションでは、削除したり破損したファイルなどを元に戻すことが出来ません。

また、ファイルフォーマットが異なるため、エクスプローラーなどの機能では、
ローカルディスクとしてはハードディスクの読み込みができない場合があります。

一般個人ではそのまますぐには内部のファイルやフォルダーにアクセスできないことが多いです。

NASから消去したファイルを復元するには?という疑問については、こちらのページにて。

ボリュームに保存されたデータを開くには?

Windows(ウィンドウズ)のコントロールパネルから、「ディスクの管理」を開いて、
ボリュームのファイルシステムが、特殊なソフトウェアを用いてディレクトリの内部にアクセスできて、
またRAIDとして使用していない場合でしたら、パソコンから内部のデータを開ける見込みもあります。

ですが、なるべくはプロのデータリカバリーサービスに提出をして、サルベージの作業をしてもらう方が、確実です。

また、もしもミラーリングなどでのデータの保護対策をしていなかった時には、ファイルが消失してしまった、
または故障してしまったNAS本体をデータ復旧センターへ預けて、回収してもらうことができます。