テラステーションのデータ復旧を行うには?

ある時、もし間違えてTeraStationに保存していた拡張子ファイルを間違えて必要な分まで
削除してしまったり、初期化のフォーマットをバックアップ前に掛けてしまったら、データが消えてしまいます。

また、NAS本体を強打でぶつけたり、電気ショートした、といった物理的ダメージや
重度のコンピューターウイルス感染によって万が一、
内部データが破壊してしまった場合はどうすればよい?という疑問について。

主なTeraStationの製品の一覧

:BUFFALO テラステーション ネットワーク対応HDD(NAS) 2TB TS-WX2.0TL/R1
:BUFFALO 管理者・RAID機能搭載 NAS TS-X2.0TL/R5
:BUFFALO TeraStation RAID6対応 Read.65MB/s 2.0TB TS-XH2.0TL/R6

喪失したファイルをサルベージするには?

テラステーションほどの安全性の高い外付け媒体でも、上記で述べたような
例外でデータが消失してしまう可能性もあります。

故障したテラステーション復旧を行うにはHDDなど破損した部品の交換修理を
行ってもらうと良いのですが、内部に保存しているデーターは
痕跡から復活させて直す方法を使うにも、少し難しくなってきます。

まず、テラステーションもリンクステーションと同じく、ディスク内部から
Windowsのエクスプローラーの画面などを通して保存してあるファイルを削除した時に、
自動的に「ゴミ箱」が作成される保管機能が備わっています。

「trashbox」(トラッシュボックス)というフォルダーが共有フォルダーの中に
表示されますので、そちらを開いてみると間違えて消したデータが残っています。

テラステーションから消えたデータを復元するには?

ゴミ箱の機能を無効にしていたり、バックアップシステムを使用していなくて
そのまま拡張子が消えてしまっていた場合は、
データレスキュー用のアプリケーションソフトウェアを使う方法があります。

普通に消去されてしまったファイルやフォルダを元通りに復活させるだけなら
専用のデータ復旧ソフトウェアやシステムの修復機能である程度まで直せます。

TeraStationの内蔵ハードディスクにフォーマットされているジャーナリングファイルシステムは
「XFS」という種類で、WindowsやMac OS Xのパソコンに直接増設したり
外付けHDDケースに移し替えても、BIOSでの認識自体はされます。

しかし、エクスプローラーやFinderで内部のファイルを直接開くことはできません。

そこで、「復旧天使」など、NASのファイルシステム(XFSなど)の認識ができる
データ復元ソフトウェアを購入してパソコンにインストールします。

テラステーションからハードディスクを取り出しして、パソコンに増設、またはUSBポートから
接続して、ディスクのドライブスキャンを掛けてみると消えたデータが検出できる見込みがあります。

TeraStationで起こるトラブルの解決

その他のテラステーションのさまざまなトラブルの解決方法については、サポートのページも参考になります。

https://www.buffalo.jp/support/faq/flow/terastation.html

TeraStation(テラステーション)とは、RAID1[レイド1]、またRAID5、
ジャーナリングファイルシステムなどデータの保護機能が多彩で優秀な外付けHDD媒体(LANDISK)です。

アイ・オー・データやエーピーシー・ジャパンでもLANDISK(ランディスク)が発売されているのですが、
TeraStationという名称の付いた製品はBUFFALO(バッファロー)から開発されていて全国のショップで出荷されています。

データ復旧サービスにて取り出しをしてもらう

テラステーションの保護機能をもってしても、論理障害でストレージからデータが
消えてしまう事態や、HDD自体が破損してしまうとやはり深刻な消失トラブルです。

また、NASの機器自体の電源が付かずに立ち上がらず、故障してしまった場合など、
データ救出が自分ではほぼ不可能なまでに破損してしまうケースもあります。

そんな時にはテラステーションを取り扱われているデータ復旧サービスセンターに
お問い合わせをされてみることが、やはり一番お薦めの対処方法です。

近年では高い復旧率でのサービスも大変多くなっております。